技術

2026年までに近い将来に巨額の収益を生み出すインドの婦人服市場

インドの婦人服市場は2017年にXX億米ドルと評価され、予測期間中にCAGR XX%で2026年にXX億米ドルに達すると予想されています。

インドの人口は約12億人で、女性の48.5%を占めています。都市部の人口で48.1%、農村部の人口で48.6%のシェアを持っています。女性のウェアセグメントは、働く女性の数が爆発的に増加し、インドの女性の購買力の向上につながっています。

女性消費者の標準的なライフスタイルとともに女性の個人可処分所得の増加は、流行のファッションへの消費者の関心を傾けるでしょう。急速な発展とグローバル化は、世界の女性のフォーマルウェア市場の成長を促進すると予想されます。婦人服セグメントの電子商取引業界の台頭は、この市場の成長を推進しています。 Facebook、Instagram、Twitter、その他のファッションブログなどのソーシャルメディアの浸透が進んでいることで、最新のウェアトレンドについての認識が高まり、インドの女性のウェア市場の成長が促進されています。さまざまな祭りの機会が祝われるインドの宗教的および文化的多様性は、女性のウェア市場の広範な推進力の1つです。

いくつかの利点を備えたサンプルPDFページを今すぐ入手してください!! https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/5708

エスニックウェアは、インドの婦人服市場で大きな成長を遂げると予想されています。女性のエスニックウェアは、サリー、サルワールカミーズ、ブラウスペチコートの3つの主要なカテゴリに分類できます。サリーは、女性が着る典型的なインドの衣装です。これは、インドで最も一般的に受け入れられている女性用ウェアです。祭りの際、女性はサリーを着ることに興味を持っています。インドの文化では、サリーウェアがインドのトレンドです。スラト、アーメダバード、バラナシ、ムンバイは、サリーの主要な製造ハブの一部です。それは、インドの都市部と農村部の高齢者と中年の女性の間で主要なカテゴリーとして引き続き存在します。

サルワールカミーズは、エスニックウェアのもう1つの主要なカテゴリです。サルワール・カミーズが提供する幸福度は、インドの働く女性の間で広まっています。さらに、ウエスタンウェアとの激しい競争に直面し続けています。インドで働く女性の数が増え、エスニックウェアからウエスタンフォーマルまたはウエスタンカジュアルに移行したことで、都市部でのエスニックウェアの競争が激化しています。インドの農村地域では、サルワールカミーズが若い女性の最も好まれる選択肢です。サリー市場は、インドの都市および準都市市場でサリーからサルワールカミーズまたはウエスタンウェアへのシフトが見込まれています。

オンラインプラットフォームは、婦人服の注文で玄関先まで配達できるため、人気が高まっています。オンラインプラットフォームを使用すると、女性の消費者はさまざまなWebサイトで女性のウェア製品の価格を比較できます。オンラインプラットフォームは、宅配と送料無料、交換&を提供します。インドの女性のウェア市場を拡大するためのリターンオファーターン。

女性の洋服は、カジュアルな洋服とフォーマルな洋服に分類できます。女性のTシャツとトップスのセットは、女性の労働力への累積的な参加と、洋服のカテゴリーに対する一般的な好みにより、急速に成長しています。

高度な機能性と優れた快適性を備えたインナーウェアの需要は急速に高まっています。インナーウェア製品の格差の市場には、シームレスな下着に加えて、メトロとミニメトロで繁栄しているサイズのインナーウェア、体型エンハンサーが含まれます。

ファッションデザイナーは、素材、デザイン、パレットの面で常に女性のファッションを試しています。彼らは創造的なデザインで様々な洋服を作ります。可処分所得の高い女性の労働人口の急増は、洋服の需要を押し上げています。女性のファッショントレンドは急速に変化しているため、キープレーヤーが女性のフォーマルな洋服にルーツを置くことは非常に困難です。労働者階級の女性の比率は世界中で急速に高まっており、女性の労働力は高官、管理職、議員などのすべての部門で成長していることを知っています。

フォーマルウェアは、インドの女性のウェアのもう1つの好ましいセグメントです。働く女性の数の増加は、請願またはフォーマルな服装につながっています。今日の働く女性は彼女のイメージに非常に心配しています。彼女は実験の準備ができており、このファッションの時代に遅れをとることを望んでいません。

世界の婦人服市場に関しては、婦人服の最も重要な側面であるファッショントレンドとして急速な進化を見せています。ヨーロッパは婦人服の主要な市場であり、北米とアジア太平洋がそれぞれ続いています。アジア太平洋地域は、かなりの可処分所得を持つ中産階級の割合が非常に高い新興経済国の一部を網羅しているため、婦人服のCAGR率が高いと予想されます。

インドの婦人服市場は、高い成長の可能性を秘めた市場として浮上しています。

rket。 インターネットに対する認識の高まり、女性の購買力の高まり、高いブランド認知度、ファッションセンスにより、eコマースはインドでのショッピングの重要な媒体となっています。

インドの女性の摩耗市場のレポートの範囲

タイプ別のインドの女性用ウェア市場

エスニックウェア

ウエスタンウェア

インドウエスタンウェア

インナーウェア

流通チャネル別のインドの女性用ウェア市場

オンラインプラットフォーム

専門店

スーパーマーケット

ハイパーマーケット

ブランドアウトレット

直接購入注文を出す:https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/5708/Single

インドの婦人服市場で活動する主要企業

ファビンディア

BIBAアパレルPvt。 株式会社

SOCHスタジオ

リトゥ・クマール

チャブラ555

サティヤポール

ミーナバザール

ナリ

ザラ

リーバイス

グローバルデジ。

アレンソリー

Globus。

PepeJeans

ボンベイセレクション

H& M

 

このレポートの割引を受ける:https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/5708

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close