News

ギガビットイーサネット市場の成長、トレンド、絶対的な機会、バリューチェーン2018年から2027年

ギガビットイーサネット市場は、1桁の成長率で指数関数的に成長すると予想されています

テクノロジーの急速な進歩により、モノのインターネットと接続デバイスの概念が発展しました。これらのデバイスを動作させるには、常時インターネット接続が必要です。また、インターネットに接続するデバイスの数も増えています。これには、ローカルエリアネットワーク(LAN)で使用できる堅牢なイーサネットテクノロジーが必要です。これは、ギガビットイーサネットの開発と採用につながりました。ギガビットイーサネットは、1Gbpsの速度でイーサネットフレームを送信するために広く使用されているイーサネットテクノロジです。ギガビットイーサネットは、大規模なネットワークをサポートするために大規模な組織全体で広く使用されています。ギガビットイーサネットは外部インフラストラクチャを必要とせず、既存のイーサネットノードにすばやく展開できます。ギガビットイーサネットによって提供される高品質のサービス(QoS)と、提供される拡張オーディオおよびビデオサービスは、ギガビットイーサネット市場の成長を後押ししています。

このプレスリリースは、アジア太平洋地域の市場統計を理解するのに役立ちます。
サンプルPDF(完全な目次、表、図を含む)を入手するには、ここをクリックしてください-  https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=S&rep_id=2836

ギガビットイーサネット市場のベンダーは、既存のインフラストラクチャとの互換性を実現できるハードウェアの開発に注力しています。ギガビットイーサネット市場のベンダーも、ギガビットイーサネットアプリケーションを使いやすくしようとしています。大規模な組織がギガビットイーサネットを採用してデータの高速転送を実現し、ビジネスコミュニケーションやその他の運用を高効率化することは、ギガビットイーサネット市場の重要なトレンドの1つです。

ギガビットイーサネット市場:推進要因と制約

ギガビットイーサネットは帯域幅の容量を拡張し、それによって高性能を提供します。ギガビットイーサネットは、ユーザーが仮想的に2倍の帯域幅を実現できる全二重容量も提供します。このような要因が、市場でのギガビットイーサネットの採用を推進しています。ギガビットイーサネットは、サーバーアダプタとスイッチの助けを借りて高速を提供します。ギガビットイーサネットは、大量のデータを迅速に転送することもでき、高速の転送を提供します。このような利点は、市場でのギガビットイーサネットの採用をさらに推進しています。

レポート方法についてさらに情報が必要ですか?ここをクリック- https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=RM&rep_id=2836

ギガビットイーサネットを光ファイバー接続で展開するには、ファイバーケーブルが必要です。銅ケーブルに比べてファイバーケーブルのコストは高いです。したがって、ギガビットイーサネットを小規模な組織にインストールするには非常にコストがかかります。ギガビットイーサネットは、ストリーミングビデオに広く適している既存の非同期転送モード(ATM)との競争も激しいです。このような要因が、市場でのギガビットイーサネットの採用を妨げています。ギガビットイーサネットはコネクションレス型通信を提供するため信頼性が低く、すべてのデータの配信が保証されるわけではありません。したがって、ギガビットイーサネットの接続の信頼性が低いため、クライアントサーバーアーキテクチャには適していません。このような要因がギガビットイーサネット市場の成長を妨げています。

ギガビットイーサネット市場:セグメンテーション

ギガビットイーサネット市場は、コンポーネントと変電所のタイプに基づいて分類できます。ギガビットイーサネット市場のコンポーネントに基づくと、CAT 6イーサネットケーブルはイーサネットの最大拡張速度を提供するため、ケーブルの需要は急速に拡大すると予想されます。イーサネットの種類に基づいて、光速より少し遅い速度で長距離の信号を伝送できるため、光ファイバーイーサネット接続の需要は指数関数的に増加すると予想されます。

ギガビットイーサネット市場は、コンポーネントに基づいてセグメント化できます。

スイッチ
ケーブル
NIC
その他
ギガビットイーサネット市場は、イーサネットのタイプで分割できます。

ツイストペアイーサネット接続
光ファイバイーサネット接続
重要な地域の広範なリストを受け取るには、ここで目次を要求してください- https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=T&rep_id=2836

ギガビットイーサネット市場:競争環境

ギガビットイーサネット市場で活動している主要企業の例としては、Cisco System Inc.、Timbercon、Inc.、Vertical Systems Group、AT&T Inc.、Xfinity、General Datatech、LP、Zyxel Communications Corp.、Orange Business Services、CenturyLinkがあります。 、Inc。、およびcox通信。

地域の概要

ギガビットイーサネット市場は、北米、中南米、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、中国、SEA、その他のAPAC、日本、中東およびアフリカに分割されています。 AT&T Inc.、Cisco System Inc.、CenturyLink、Inc。などのギガビットイーサネットベンダーの大多数がこの地域に拠点を置いているため、北米はギガビットイーサネットの大きな市場になると予想されています。接続デバイスとIoTの採用の増加により、ドイツや英国などのヨーロッパ諸国でギガビットイーサネットの採用が促進されていますAPEJ、ラテンアメリカ、アフリカの一部などの開発途上地域でのギガビットイーサネットの人気の高まりは、地域のモビリティデバイスをサポートするための高速インターネット接続の要件。上記の国々の可処分所得の増加は、近い将来、これらの地域でのギガビットイーサネットの普及の範囲を拡大する可能性があります。

調査レポートは、ギガビットイーサネット市場の包括的な評価を提示し、思慮深い洞察、事実、履歴データ、および統計的にサポートされ、業界で検証された市場データを含みます。また、適切な一連の仮定と方法論を使用した予測も含まれています。調査レポートは、地域、アプリケーション、業界などの市場セグメントに応じた分析と情報を提供します。

ギガビットイーサネット市場レポートは、以下に関する徹底的な分析をカバーしています。

マーケット・セグメント
マーケットダイナミクス
市場規模
需要と供給
現在の傾向/問題/課題
関係する競争と企業
技術
バリューチェーン
地域分析には以下が含まれます。

北米(米国、カナダ)
ラテンアメリカ(メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー)
西ヨーロッパ(ドイツ、イタリア、フランス、英国、スペイン、ベネルクス、北欧、東ヨーロッパ)
CISとロシア
アジア太平洋(中国、インド、ASEAN、韓国)
日本
中東およびアフリカ(GCC諸国、南アフリカ、トルコ、イラン、イスラエル)
Fact.MRについて

違いのある市場調査・コンサルティングエージェンシー!そのため、フォーチュン1,000社の80%が、最も重要な決定を下すために私たちを信頼しています。米国とダブリンにオフィスがありますが、グローバル本社はドバイにあります。経験豊富なコンサルタントが最新のテクノロジーを使用して見つけにくい洞察を抽出していますが、USPはクライアントが専門知識を信頼していると信じています。自動車およびインダストリー4.0からヘルスケアおよび小売まで幅広い範囲にわたって、当社の対象範囲は広範ですが、最もニッチなカテゴリーでさえも分析されるようにしています。あなたの目標を私たちに連絡してください。そうすれば、私たちは有能な研究パートナーになります。

連絡先:
米国営業所:
11140ロックビルパイク
スイート400
メリーランド州ロックビル20852
アメリカ
Tel:+1(628)251-1583

本社:
ユニット番号:AU-01-Hゴールドタワー(AU)、
プロット番号:JLT-PH1-I3A、
ジュメイラレイクタワーズ、
アラブ首長国連邦、ドバイ
E:sales@factmr.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close