プレスリリース

光制御スイッチ市場の進化する技術と成長の見通し2021年から2026年

世界の「ライトコントロールスイッチ市場」2021年の調査レポートは、市場規模、シェア、トレンド、成長、コスト構造、容量、収益、および2026年の予測に関する情報を生成します。このレポートには、ライトコントロールスイッチ市場の一般的かつ包括的な調査も含まれています。そのすべての側面が市場の成長に影響を与えています。このレポートは、ライトコントロールスイッチ業界の本格的な定量的調査であり、市場の成長と有効性を拡大するための戦略を構築するためのデータを提供します。

光制御スイッチ市場は、予測期間(2021-2026)にわたって6.8%のCAGRで成長を目撃すると予想されます。

このレポートのサンプルコピーをリクエストする:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02082593333/light-control-switches-market-growth-trends-covid-19-impact-and-forecasts-2021-2026/inquiry?mode=133

グローバルライトコントロールスイッチ市場のトップリーディングカンパニー は、Signify BV、Legrand SA、Leviton Manufacturing Company Inc.、Lutron electronics co。、Inc.、Eaton Corporation PLC、Osram GmbH、Hubbell Inc.、Acuity Brands Inc.、Honeywell International Inc. 、Schneider Electric SE、Havells IndiaLimitedなど。  

競争力のある市場のプレーヤーは、そのサイズ、シェア、および戦略とともに識別されます。最近の主要な開発、製品ポートフォリオ、収益、コアコンピテンシー、および財務を含む、これらのプレーヤーの会社概要。さらに、レポートは、合併と買収、会社概要、財務状況、製品ポートフォリオ、およびSWOT分析への洞察を提示します。

主要な市場動向ZigBeeワイヤレス通信スイッチが大幅な成長を遂げる

–ZigBeeは非同期プロトコルです。つまり、ノードはいつでも送信することを選択できます。ライトスイッチ(たとえば、25台のデバイスのノード)は、ユーザーがスイッチを切り替えるたびに、ウェイクアップしてライトをオンにするコマンドを送信できます。または、ファクトリオートメーションシステムがすぐにアラームを送信する必要がある場合があります。そのため、ルーターは常に起動していて、メッセージをルーティングする準備ができている必要があります。
–現在、ZigBee Allianceサイトには、ホームオートメーション用の約400台のデバイスがリストされており、合計3000台のZigBee認定および準拠製品とプラットフォームがリストされています。ホームオートメーションZigBeeデバイスは、電球、スイッチ、ロック、モーションセンサー、サーモスタットなど、すべての一般的なIoTホームデバイスです。
–世界中で増加しているスマートシティプロジェクトは、住宅用スマート照明用のZigBeeベースの照明ソリューションの需要を生み出すと予想されています。インドでは、スマートシティミッションと呼ばれる都市近代化イニシアチブが2015年に開始され、5年間で100のスマートシティを作成するという野心的な目標がありました。資金調達も野心的であり、国はイニシアチブに4,800億ルピー(75億米ドル)を割り当て、参加都市からのマッチング資金を要求しました。このような傾向はさらに、調査対象の市場を大幅に牽引すると予想されます。

北米から大幅な成長を目撃

–照明制御スイッチのベンダーは、北米地域に強力な足場を築いており、市場の成長に貢献しています。それらのいくつかには、とりわけ、Signify、Legrand、Eaton、Consumer Technology Association、およびLutonが含まれます。2019年7月、EuControls Corporationは、センサー付きZigbee照明コントローラーの米国特許の発行を発表しました。同社は、既存の調光可能なLEDランプに取り付けることを目的としたZigbeeワイヤレス操作調光コントローラーを開発しました。これは、照明の入力電力を位相カットすることによって機能し、センシング機能により、コントローラーはゲートウェイ制御の外部である程度の自律動作を行うことができます。
–スタンフォード大学とアバストによる最近の調査によると、北米の住宅は世界のどの地域よりもIoTデバイスの密度が最も高いとされています。特に、この地域の住宅の66%には、照明を制御するIoTデバイスが少なくとも1つあります。さらに、北米の住宅の25%は2つ以上のデバイスを誇っています。堅牢なクラウドインフラストラクチャ、接続デバイスの数の増加、およびこの地域での人工知能と機械学習テクノロジーの進歩により、
企業は相互運用性を確保するために提携しているため、他の大手企業との競争上の優位性を獲得しています。たとえば、2019年5月、Silicon LabsとSignifyは、Friends of Hueプログラムの拡張に協力し、エコシステムパートナーがPhilipsHueシステム用のスマートライトスイッチを開発できるようにしました。

詳細な目次を含む完全なレポートをここで確認してください:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02082593333/light-control-switches-market-growth-trends-covid-19-impact-and-forecasts-2021-2026?mode=133

提供中の重要な機能とレポートの主なハイライト:
–光制御スイッチ市場の詳細な概要
–業界の変化する市場のダイナミクス
–タイプ、アプリケーションなどによる詳細な市場細分化
–過去、現在、および予測される市場量と価値の観点からのサイズ
–最近の業界動向と開発
–ライトコントロールスイッチ市場の競争力のある風景
–キープレーヤーと製品提供の戦略
–有望な成長を示す潜在的でニッチなセグメント/地域
–ライトコントロールスイッチ市場のパフォーマンスに対する中立的な視点
–市場プレーヤーが市場フットプリントを維持および強化するために必要な情報

この調査には、2015年から2021年までの履歴データと、2026年までの予測が含まれています。これにより、レポートは、業界の幹部、マーケティング、営業、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および明確に提示された簡単にアクセスできるドキュメントで主要な業界データを探している利害関係者にとって貴重なリソースになります。表とグラフ。

最後に、ライトコントロールスイッチ市場レポートは、ビジネスを飛躍的に加速させる市場調査を得るための信頼できる情報源です。レポートは、主要な場所、アイテムの価値、利益、制限、生成、供給、要​​求、市場の発展率と数値などの経済状況を提供します。ライトコントロールスイッチ業界レポートはさらに、新しいタスクSWOT分析、推測の達成可能性調査、およびベンチャーリターン調査を提示します。

完全なレポートを購入する:

https://www.marketinsightsreports.com/report/purchase/02082593333?mode=su?mode=133

 私たちに関しては:

MarketInsightsReports は、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などの 業界に関するシンジケート化された市場調査を  提供します。MarketInsightsReportsは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度の市場ビューを提供します。これには、統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれます。

お問い合わせ:
Irfan Tamboli(営業部長)– Market Insightsレポート
電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687 sales@marketinsightsreports.com  | irfan@marketinsightsreports.com

 

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close