Newsニュースプレスリリース

2026年の間に目の肥えた成長を目撃する顔面骨輪郭市場

ニッチな人口に対応するため、顔面骨の輪郭形成に対する世界的な需要は2019年までかなり低迷すると予想されます。手術に関連するリスクと合併症、プレミアム価格設定、および市場の上位3つの制約要因である訓練を受けた専門家の不足です。

Persistence Market Research(PMR)が最近発表した市場調査で示されているように、世界的に実施された顔面骨の輪郭形成手順によって生み出される収益は、2019年に4億940万米ドルに達すると予測されており、年間成長率は1.9%に相当します。 )、顔の骨の輪郭の風景をカバーします。 PMRは、2018年から2026年までの8年間のタイムラインで、世界の顔面骨輪郭市場の包括的な分析を提供します。

レポートのサンプルコピーを入手する@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/25765

分類:

頬骨手術
メントプラスティとジェニオプラスティ
鼻形成術
上顎および下顎の手術
「外観向上手術のほとんどは、米国、ブラジル、日本、メキシコ、イタリアで行われ、タイ、ドイツ、コロンビアがそれに続くことが知られています。一方、アメリカ形成外科学会に所属する外科医は、特に30歳未満の人が行う、顔の輪郭を描く手技の数を大幅に増やすことを提案しています。歪んだ国際的な美容基準により、若い患者グループはますます特定の見方をするよう圧力をかけられています。しかし、成長する「有名人の文化」が最も重要な根本的な理由であり、顔面の骨の輪郭を描く手順の需要を促進しています」と同社の上級アナリストは説明しました。

地域的には、ラテンアメリカは顔面骨の輪郭を描くための最も収益性の高い市場であり続けると予想され、APACがそれに続きます。一方、鼻形成術を選択したMEAの女性は、この地域の顔面骨輪郭形成市場の拡大に大きく関与すると予想されます。

MEAの顔面骨輪郭形成市場は、予測期間中、2026年までに約5,000万米ドルの評価額で、すべての地域の中で最も高い3.3%のCAGRで成長すると予想されています。

PMRは重要な市場の抑制要因を特定します

顔面骨の輪郭形成手順に関連する非対称性、腫れ、あざ、血腫の形でのリスクと術後合併症。
発展途上国および発展途上国での審美的手術に対する有利な償還方針の欠如は、そのような手術のプレミアム価格が依然として重要な懸念事項であるため、顔面骨輪郭の採用を妨げる可能性があります。
報告書によると、認定された医療専門家の不足は、また、医療過誤を引き起こし、顔面骨の輪郭の風景に大きな影響を与えます。
レポートの方法論を知る@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/25765

顔面骨の輪郭を使用して対処される主要な手術

分類:

頬骨手術
メントプラスティとジェニオプラスティ
鼻形成術
上顎および下顎の手術
PMRの報告によると、2019年には、頬骨の骨の手術が顔面の骨の輪郭を描く風景を支配すると予想されており、そのような手順のほとんどはアジア諸国で行われています。

頬骨手術によって生み出される収益は、同期間に1億2,570万米ドルの評価に達すると予想されています。ただし、上顎および下顎の手術は、頬骨手術と比較して比較的高い採用率を示す準備ができているため、2026年までに2.8%のCAGRで成長します。

傾向は、予測期間を通じて、1.23の魅力指数を表す鼻形成術が続く可能性があります。上顎および下顎の手術セグメントは、アジアの人口の間でこの特定の形態の顔面骨輪郭形成手順の需要が高まっていることを考慮すると、APACの手術タイプの中で最も急速に成長しているセグメントです。

アジア太平洋地域では、V字型のあごと「西洋化された顔の特徴」の人気が高まっており、その結果、この地域での顔面骨の輪郭形成手順の需要が高まっています。

「しかし、美化の理由で行われる顔面骨の輪郭を描く手術とは別に、顔面骨を矯正し、その機能を修復するためにも行われます。顔面骨の輪郭を適用して遺伝的な顔面骨折や障害を矯正することも、重要な推進要因です。

完全なレポートにアクセス@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/25765

正常な呼吸のための鼻の構造の矯正と口蓋裂の欠陥の治療は、顔面骨の輪郭の適用範囲の下で考慮されるいくつかの一般的な異常です」とアナリストはさらに説明しました。

機会分析:持続性市場調査では、臨床的に証明された製品の生産の増加と、「万能」アプローチを拒否し、手順による顔面骨固有の強化を選択する患者数の増加を考慮して、今後数年間で顔面骨の輪郭の巨大な成長の可能性を予測しています成功した臨床記録を持つ。

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close