Newsニュース技術理科

2018ナノテクノロジーおよび燃料電池研究レビュー市場–現在の範囲2027に関する洞察

プロトン交換膜燃料電池(PEMFC)膜電極アセンブリ(MEA)コンポーネントの世界市場は、2017年の年平均成長率(CAGR)27.9%で、2017年の7億6600万ドルから2022年までに26億ドルに成長するはずです- 2022年。
ナノコンポジットの世界市場は、2017年の20億ドルから、2022年までに73億ドルに達し、2017年から2022年のCAGRは29.5%になるはずです。
ナノファイバー製品の世界市場は、2018年の9億2700万ドルから2023年までに43億ドルに成長し、2018年から2023年の期間のCAGRは36.2%になるはずです。

このプレスリリースは、影響力のあるトレンドによるボリューム、成長を理解するのに役立ちます。 サンプルPDF(完全な目次、表、図を含む)を入手するには、ここをクリックしてください@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/11612

レポートの範囲

近年、ナノテクノロジーは、複合材料、ナノ粒子、製造技術、小型機械装置の製造など、さまざまなアプリケーションにおける高度で近代化されたイノベーションによって世界中で人気を博しています。本質的に、ナノテクノロジーはさまざまな産業アプリケーションに深く統合されており、食品および飲料、ヘルスケアおよびライフサイエンス、電子機器、エネルギー、航空宇宙、化学などの業界でプロセスデリバリーと費用効果の高いアプリケーションの進歩をもたらします。

市場を購入またはカスタマイズするためのチェックアウトのお問い合わせ@ https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/11612/Single

具体的には、燃料電池メーカーが白金ナノ粒子を適用してセル内の白金の量を減らしてコストを削減するため、ナノテクノロジーは燃料電池アプリケーションで顕著に使用されています。燃料電池電気自動車の生産が急増する中、燃料電池へのナノテクノロジーの応用はさらに増えると予想されます。米国エネルギー省、国立再生可能エネルギー研究所(米国)、憂慮する科学者同盟(米国)は、水素燃料電池をより効率的、低コスト、商業的に実行可能にするための研究を行っています。

さらに、電子産業の小型化は、新しい半導体製造プロセスの導入につながっています。ナノファイバーで構成される集積回路(IC)については、業界で大きな需要があります。ナノファイバーは、電力モジュールで発生する大量の熱に耐えることができ、優れた導電性を示します。

印象的な割引であなたのレポートをつかみなさい! ここをクリックしてください @ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/11612

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close