Newsニュース

ナチュラルキラー細胞治療薬市場-:包括的な研究が将来の巨大な成長を探る|世界のキープレーヤー2028

ナチュラルキラー(NK)細胞は、がん細胞を標的とする自然免疫系の構成要素であり、治療薬として使用できます。 NK細胞は、癌でMHC-Iを失う細胞を標的とします。これは、末梢血から環境が分離されている免疫特権部位の特定の細胞に類似した表現型です。

ナチュラルキラー細胞治療薬市場のより洞察に満ちた情報|サンプルコピーをリクエストする@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/13225

世界のナチュラルキラー細胞治療薬市場は2018年に14億200万ドルと評価され、2026年までに5,096百万ドルに達すると予測されており、2019年から2026年までのCAGRは17.4%です。

世界のナチュラルキラー細胞治療薬市場の成長は、癌、感染症、および肝疾患を治療するためのNK細胞の使用の増加によって推進されています。さらに、NK細胞は腫瘍の免疫監視において重要な役割を果たしており、世界中での採用が大幅に促進されています。さらに、さまざまな免疫療法に関する国民の意識の高まりと、腫瘍細胞を排除するためにNK細胞を関与させるための二重特異性抗体の開発に関する研究開発の増加が、世界的なナチュラルキラー細胞治療薬市場の成長を推進しています。ただし、特異性の欠如と細胞の貧弱な生体内生存は市場の成長を制限します。

さらに、治療法と有害な副作用に関連するより高いコストは、今後数年間で市場の成長を妨げると予想されます。逆に、発展途上国における免疫療法の開発に向けた研究開発活動の大幅な急増は、市場に有利な機会を提供すると予想されます。

世界のナチュラルキラー細胞治療薬市場は、治療法、アプリケーション、エンドユーザー、および地域に基づいて分割されます。ナチュラルキラー細胞治療薬市場は、治療法に応じて、NK細胞療法とNK細胞指向性抗体に分類されます。アプリケーションによって、それは癌、胃腸疾患、免疫増殖性疾患などに分類されます。エンドユーザーに基づいて、病院、研究センター、研究所などに分離されています。地域ごとに、北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、LAMEAで分析されています。

利害関係者にとっての主な利点
•このレポートでは、2019年から2026年までの現在の市場動向とともに詳細な定量分析を行い、戦略的評価とともに一般的な機会を特定します。
•世界のナチュラルキラー細胞治療薬の市場規模と推定は、主要な開発の包括的な分析に基づいています。
•革新的な製品に基づく定性分析により、戦略的な事業計画が容易になります。
•主要な市場プレーヤーによって採用された開発戦略は、市場の競争シナリオを理解するために参加しています

ナチュラルキラー細胞治療薬市場を購入またはカスタマイズするためのチェックアウトのお問い合わせ@ https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/13225/Single

主要な市場セグメント
•Therapeuticsによる
oNK細胞療法
oNK細胞指向性抗体

•アプリケーション別
oがん
o胃腸疾患
o免疫増殖性疾患
oその他

•エンドユーザー別
o研究センターおよび研究所
o病院
oその他

•地域別

o北米
§ 我ら。
§カナダ
§メキシコ

oヨーロッパ
§ドイツ
§フランス
§ イギリス
§イタリア
§スペイン
§その他のヨーロッパ

oアジア太平洋
§ 日本
§ 中国
§インド
§オーストラリア
§その他のアジア太平洋

o LAMEA
§ ブラジル
§ サウジアラビア
§ 南アフリカ
§LAMEAの残りの部分

アナリストに相談する/ナチュラルキラー細胞治療薬市場の割引を依頼し、このレポートに関連する詳細情報を入手してください@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/13225

このレポートで紹介されている主要なプレーヤーは次のとおりです。
•AffimedN.V。
•CelgeneCorporation
•運命療法
•要塞バイオテクノロジー
•GlycostemTherapeutics BV
•InnatePharma S.A.
•NantkwestInc。
•NkartaTherapeutics、Inc。
•NKTTherapeutics Inc.
•ZiopharmOncology Inc.

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close