技術

2026年の発泡金属市場構造とその細分化

レポートのハイライト

このレポートは、発泡金属の技術的進歩と市場機会の概要を示しています。材料の種類、用途、最終用途の業種、および地域に基づいて、発泡金属の新興市場を調査します。レポートは、グローバルまたは地域市場での発泡金属の継続的な活動の全体像を望んでいるエンティティ、および急成長している新興市場に参入する機会を探しているエンティティを対象としています。

いくつかの利点を備えたサンプルPDFページを今すぐ入手してください!! https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/12602

レポートに含まれるもの:

-発泡金属技術の世界市場の記述的研究と業界分析
-2018年のデータ、2019年の推定値、および2024年までの複合年間成長率(CAGR)の予測を使用した、世界市場の傾向の分析
-発泡金属技術および製品でなされた根本的な機会と進歩についての議論
-発泡金属機器メーカー、エンドユーザー、および材料サプライヤーの新たな機会への洞察

概要

発泡金属または金属発泡体としても知られる金属発泡体は、シール細孔(独立気泡発泡体)または相互接続細孔(連続気泡発泡体)を備えた固体金属からなる気泡構造です。言い換えれば、発泡金属は、金属支柱とプレートの相互接続されたネットワークで構成されています。連続気泡金属は、金属スポンジとも呼ばれます。発泡金属の金属は多くの場合アルミニウムですが、使用される他の金属には、チタン、銅、マグネシウム、ニッケル、鋼、およびアモルファス合金が含まれます。

直接購入注文を出す:https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/12602/Single

「発泡金属」という用語は、あらゆる種類の多孔質金属または非高密度金属材料を指すことができる。しかし、工業用途では、発泡金属は通常、比較的高い気孔率と大きな孔径を持つ多孔質金属を指します。このレポートの目的上、発泡金属は、気孔率が60%を超え、細孔径が0.3 mmを超える気泡金属として定義されます。これは、多くのメーカーで使用されている定義です。

発泡金属の気孔率は60%から98%の範囲です。三角プリズム形のセルが相互接続された発泡金属材料であるセルメットは、最大98%の気孔率に達する可能性があります。セルメットは日本の住友電気工業株式会社によって開発され、アルミニウム、ニッケル、ニッケルクロム合金のエディションで利用できます。

このレポートの割引を受ける:https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/12602

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close