News

クチナシ食品着色料市場の重要な洞察、傾向、2031年までの予測

ガーデニア食品着色料市場予測、傾向分析、および競争追跡-2020年から2030年までのグローバルレビュー

クチナシ食品着色料市場:概要

クリーンラベル製品、合成着色料に関連する健康リスク、および天然食用色素によって得られる健康上の利点に対する消費者の理解により、ガーデニア食用色素などの天然食用色素の需要は合成食用色素よりも増加しています。消費者の間のいくつかの合成着色料は、消費者がクチナシの食用色素などの天然の食用色素の要件を要求しているため、アレルギー性疾患の根本原因です。

競合他社の「先を行く」ために、サンプルをリクエストしてください@ https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=S&rep_id=5008

鉛やヒ素などの重金属を含む化学物質を加工食品の着色料に利用することは、生命を脅かす病気の一因となる可能性があります。クチナシ食用色素などの天然食用色素は、その天然由来が「使い勝手」と消費者にアピールすることから注目を集めています。その結果、食品生産者はホワイトラベルに投資しており、クリーンラベルのガーデニア食品着色料を追加することで、新製品が発売されたり、現在の製品範囲が更新されたりしています。

クチナシ食品着色料市場:ダイナミクス

世界の食品産業は消費者中心になりつつあり、クチナシの食用色素などの天然食用色素の利用に急速に適応しています。顧客の好みや食生活は急速に変化していますが、食品生産者は、どの市場グループをターゲットにし、どの新しいパターンを優先するかを決定するのに苦労しています。

合成および化学ベースの製品に対する消費者の嫌悪感は最近明らかであり、したがって、ガーデニア食品着色料などの天然食品着色料に対する需要が高まっている。この上昇は、主に天然色のソースに基づく市場のプレーヤーにとって魅力的ですが、合成色の生産者は、新しい需要に向きを変えて満たすのに苦労しています。 Gardenia jasminoidesは、灰色がかった樹皮と光沢のある常緑樹の低木です。春と夏には白い花が咲き、香りが強くなります。これらは、黄色の染料として食品着色料に使用される小さな楕円形の果物を伴います。

しかし、消費者は、クチナシの食用色素のコスト、プロセス、用途、品質に関して多くの課題に直面しています。天然成分の抽出方法は困難で時間がかかり、高純度の製品の収率が低く、一定量の天然成分が消費されます。この側面は、クチナシの食用色素の市場の成長を妨げると予想されます。

マーケットプレーヤーの全リストについては、こちらから目次をリクエストしてください@ https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=T&rep_id=5008

ガーデニア食品着色料市場:セグメンテーション

クチナシの食用色素市場は、形態、溶解性、用途に基づいて分割できます。

フォームに基づいて、クチナシ食品着色料市場は次のように分割できます。

液体
ゲル
パウダー
溶解性に基づいて、クチナシ食品着色料市場は次のように分割できます。

染料

最終用途に基づいて、クチナシ食品着色料市場は次のように分割できます。

食物
加工食品
乳製品
ベーカリー&製菓
その他(スープ、調味料、ドレッシング、ソース)
飲料
ジュース&ジュース濃縮物
炭酸飲料
機能性飲料
クチナシ食品着色料市場:地域の概要

地域別では、クチナシの食用色素のヨーロッパの市場規模は2019年で最も高いと推定され、2020年から2030年にかけて7%以上の力強い成長が見込まれています。これは、巨大な市場プレーヤーと食品着色料の消費と生産における地域の増加。さらに、食品着色料の利点、それらの手頃な価格、およびアプリケーションの領域の増加についてのヨーロッパの人口の間の意識の急増は、市場の成長を促進します。さらに、ベーカリー&菓子、乳製品、動物製品、シーフード、化粧品などのさまざまな最終用途での採用の増加は、食品着色料市場に多くの機会を生み出すでしょう。

この市場に関する重要な洞察については、ここで方法論をリクエストしてください@ https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=RM&rep_id=5008

ガーデニア食品着色料市場:キープレーヤー

世界のガーデニア食品着色料市場は、理研ビタミン、ニュートリファーマ、グリコニュートリション、プラントナット、センシティブフードカラー、アーシャイン食品添加物などのプレーヤーで細分化されています。業界のプレーヤーは、熱安定性やpH安定性などの機能を強化するために、新製品の研究開発にさらに集中しています。各ソースの純粋なタイプは同じソースからのものであるため、これらの企業は製品の品​​質と価格に基づいて競争することがよくあります。

Fact.MRについて

違いのある市場調査・コンサルティングエージェンシー!そのため、フォーチュン1,000企業の80%が、最も重要な決定を下すために私たちを信頼しています。米国とダブリンにオフィスがありますが、グローバル本社はドバイにあります。経験豊富なコンサルタントが最新のテクノロジーを使用して見つけにくい洞察を抽出していますが、USPはクライアントが私たちの専門知識に対して持っている信頼であると信じています。自動車から幅広い範囲にまたがる&インダストリー4.0からヘルスケア&リテールまで、私たちのカバレッジは広範ですが、最もニッチなカテゴリーでさえ分析されることを保証します。 あなたの目標を私たちに連絡してください。そうすれば、私たちは有能な研究パートナーになります。

連絡先:

米国営業所:
11140ロックビルパイク
スイート400
メリーランド州ロックビル20852
アメリカ
Tel:+1(628)251-1583
Eメール:sales@factmr.com

本社:

ユニット番号:AU-01-Hゴールドタワー(AU)、
プロット番号:JLT-PH1-I3A、
ジュメイラレイクタワーズ、
アラブ首長国連邦、ドバイ

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close