ニュースプレスリリース

抗体ライブラリ技術市場は予測年の間でどのように移動しますか?

高度な抗体とそのディスプレイ技術の登場により、ライフサイエンスとバイオテクノロジー研究の複雑さが軽減され続けているため、抗体ライブラリー技術の需要は急増すると予想されます。

Persistence Market Research(PMR)は、最新のレポートで、2016年から2024年の間に世界の抗体ライブラリー技術市場の収益が4.4%のCAGRで増加すると予測しています。最新の抗体ライブラリーの設計と選択方法のいくつかにより、MABを簡単に識別できます。製薬会社が自社の施設でそのような技術をますます利用しているのはそのためです。

Antibody Library Technologiesの市場レポートのサンプルを見てみませんか?http://https://www.persistencemarketresearch.co/samples/11155

会社概要

MorphoSys AG
Dyax Corp.
AbzenaPlc。
XOMAコーポレーション
AvantGen Inc.
クリエイティブ-バイオラボ
AbCheck s.r.o.
Philogen S.p.A.
アディマブLLC
Invenra Inc.
AnaptysBio、Inc。
Abwiz Bio Inc.
Abgent Inc.(WuXi AppTec社)
Vaccinex Inc.
AxioMx Inc.
その他

「従来の分子ディスプレイ技術の制限と欠点のために、医学研究組織は現在、ナノモル以下の親和性まで抗体を分離できる、新しい時代のディスプレイレス技術にシフトしています。」 –アナリスト、永続性市場調査

グローバル抗体ライブラリー技術:主要な市場動向

市場の競争が激化するにつれて、プレーヤーは抗体ライブラリーを補完する追加のサービスを提供することを目指しています。
消費者基盤を拡大するための技術開発者と医薬品開発組織間の統合は、抗体ライブラリー技術の世界市場における顕著な傾向として認識されています。
このような現代的なディスプレイプラットフォームのコンパクトな性質により、無細胞ディスプレイプラットフォームの広範な採用は予測期間を通じて持続します。たとえば、近年、エンドユーザーの間で無細胞リボソームディスプレイ技術の人気が大幅に高まっています。

抗体ライブラリーテクノロジー市場で系統的なホイールを再発明するのはどうですか? 「方法論」タブに切り替えてください!http://https://www.persistencemarketresearch.co/methodology/11155

レポートのハイライトは次のとおりです

ファージディスプレイは、2017年以降も主要な抗体ライブラリー技術として存続します。さらに、絶え間ない技術の進歩は、中期的にその広範な採用をサポートすることが期待されています。ファージディスプレイは、抗体選択のために開発された最初のin vitro技術であり、世界中の科学者によって広く使用されています。 2016年、ファージディスプレイ技術の売上高は6,800万米ドルに達し、2024年には5%のCAGRで増加する可能性があります。

抗体ライブラリテクノロジー市場の最新の調査結果を把握したいですか? 今すぐ抗体ライブラリテクノロジー市場レポートを購入してください!http://https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/11155

アプリケーションに基づいて、抗体ライブラリー技術は主に創薬プログラムで使用されます。 2016年には、医薬品開発の目的で約8130万米ドル相当の抗体ライブラリー技術が購入されました。一方、バイオ医薬品企業は引き続きこのような技術の主要なエンドユーザーであり、2016年から2026年の間に4,400万米ドルの増分機会を創出すると予想されます。市場。

すべての主要な地域の中で、北米の抗体ライブラリー技術市場は、2015年に57.5%の巨大な収益シェアを占めました。

持続性市場調査のヘルスケア業界の広範なカバレッジを探索する

私たちに関しては:

パーシスタンスマーケットリサーチ(PMR)は、サードパーティのリサーチ組織として、市場調査とデータ分析の独占的な融合を通じて運営されており、財政的/自然な危機のために直面する混乱に関係なく、企業の成功を支援します。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close