Newsプレスリリース

2029年までに近い将来に大きな影響を与える高度な構造絶縁市場

Trends Market Research

構造断熱材の世界市場は、2018年の30億ドルから、2023年までに45億ドルに達し、2018年から2023年の期間の複合年間成長率(CAGR)は8.3%になるはずです。

レポートの範囲:

この研究は、関連する市場と生産情報、技術の説明と問題、アプリケーション、および市場の要因と可能性とともに、主要な構造絶縁技術のカテゴリをレビューし、主要な世界市場における関連するインセンティブと規制の概要を示します。この調査は、住宅および商業用構造断熱材メーカーの現在および将来のメーカーとサプライヤー、および構造断熱材セクターへの参入または拡大に関心のある起業家と起業家企業にとって興味深いものです。

このレポートで提供される市場分析は、さまざまなデータソースに基づいています。これらには、構造断熱材の販売、生産、輸入、および輸出に関する最新の政府、業界、および企業のデータが含まれます。歴史的および予想される将来の市場成長を測定するために使用される製造率および詳細な商業ビルの傾向。特定のクラスの構造的断熱材の新規および開発中のニッチ、および関連する成長の可能性を特定することを目的とした、最近および進行中の研究開発努力によって生成されたデータ。キーストーン業界の発展、新製品、成功のための利用可能な企業発表。

サンプルプレミアムレポートを入手するには、ここをクリックしてください@  https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/11645

構造絶縁技術は、業界内でゲームを変える可能性を秘めています。この技術は、エネルギー効率の向上、建設資材の削減(したがってコストの削減)、そして多くの場合、設置の容易さをサポートすることができ、それ自体が従来の断熱システムの設置に関連する建設人件費の削減に役立ちます。近年の研究開発の増加と関連特許の付与のおかげで、新しい構造絶縁技術は今後5年以内に商業的に実行可能になると予想されています。このレポートでは、BCC Researchは、実行可能な各構造断熱材と用途を分析し、現在の市場状況を判断し、将来の市場への影響を調べ、今後5年間の成長予測を提示します。最新のトレンドを含む技術的な問題が評価され、議論されます。また、現在および可能性のある業界のトレンドとアップデートも同様です。新規および交換/改造構造断熱システムの両方の販売が検討されています。

BCC Researchは、構造絶縁業界を、その製造とその技術または製品の展開の観点から世界規模で分析しています。 BCC Researchはまた、主要な市場の推進要因と逆風、および世界の構造的断熱材市場を推進または抑制する上でのそれらの役割についても調査しています。

レポートに含まれるもの:

-68個のデータテーブルと47個の追加テーブル
-高度な構造絶縁の世界市場の概要
-2017年と2018年のデータ、および2023年までの複合年間成長率(CAGR)の予測を使用した、世界市場の傾向の分析
-技術、エンドユーザー、アプリケーション、および地域による市場のセグメンテーション
-市場のダイナミクスと業界構造、特にグローバルな高度な構造絶縁市場における市場の推進力と機会の調査
-商業用および住宅用建物を含む、高度な断熱材の現在および新たなエンドユーザーに関する情報
-関連する特許分析
-Knauf、Nova Chemicals、Owens Corning、Rockwool、Shelter Enterprises、Incなどの市場の主要プレーヤーの会社概要。

マーケットを購入またはカスタマイズするためのチェックアウトのお問い合わせ@  https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/11645/Single

概要

今日の市場では、住宅および商業建築業者は、高性能断熱材、エネルギー効率の高い機器、スマートシステムと制御の増加する幹部など、建物のエネルギー効率を改善するための無数のオプションに直面しています。グリーンビルディング認証または単により高いエネルギー効率の建設を求める場合、費用効果と複数の利点が、エネルギー効率の高いグリーンテクノロジーを選択する際の重要な要素になります。構造断熱材には、断熱能力を大幅に向上させると同時に、建物の強度を向上させ、設置コストの削減、非常に高速なフレーミング、軽量化、耐災害性、音の浸透。

その強力な利点にもかかわらず、構造断熱パネル(SIP)、断熱コンクリートフォーム(ICF)、断熱コンクリートブロック/コンクリート組積造ユニット、断熱コンクリートなどの構造断熱材は、世界の断熱材市場に成長、発展、市場浸透の機会をもたらします。構造断熱材による。テクノロジーは、コスト削減、時間節約、グリーンビルディングシステムにすぐに飢えている建築業界に直面していますが、変化にも慎重に抵抗しています。断熱コンクリートブロック/組積造ユニットなどの一部の技術には、強力な広告が掲載されています

それらは既存の建築技術のほぼドロップイン代替品であるという点で有利です。これにより、リスクが大幅に低下し、広範な労働者のトレーニングと専門知識の必要性が制限されます。対照的に、SIP、特にICFは、適切なアプリケーションを確保するために、熟練した経験豊富なインストーラーを必要とします。多くの地域がそのような熟練労働者の臨界量に近づいていますが、他の地域は遅れており、市場の発展を遅らせています。この研究は、これらおよびその他の主要な市場の逆風と推進要因を特徴付け、構造絶縁の開発と市場浸透をリードする技術とアプリケーションを特定し、2023年までの構造絶縁業界の市場評価に関する慎重にベンチマークされた信頼できるデータを提供することを目的としています。

商業ビル内の市場分割に関するデータは、歴史的に非常に困難であり、特定するのに費用がかかります。ただし、このレポートには、商業オフィスビル、小売、教育、ヘルスケア、ホテルとレストラン、機関ビルと組立ビル、倉庫と保管庫を含む、合計7つの商業ビルカテゴリによる詳細な市場内訳を提供するという重要でユニークな利点があります。さらに、市場はSIPを含む技術によっても分類されます。ポリスチレン(EPSまたはXPS)断熱材。 SIP:ポリウレタンまたはポリイソシアヌレート断熱材。 SIP:その他の断熱材; ICF:ポリスチレン(EPSまたはXPS)断熱材; ICF:その他の断熱材;断熱コンクリート
ブロック;と断熱コンクリート。このプロジェクトは、地域別および主要国/主要経済国別の詳細な分割に加えて、重要なビジネス上の意思決定を行おうとしている企業やその他の市場プレーヤーに深い洞察を提供します。

次の表と図は、集約されたアプリケーションカテゴリの市場価値を示しています。構造断熱パネル(SIP)および断熱コンクリートフォーム(ICF)市場セグメントには、次の個別の技術が含まれます:ポリスチレン(発泡ポリスチレン[EPS]または押出ポリスチレン[XPS])断熱材を使用したSIP、ポリウレタンまたはポリイソシアヌレート断熱材を使用したSIP、その他のSIP断熱材、ポリスチレン(EPSまたはXPS)断熱材を使用したICF、およびその他の断熱材を使用したICF。断熱コンクリートおよび断熱コンクリートブロックのカテゴリには、関連するすべての断熱材に基づく断熱コンクリート、および断熱コンクリートブロック(つまり、断熱コンクリート組積造ユニット[CMU])が含まれます。

信じられないほどの割引でこのレポートを入手するには@  https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/11645

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close