Newsニュースプレスリリース

需要の混乱-植物由来医薬品市場をエスカレートさせるための供給均衡

植物薬は、薬用植物に由来する薬です。植物由来の薬は、植物材料、合成および半合成物質を含む他の承認された薬と同様に植物薬の組み合わせです。

植物薬は、植物性材料、藻類、肉眼で見える菌類で構成されています。それらは、中枢神経系障害、心血管疾患、感染症、呼吸器疾患などのさまざまな疾患の治療に使用されます。植物薬は、丸薬、錠剤、カプセル、注射など、さまざまな形で入手できます。

このレポートのサンプルコピーをhttps://www.persistencemarketresearch.com/samples/2828で入手してください

エシン、アドニシド、アトロピン、ベルベリンなどの植物薬は植物に由来します。これらの薬は、ホメオパシーやアーユルヴェーダ薬などの伝統医学や治療法の重要な要素として使用されています。植物薬の主要なクラスのいくつかは、テルペン、ステロイド、配糖体、フェノールです。

北米およびヨーロッパは、植物および植物由来の医薬品に対する意識の高まりと病気の蔓延の増加により、植物および植物由来の医薬品市場を支配しています。さらに、植物の製造手順における技術の進歩は、これらの地域での植物および植物由来の薬剤の成長もサポートしています。

中国とインドは、人口の増加、植物薬や植物由来の薬に対する意識の高まり、慢性疾患の蔓延により、高い成長率を示すと予想されています。

このレポートの目次を@https://www.persistencemarketresearch.com/toc/2828で入手してください

世界的に、合成薬の代替としての植物薬の使用の増加とさまざまな慢性疾患の有病率の増加は、植物薬および植物由来薬の成長の主要な推進力の一部です。

さらに、植物薬の低コストと植物薬の製造手順の技術的進歩も、植物薬および植物由来の薬市場の成長を支えています。ただし、植物薬の承認に関する厳格な法律および規制は、植物および植物由来の医薬品市場にとって重要な制約です。

さらに、製造会社による合併や買収の増加は、植物および植物由来の医薬品市場にとって重要な傾向です。

完全なレポートを取得@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/2828

植物および植物由来の医薬品市場で活動している主要なプレーヤーには、アボットラボラトリーズ、イーライリリー、メディジーン、ファイザー、ルパンリミテッド、ジョンソン&ジョンソン、ランバクシーラボラトリーズリミテッド、ノバルティスインターナショナルAG、グラクソスミスクライン、レオファーマがあります。

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close