Newsニュースプレスリリース

全身性乾癬治療薬市場を強化するための新興経済国による採用

乾癬は、鱗屑、皮膚の発赤、炎症を引き起こす自己免疫性皮膚疾患です。乾癬は、一般的に肘、指の爪、頭皮、手のひら、膝、顔、足、および口の内側に見られる赤い鱗状の斑点を引き起こします。

乾癬を引き起こす可能性のある要因には、感染症、大量のアルコール摂取、寒さ、特定の薬物療法、喫煙、ストレス、および虫刺され、切り傷、日焼けによる皮膚の損傷などがあります。乾癬の兆候と症状は人によって異なり、出血する可能性のある乾燥したひびの入った皮膚、銀色の鱗屑で覆われた皮膚の赤い斑点、小さな鱗屑の斑点、かゆみ、灼熱感、腫れ、硬い関節などがあります。

このレポートのサンプルコピーをhttps://www.persistencemarketresearch.com/samples/3086で入手してください

乾癬は、尋常性乾癬、頭皮乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性関節炎、滴状乾癬、爪乾癬、紅皮症性乾癬、および逆乾癬などのさまざまなタイプに分類することができます。乾癬のさまざまな治療法は、経口薬、局所薬、生物学的注射です。

乾癬は、紫外線療法、レーザー治療、日焼けベッド、ソラレン+ UVA、および日光治療を含む光線療法治療によって治療することもできます。乾癬は体のどの部分でも発生する可能性があり、心臓病、糖尿病、うつ病などの他の健康状態に関連しています。

北米、続いてヨーロッパは、この地域での新しい治療法の出現と治療を求める人口の増加により、全身性乾癬治療薬の最大の市場を持っています。アジアは、地域の病気の意識の高まりにより、今後数年間で全身性乾癬治療薬市場で高い成長率を示すと予想されます。

このレポートの目次を@https://www.persistencemarketresearch.com/toc/3086で入手してください

技術の進歩、乾癬患者数の増加、新薬の開発、疾患意識の高まり、診断方法の改善は、世界の全身性乾癬治療薬市場の成長を推進する重要な要因の一部です。

さらに、生物学的製剤の継続的な摂取を伴う長期治療は、全身性乾癬治療薬の市場を牽引すると予想されます。ただし、乾癬薬と景気後退に関連する有害な副作用は、世界の全身性乾癬治療薬市場の成長を抑制する重要な要因のいくつかです。

インドや中国などの発展途上国で成長している人口統計と経済は、アジアの全身性乾癬治療薬市場で高い成長をもたらすと期待されています。さらに、乾癬治療のための新しい治療法の需要の高まりは、世界的な全身性乾癬治療薬市場に良い機会を生み出すことが期待されています。

ただし、全身性乾癬治療薬に関連する安全性の懸念は、全身性乾癬治療薬市場の課題を導くことが期待されます。全身性乾癬治療薬市場で観察されている主要な傾向のいくつかは、乾癬を治療するための併用療法の使用の増加、非侵襲性乾癬治療の出現、およびこの分野における技術の進歩です。

完全なレポートを取得@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3086

世界の全身性乾癬治療薬市場で事業を行っている主要企業には、AbbVie Inc.、Stiefel Laboratories、Inc.、Biogen Idec、Novartis AG、CELGENE CORPORATION、Takeda Pharmaceutical Company Limited、Pfizer Inc.、Amgen Inc.、Janssen Biotech、Inc。があります。 。およびEliLilly andCompany。

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close