技術

防護服生地市場が2026年を通じて挑戦されないままでいることにつながる| Evonik Industries、PBI Performance Products、Inc.Solvay S.A.、Koninklijke Ten Cate NV(TenCate)

世界の防護服生地市場は2026年までに40億米ドルを超え、2019年から2026年の間に驚異的なCAGRで成長します。現場での運用中の人員の安全に関する厳格な規制の枠組みが、成長軌道を支えています。製造業者は、業界や顧客の要求を満たすために製品の革新に取り組んでいます。

「インダストリー4.0が世界中で勢いを増しているため、産業オペレーターは職場環境を混乱させる方法を模索しています。先進国は防護服生地の早期採用者ですが、開発途上地域での採用は政府の規制が緩いため、まだペースを上げていません。ただし、これらの地域での職場のセキュリティに対する意識の高まりは、市場のプレーヤーに成長の機会を提供する可能性があります」とFact.MRは最近のレポートで述べています。

防護服生地市場に関する170ページのレポートのPDFサンプルをリクエストする-https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=S&rep_id=665

防護服生地市場:主な調査結果

石油・ガス業界は、職業上の死亡者数の増加に牽引されて、引き続き主要なバリューシェアを獲得しています。

アラミドとブレンドは、予測期間にわたってシェア全体の優位性を維持します。

0.056〜0.065インチの防護服生地の需要は依然としてトップです。

12オンスまでの防護服生地。市場の成長を形作り続けます。

ヨーロッパは防護服生地市場で先導しており、全体的な市場価値で卓越したシェアを保持しています。

防護服生地市場-主要な推進要因

市場の進歩を支持するための産業オートメーションの普及の拡大。

さまざまな産業部門にわたる労働安全に関する政府の規制は、需要の伸びを後押しするでしょう。

eコマースチャネルをターゲットにして顧客ベースを拡大し、収益の開発を促進します。

効率的な防護服生地を開発するための製造プロセスにおける技術対応の開発により、市場価値を高めます。

防護服生地市場-主な制約

難燃性ファブリックの高コストは、防護服ファブリックのメーカーにとって依然として大きな課題です。

防護服生地市場の成長を妨げるために、最近のリグ数の漸減。

70の表、調査の171の図を調べてください。レポートの目次をリクエストする-https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=RM&rep_id=665

競争力のある風景

世界の防護服生地市場は非常に細分化されており、上位3社が総売上高のほぼ3分の1を占めています。非常に競争の激しいシナリオでは、市場のプレーヤーは革新的な技術を活用して製品を開発し、最先端を獲得することに焦点を当てています。防護服生地市場の主要企業には、エボニックインダストリーズ、群栄化学工業株式会社、ハンツマンインターナショナルLLC、カネカコーポレーション、コニンクリケテンケイトnv、ミリケンアンドカンパニー、PBIパフォーマンスプロダクツインク、ソルベイSA、帝人アラミドB.V.、

レポートについて

この170ページの調査は、防護服生地市場に関する包括的な市場予測を提供します。レポートは、材​​料の種類(アラミドとブレンド、ポリオレフィンとブレンド、ポリベンズイミダゾール(PBI)、綿繊維、積層ポリエステルなど)、エンドユーザー(石油とガス産業、鉱業、包装)に基づいて、防護服生地市場に関する実用的な洞察を提供します。 、自動車、船舶、医薬品、電子機器、電気、建設など)、厚さ(0.056インチまで、0.056〜0.065インチ、0.065〜0.080インチ、0.080〜0.102インチ、および0.102インチを超える)、重量(12まで) 1平方ヤードあたりのオンス、1平方ヤードあたり12〜17オンス、1平方ヤードあたり17〜22オンス、1平方ヤードあたり22〜33オンス、および1平方ヤードあたり33オンスを超える)および7つの地域(北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、日本、日本を除くアジア太平洋、および中東とアフリカ)。

メディアリリース:https://www.factmr.com/media-release/1300/industrial-protective-clothing-fabrics-demand

Fact.MRについて

違いのある市場調査・コンサルティングエージェンシー! そのため、フォーチュン1,000社の80%が、最も重要な決定を下すために私たちを信頼しています。 経験豊富なコンサルタントが最新のテクノロジーを使用して見つけにくい洞察を抽出していますが、USPはクライアントが私たちの専門知識に対して持っている信頼であると信じています。 自動車およびインダストリー4.0からヘルスケアおよび小売まで幅広い範囲にわたって、当社の対象範囲は広範ですが、最もニッチなカテゴリーでさえも分析されるようにしています。 米国とアイルランドのダブリンに営業所があります。 本社はアラブ首長国連邦のドバイにあります。 あなたの目標を私たちに連絡してください。そうすれば、私たちは有能な研究パートナーになります。

連絡先:
米国営業所:
11140ロックビルパイク
スイート400
メリーランド州ロックビル20852
アメリカ
Tel:+1(628)251-1583

本社:
ユニット番号:AU-01-Hゴールドタワー(AU)、
プロット番号:JLT-PH1-I3A、
ジュメイラレイクタワーズ、
アラブ首長国連邦、ドバイ

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close