News

ハンドヘルドRFIDリーダー市場予測および傾向分析調査レポート2018年から2027年

ハンドヘルドRFIDリーダー市場は、1桁台の成長率で指数関数的に成長すると予想されています

組織は、全体的なビジネス効率を向上させることができるシステムの採用にますます焦点を合わせています。彼らは一貫して、モビリティを高め、スループットを向上させることができるシステムとソフトウェアに向かっています。 RFIDタグの重要な採用とモビリティの必要性の高まりにより、ハンドヘルドRFIDリーダーが大幅に採用されています。ハンドヘルドRFIDリーダーは、RFIDタグに問い合わせるために使用されるハンドヘルドデバイスです。リーダーのアンテナは電波を放射して、無線タグと通信します。ハンドヘルドRFIDリーダーは、注文に関連する在庫と操作を管理するために、倉庫全体で広く使用されています。

このプレスリリースは、アジア太平洋地域の市場統計を理解するのに役立ちます。
サンプルPDF(完全な目次、表、図を含む)を入手するには、ここをクリックしてください。- https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=S&rep_id=2845

ハンドヘルドRFIDリーダー市場のベンダーは、クラウドベースのネットワークの統合に焦点を当てて、エンドユーザーに集中管理と低コストの展開を提供しています。自動車および製造部門でのハンドヘルドRFIDリーダーのアプリケーションの増加は、ハンドヘルドRFIDリーダー市場の主要なトレンドの1つです。

ハンドヘルドRFIDリーダー市場:ドライバーと制約

ハンドヘルドRFIDリーダーはコンパクトで軽量なソリューションであり、在庫循環棚卸、受注、ピッキング、およびフルフィルメントに広く使用されています。ハンドヘルドRFIDリーダーは、製品の受け取り、棚への補充、その他の機能を提供することにより、倉庫の効率と生産性の向上にも役立ちます。このような要因により、市場でのハンドヘルドRFIDリーダーの採用が大幅に促進されています。ハンドヘルドRFIDリーダーは、干渉や接続損失を排除することにより、高いデータセキュリティを提供します。ハンドヘルドRFIDリーダーは、大量のRFIDタグを読み取ることによって高性能も提供します。このような要因はさらに、市場でのハンドヘルドRFIDリーダーの採用を推進しています。

ハンドヘルドRFIDリーダーは信頼できない場合があります。ハンドヘルドRFIDリーダーは、金属や水などの素材をスキャンできません。ハンドヘルドRFIDリーダーは、異なるタグの複数の信号を同時に拾うこともできます。これにより、タグの衝突が発生し、誤動作が発生する可能性があります。このような要因が、市場でのハンドヘルドRFIDリーダーの採用を妨げています。ハンドヘルドRFIDリーダーには、サイドチャネル攻撃などのさまざまなセキュリティとプライバシーの懸念があります。ハンドヘルドRFIDリーダーも操作が難しく、ユーザーはトレーニングサービスを利用する必要があります。このような要因は、ハンドヘルドRFIDリーダー市場の成長をさらに妨げています。

レポート方法についてさらに情報が必要ですか?ここをクリック- https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=RM&rep_id=2845

ハンドヘルドRFIDリーダー市場:セグメンテーション

ハンドヘルドRFIDリーダー市場は、周波数、通信タイプ、業界の業種に基づいて分類できます。超高周波ハンドヘルドRFIDリーダーの需要は、その高周波範囲によりユーザーが一度により多くのRFIDタグを読み取ることができるため、指数関数的に増加すると予想されます。 Wi-FiハンドヘルドRFIDリーダーは、通信の種類に応じて、ハンドヘルドデバイスの機動性を高めるため、需要の拡大が見込まれます。業界の業種に基づいて、ハンドヘルドRFIDリーダーの需要は、サプライチェーンと在庫管理を簡素化するため、小売部門で増加しています。

ハンドヘルドRFIDリーダー市場は、頻度に基づいて分割できます。

低周波ハンドヘルドRFIDリーダー
高周波ハンドヘルドRFIDリーダー
超高周波ハンドヘルドRFIDリーダー
ハンドヘルドRFIDリーダー市場は、通信タイプで分割できます。

Wi-Fi
イーサネット
その他
ハンドヘルドRFIDリーダー市場は、業界の業種に基づいて分割できます。

ロジスティクスと輸送
航空宇宙防衛
自動車
小売
農業
健康管理
政府
その他
重要な地域の広範なリストを受け取るには、ここで目次を要求してください- https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=T&rep_id=2845

ハンドヘルドRFIDリーダー市場:競争環境

ハンドヘルドRFIDリーダー市場で活動している主要企業の例としては、Invengo Information Technology Co. Ltd.、Alien Technology、GAO RFID Inc.、Zebra Technologies、CipherLab、Impinj、Inc.、Xerox Corporation、Datalogic SPA、Honeywell International Inc. 。、およびユニテックリミテッド。

地域の概要

ハンドヘルドRFIDリーダー市場は、北米、中南米、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、中国、SEA、その他のAPAC、日本、中東およびアフリカに分割されています。 Honeywell International Inc.、Zebra Technologies、Xerox CorporationなどのハンドヘルドRFIDリーダーベンダーの大多数がこの地域に拠点を置いているため、北米はハンドヘルドRFIDリーダーの大きな市場になると予想されます。セキュリティ上の懸念の高まりに対する小売部門の関心の高まりにより、ドイツや英国などのヨーロッパ諸国でのハンドヘルドRFIDリーダーの採用が促進されています。 APEJ、ラテンアメリカ、アフリカの一部などの発展途上地域でのハンドヘルドRFIDリーダーの人気の高まりは、地域の技術革新のためのパートナーシップへの注目が高まっていることを特徴としています。上記の国々の可処分所得の増加は、近い将来、これらの地域でのハンドヘルドRFIDリーダーの普及の範囲を拡大する可能性があります。

調査レポートは、ハンドヘルドRFIDリーダー市場の包括的な評価を提示し、思慮深い洞察、事実、履歴データ、および統計的にサポートされ、業界で検証された市場データを含みます。また、適切な一連の仮定と方法論を使用した予測も含まれています。調査レポートは、地域、アプリケーション、業界などの市場セグメントに応じた分析と情報を提供します。

ハンドヘルドRFIDリーダー市場レポートは、以下に関する徹底的な分析をカバーしています。

マーケット・セグメント
マーケットダイナミクス
市場規模
需要と供給
現在の傾向/問題/課題
関係する競争と企業
技術
バリューチェーン
地域分析には以下が含まれます。

北米(米国、カナダ)
ラテンアメリカ(メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー)
西ヨーロッパ(ドイツ、イタリア、フランス、英国、スペイン、ベネルクス、北欧、東ヨーロッパ)
CISとロシア
アジア太平洋(中国、インド、ASEAN、韓国)
日本
中東およびアフリカ(GCC諸国、南アフリカ、トルコ、イラン、イスラエル)
Fact.MRについて

違いのある市場調査・コンサルティングエージェンシー!そのため、フォーチュン1,000社の80%が、最も重要な決定を下すために私たちを信頼しています。米国とダブリンにオフィスがありますが、グローバル本社はドバイにあります。経験豊富なコンサルタントが最新のテクノロジーを使用して見つけにくい洞察を抽出していますが、USPはクライアントが専門知識を信頼していると信じています。自動車およびインダストリー4.0からヘルスケアおよび小売まで幅広い範囲にわたって、当社の対象範囲は広範ですが、最もニッチなカテゴリーでさえも分析されるようにしています。あなたの目標を私たちに連絡してください。そうすれば、私たちは有能な研究パートナーになります。

連絡先:
米国営業所:
11140ロックビルパイク
スイート400
メリーランド州ロックビル20852
アメリカ
Tel:+1(628)251-1583

本社:
ユニット番号:AU-01-Hゴールドタワー(AU)、
プロット番号:JLT-PH1-I3A、
ジュメイラレイクタワーズ、
アラブ首長国連邦、ドバイ
E:sales@factmr.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close