Newsニュースプレスリリース

ハイパースペクトルイメージング市場を推進するための費用効果の高いバージョンの開発

ハイパースペクトルイメージングは​​、電磁スペクトル全体の情報を収集および処理するプロセスです。これは、分光法とデジタルイメージングの組み合わせであり、画像内にスペクトルベースのコントラストを作成するために実装されます。

ハイパースペクトル画像は、イメージング分光計と呼ばれる機器の助けを借りて形成されます。これらの画像は複数の波長で取得され、2つの空間次元と1つのスペクトル次元を持つ3次元ハイパースペクトルデータキューブに成形されます。

ハイパースペクトルイメージングは​​、電磁放射の吸収、放出、および反射も測定します。材料を識別および識別するための処理技術によって使用される、すべてのピクセルに固有のスペクトル署名を提供します。ハイパースペクトルイメージングの利点のいくつかは、サンプルの事前知識が不要であり、各ポイントでスペクトル全体を取得できることです。

このレポートのサンプルコピーをhttps://www.persistencemarketresearch.com/samples/4494で入手してください

さらに、それは病気の診断と画像誘導手術のための新しい画像診断法です。画像の処理と分析のための広範な情報を提供します。また、各画像セルの連続スペクトルを提供し、組織の組成、形態、および生理学に関する診断情報を提供します。

さらに、病気の進行中に、組織の吸収、散乱、および蛍光特性が変化し、ハイパースペクトルイメージングは​​組織の病理の診断に役立ちます。病気の診断と治療に役立ちます。また、生活の質の向上と医療費の削減にも役立ちます。

また、農業、鉱業、環境モニタリング、食品、鉱業および鉱物学、軍事監視、生命科学および医療診断、プロセスビジョンなどの業界でも使用されています。農業業界では、ハイパースペクトルイメージングを使用して作物の発達と健康状態を監視しています。

このレポートの目次を@https://www.persistencemarketresearch.com/toc/4494で入手してください

北米は、ハイパースペクトルイメージングを使用して実施される研究活動の増加と、この地域の軍事監視、鉱業、ライフサイエンス、診断などの分野での採用の増加により、ハイパースペクトルイメージングの世界市場を支配しています。

アジアは、世界のハイパースペクトルイメージング市場で今後5年間に高い成長率を示すと予想されており、中国とインドがこの地域で最も急成長している市場です。

アジア太平洋地域の発展途上国におけるハイパースペクトルイメージング市場の主な推進力は、患者の大規模なプールの存在、研究プロジェクトの数の増加、製薬業界の台頭、環境試験、鉱業探査および研究におけるハイパースペクトルイメージングの使用の増加です。活動、医療意識の向上、医療費の増加、および地域での研究活動に対する政府の資金調達の増加。

眼科、胃腸管、表面組織、血管系、粘膜分析におけるハイパースペクトルイメージングの採用の増加。ハイパースペクトルイメージングの技術的進歩、およびさまざまな研究活動を実行するためのハイパースペクトルイメージングの使用の増加は、世界のハイパースペクトルイメージング市場の成長を後押ししています。

完全なレポートを取得@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/4494

さらに、軍事監視、鉱業、生命科学、および診断におけるハイパースペクトルイメージングの採用が拡大しています。ヘルスケアの意識の高まり、診断の需要の増加、ヘルスケアの支出の増加、政府のイニシアチブの高まり、およびデータの正確性と一貫性の要求は、世界のハイパースペクトルイメージング市場の成長を推進する重要な要因の一部です。

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close