Newsニュース技術理科

がんのプロファイリングと経路市場– 2027年までの主要なアプリケーションセクターにおける機会

がんプロファイリング技術の世界市場は、2018年の452億ドルから2023年までに906億ドルに成長し、2018年から2023年の期間の複合年間成長率(CAGR)は14.9%になるはずです。

レポートの範囲:

がんバイオマーカーは医薬品開発プロセスにおいて非常に重要になり、市場は新興セグメントです。市場のダイナミクス、市場規模、競争環境を理解するには、がんバイオマーカー市場とがんプロファイリング技術および新しい開発の詳細な分析が必要です。マイクロアレイ技術は、薬物結合、分子相互作用、酵素活性、経路同定など、さまざまなアッセイのために数万の分子の分析を提供します。 DNAマイクロアレイ、タンパク質マイクロアレイ、組織マイクロアレイ、低複雑度マイクロアレイ、炭水化物マイクロアレイを含むこれらのマイクロアレイは、遺伝子発現プロファイリング、バイオマーカープロファイリング、および診断のための優れたツールです。

製薬およびバイオテクノロジーの研究者は、マイクロアレイを使用して、創薬ターゲットの識別、選択、検証、および予測テストを合理化します。臨床研究および診断装置市場の急速な成長は、基礎研究、臨床試験、診断装置を含むマイクロアレイ技術の応用に大きな可能性を秘めています。このレポートでは、さまざまなマイクロアレイプラットフォームと、創薬、疾患診断、および疾患モニタリングの目的でDNAとタンパク質を検出するために利用されるテクノロジーについて説明します。このレポートでは、マイクロアレイ機器またはマイクロアレイバイオチップを積極的に開発および販売している企業についても調査します。

このプレスリリースは、影響力のあるトレンドによるボリューム、成長を理解するのに役立ちます。 サンプルPDF(完全な目次、表、図を含む)を入手するには、ここをクリックしてください@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/11638

レポートは、バイオマーカーとプロファイリング市場を分類し、市場データ、市場ドライバー、傾向と機会、トップセラー製品、キープレーヤーと競争力のある見通しを提供します。このレポートはまた、市場の表を提供し、会社のプロファイルも提供します。

このレポートは、がんのプロファイリングと経路の市場を分析します:技術市場、ツール市場、およびアプリケーション市場(診断、医薬品開発および発見)。このレポートでは、最近の研究、マイクロRNAの検出とプロファイリング、いくつかのヒトの癌における臨床指向のマイクロRNAプロファイリングについても検証しています。レポートは、開発中のエピジェネティック、メチル化、miRNA製品、臨床試験中の製品、現在販売されている臨床段階の開発製品をカバーしています。 miRNAとエピジェネティクスの関係も調べられます。このレポートは、エピジェネティクスの市場を分類し、研究、診断、治療業界の現在および将来の傾向を分析することにより、収益の市場価値を予測します。このレポートでは、SNP分析機器、試薬、ソフトウェア、およびサービスについても説明し、この新しいテクノロジーの背後にあるビジネスを理解するために重要な情報を提供します。

次の技術とセグメントは、このレポートから除外されます:詳細な機器、薬理ゲノミクス、コンビナトリアルケミストリー、バイオチップ、バイオインフォマティクス、およびハイスループットスクリーニング(HTS)。ラボオンチップ(LOAC)、ナノテクノロジー、RNA干渉(RNAi)などの創薬における新しいテクノロジーの使用についても、ここでは説明しません。

レポートに含まれるもの:

-91テーブル
-がんのプロファイリングと経路の世界市場の概要
-2017年と2018年のデータ、および2023年までの複合年間成長率(CAGR)の予測を使用した、世界市場の傾向の分析
-この市場の製品、新たに出現したツール、診断および治療法、およびそれらの市場への影響についての議論
-マイクロアレイ分析、マルチプレックスPCR、定量的リアルタイムPCRなど、遺伝子機能、生物学的発達、および疾患の進行に関与する分子メカニズムの解読に不可欠であり、の発見と発達における重要なツールである進化する方法の検討新薬の標的と診断用バイオマーカー
-重要な癌プロファイリング技術、市場に出回っている製品の種類別の市場シェア、企業別の市場シェア、および癌とバイオマーカーの種類の特定
-開発中のエピジェネティック、メチル化、およびmiRNA製品、臨床試験中および現在販売されている製品、および臨床段階の開発製品の範囲
-市場の主要プレーヤーの会社概要

市場を購入またはカスタマイズするためのチェックアウトのお問い合わせ@ https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/11638/Single

概要

世界の医療業界は、重要な開発、高度なポイントオブケア診断、費用効果の高い治療法の利用可能性、および全体的な医療費を削減するために癌状態を治療すると同時に効率的な早期診断を提供する個別化医療を行っています。と病気の負担。これは、ヘルスケア分野の癌治療と診断に革命を起こす可能性のある技術の1つです。

標的治療薬の効果的な管理と投与、および癌の状態のモニタリングには、患者の腫瘍変異の頻繁なプロファイリングが必要です。現在、癌のプロファイリングは、癌の診断、臨床試験、研究にとって非常に重要になっています。

hおよび医薬品開発の取り組み。開発され承認された新規で効果的な標的療法の発売により、腫瘍のプロファイリングは、治療、患者の選択、およびモニタリングに不可欠になります。

癌の多変量の性質を理解することは重要であり、薬物反応は遺伝的、後成的およびタンパク質レベルでの分子プロファイリングにも依存します。国立衛生研究所(NIH)によって定義されているバイオマーカーは、「通常の生物学的プロセス、病原性プロセス、または治療的介入に対する薬理学的反応の指標として客観的に測定および評価される特性」です。バイオマーカーは、信頼性が高く、測定可能で、具体的で、述語的でなければなりません。

癌は、成長、死、増殖、分化、移動などの多くの基本的な細胞プロセスを調節する複数の経路の調節不全を伴う非常に不均一な疾患です。腫瘍の微小環境や内分泌フィードバックループなどの小さな違いや微妙なフィードバックのニュアンスは、多くの場合、癌間や同じ癌を患っている患者間の大きな違いにつながります。代謝または細胞骨格プロセスを調整する、またはシグナル伝達によってこれらを調和させる分子ネットワークのこれらの活動は、環境の状況と協調して多くの遺伝子変異によって複雑な方法で変化します。課題は、これらの多変量を理解することです
それが多様な遺伝子突然変異からどのように生じるか、そしてそれがどのように扱われることができるかに関して、調節不全。ゲノムシーケンシングからトランスクリプトーム、プロテオミクス、メタボロミクスのプロファイリングに至るまでのハイスループット実験プラットフォーム技術は、現在、腫瘍細胞と周辺組織の分子レベルの特性評価に一般的に使用されています。

癌の主な原因は感染症と慢性炎症です。このレポートでは、がんプロファイリング技術とがんとの関係の概要を説明します。これらの関係についてのより良い洞察は、世界的な癌の負担を減らすための新しい診断、予防、および治療戦略を生み出すことができます。遺伝子発現プロファイリング法により、単一のRNAサンプルで発現した複数の遺伝子転写産物の検出と測定が可能になります。マイクロアレイ分析、マルチプレックスPCR、および定量的リアルタイムPCRの新しく改善された方法は、遺伝子機能、癌の発生、および疾患の進行に関与する分子メカニズムの解読に不可欠であり、重要です。
新薬の標的と診断バイオマーカーの発見と開発におけるツール。シーケンシングと腫瘍プロファイリングのための革新的なツールと技術が成長しており、ライフサイエンスサプライヤーにとって素晴らしい機会となる可能性があります。

印象的な割引であなたのレポートをつかみなさい! ここをクリックしてください @ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/11638

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close