ニュースプレスリリース

どのような線に沿って生体適合性材料市場は予測年の間に拡大しますか?

生体適合性材料は、成形が容易で、生分解性があり、費用対効果が高いため、歯科、整形外科、心臓血管のインプラント、ドラッグデリバリー、補聴器、組織工学の足場、プロテーゼ、化粧品、その他の医療機器に使用できます。生体適合性ポリマーは無害な分解を経験し、それが体内の治癒過程を加速します。さらに、メーカーは生体適合性ポートフォリオの開発と、整形外科疾患や心血管疾患などのさまざまな疾患への応用の拡大に注力しています。

整形外科および心血管障害の高い有病率と技術の進歩は、製造業者にとって追加の機会を表しています。したがって、非毒性で非免疫原性の高度な製品開発のための企業による投資の増加も、生体適合性材料市場の成長機会を生み出すと予想されます。新規の生体適合性材料の承認と商品化は、発展途上国に大きな機会を提供しています。

レポートのサンプルコピーを入手する@https://www.persistencemarketresearch.co/samples/32234

生体適合性材料市場レポートの対象となる企業

デュポン
エンシンガー
StratasysLtd。
コベストロAG
フォスターコーポレーション
メルクKGaA
BASF SE(エクソンモービルコーポレーション)
ワッカーケミーAG
セラニーズコーポレーション
ロイヤルDSM
エボニックインダストリーズAG
信越化学工業株式会社
ヘンケルAG&Co。

レポートの方法論を知る@https://www.persistencemarketresearch.co/methodology/32234

PersistenceMarketResearchが発行した最新のレポートによると、世界の生体適合性材料市場は、予測期間(2020年から2030年)の間に9%を超えるCAGRを経験すると予想されています。

生体適合性材料市場調査からの重要なポイント

合成ポリマーセグメントは、材料タイプの下で、生体適合性材料市場で大きな収益シェアを保持すると予想されます。
外科用および医療用器具は最も魅力的なアプリケーションであり、最もシェアが高く、生体適合性のあるインプラントがそれに続きます。これらのセグメントは、他のアプリケーションと比較してより高い速度で成長すると予想されます。
地域の成長に関しては、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域が生体適合性材料の製造ハブであり、世界の生体適合性材料市場の急速な成長が見込まれています。
COVID-19の発生は、2021年前半に続く生体適合性材料市場の成長に障害をもたらしました。

「治療および診断を目的とした医療機器および生体医薬品の需要の急増は、今後数年間で世界の生体適合性材料市場を後押しするでしょう」とPersistenceMarketResearchのアナリストは述べています。

完全なレポートにアクセス@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/32234

持続性市場調査のヘルスケア業界の広範なカバレッジを探索する

私たちに関しては:

パーシスタンスマーケットリサーチ(PMR)は、サードパーティのリサーチ組織として、市場調査とデータ分析の独占的な融合を通じて運営されており、財政的/自然な危機のために直面する混乱に関係なく、企業の成功を支援します。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close