プレスリリース

北米はベビー用紙おむつの最大の市場であり続ける| Fujian Shuangheng Group Co.、Ltd.、Svenska Cellulosa Aktiebolaget SCA、Johnson&Johnson Private Ltd.、

最近編集されたFact.MRレポートは、2017年から2026年までの予測期間にわたって、世界の乳児用おむつ市場が安定した5.3%のボリュームCAGRを記録すると予測しています。 。価値と量の両方の観点から、北米はベビー用紙おむつの最大の市場であり続けると予想されており、需要は堅調な労働人口や高い識字率などの多数の要因によって推進されています。

プレフォールドおむつは、ピンの使用をSnappiesに置き換えたため、ユーザーの利便性が向上しました。生分解性おむつは、自然で環境にやさしく、赤ちゃんの肌にやさしい素材を使用して製造されているため、この地域での浸透が進んでいます。環境問題と関連する政府規制は、北米での環境に優しい製品の使用をさらにサポートし、それによって生分解性ベビー用紙おむつの需要と販売に大きな影響を与えています。

レポートのAPAC地域サンプルを入手する:https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=S&rep_id=676

需要に影響を与え、売上を伸ばすスマートベビーおむつの開発

ベビー用紙おむつ市場では、ウェアラブルセンサーテクノロジーを搭載したベビー用紙おむつなど、過去2年間に多数の新製品が発売されていると認識しています。このような技術により、世話人は赤ちゃんのおむつを事前に交換する必要性を特定できるため、皮膚の問題を防ぎ、診療所での時間と費用を節約できます。スマートおむつの開発は、赤ちゃんのおむつ交換のタイミングに関連する問題に取り組んでいるもう1つの主要なトレンドです。

カシミア大学のB-Techの学生であるJahangirAhmedは、暫定的に「ベイビーピーセンサー」と呼ばれるスマートおむつを開発しました。センサー。このおむつは、外層を剥がして再利用することで洗濯が便利で、費用対効果が期待できます。適切なマーケティングと広告を備えたこのような製品は、特に先進国と発展途上国において、将来の市場浸透の可能性が高くなります。

プレーヤー間の競争を激化させるための先進国市場における過剰能力

ベビー用紙おむつの事業は、投資と投資回収のサイクルが長く、資本集約的です。先進国市場におけるベビー用紙おむつの販売数量は、出生率の低下により減少する見込みです。この出生率の低下は、主要な社会的変化と一致する無数の市販の避妊オプションに大きく起因している可能性があります。女性の解放と職業分野への参加の増加は、教育と育児のコストの増大と相まって、先進国の出生率にさらに影響を及ぼしています。

方法論の詳細については、https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=RM&rep_id=676をご覧ください。

ベビー用紙おむつの販売量が少ないため、単価が上昇しているため、マージンが悪化し、メーカーによる限界費用の価格設定につながっています。これらの事例は、過剰容量に関連する課題に対処するまで、ベビー用紙おむつ市場のプレーヤー間の価格競争の高まりを示しています。

ベビー用紙おむつ市場に関するFact.MRのレポートからの重要なポイント

使い捨て下着は、価値の面で、市場で引き続き主要な製品タイプです。使い捨て下着の需要は、主にその便利さと使いやすさによって推進されています。

おむつのスタイルに基づいて、赤ちゃんのおむつのプルは、予測期間中の市場のバルク収益シェアを占めると推定されます。プルオンベビーおむつも、2026年までに最速の販売量を記録すると予想されています。

赤ちゃんのおむつの売上高は、体重が12ポンド未満の赤ちゃんで使用するために引き続き最高です。体重が12ポンド未満の乳児は、2026年末までに市場収益シェアの約3分の1を占めるようになります。

現代の貿易チャネルは、赤ちゃんのおむつの主要な流通チャネルであり続けると予想されており、2026年末までにほぼ5分の2の市場収益シェアを獲得すると推定されています。

Fujian Shuangheng Group Co.、Ltd.、Svenska Cellulosa Aktiebolaget SCA、Johnson&Johnson Private Ltd.、およびその他の著名な市場参加者のプロファイルが作成され、このレポートで詳細に分析されています。

https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=AE&rep_id=676で、アナリスト/業界の専門家との無料相談電話をスケジュールして、ビジネスのソリューションを見つけてください。

Fact.MRについて

違いのある市場調査・コンサルティングエージェンシー! そのため、フォーチュン1,000社の80%が、最も重要な決定を下すために私たちを信頼しています。 経験豊富なコンサルタントが最新のテクノロジーを使用して見つけにくい洞察を抽出していますが、USPはクライアントが私たちの専門知識に対して持っている信頼であると信じています。 自動車およびインダストリー4.0からヘルスケアおよび小売まで幅広い範囲にわたって、当社の対象範囲は広範ですが、最もニッチなカテゴリーでさえも分析されるようにしています。 米国とアイルランドのダブリンに営業所があります。 本社はアラブ首長国連邦のドバイにあります。 あなたの目標を私たちに連絡してください。そうすれば、私たちは有能な研究パートナーになります。

連絡先:
米国営業所:
11140ロックビルパイク
スイート400
メリーランド州ロックビル20852
アメリカ
Tel:+1(628)251-1583

本社:
ユニット番号:AU-01-Hゴールドタワー(AU)、
プロット番号:JLT-PH1-I3A、
ジュメイラレイクタワーズ、
アラブ首長国連邦、ドバイ

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close