News

リネンファブリック市場の需要、成長、機会、そしてトップキープレーヤーの分析

Bottle, Liquid, Clean, Equipment, Glass

リネン生地は、亜麻植物(Linum usitatissimum)の繊維から作られています。エプロン、タオル(水泳用、ビーチ用、バス用、ウォッシュタオル、ボディ用)、バッグ、ナプキン、テーブルクロス、ベッドリネン、ランナー、チェアカバー、紳士・婦人服などがその代表的な製品です。

リネンの生地は、高音の自然な輝きを持ち、パリッとした質感があります。その自然な色は、アイボリー、コーヒー、グレーなどの色合いです。また、繊維を大量に漂白することで白い色のリネンを作ることもできます。滑らかで軽量なリネンは、一般的に紳士服や婦人服に使用されます。一方、粗くて厚いリネンは、主にタオルやバッグ、テーブルクロスなどに使用されています。

レポートサンプルのリクエスト@ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3218

リネン生地は、アジア太平洋地域や中東などの高温多湿な気候の地域で非常に人気があります。リネン生地には、滑らかさ、涼しさ、糸くずが出ない、長時間の使用でも柔らかいなどの様々な利点があり、世界のリネン生地市場を牽引しています。さらに、ブラジル、インド、中国などの発展途上国では、スタイルステートメントやファッショナブルなアクセサリーとしてリネン生地が使用されており、世界のリネン生地市場を押し上げています。

リネンは伸縮性に乏しく、すぐには元に戻りません。また、シワになりやすく、特定のクラスの衣料品やアクセサリーへの使用が制限されるため、リネン生地が広く受け入れられる上での主要な阻害要因となっています。さらに、リネンは高価格帯の生地であるため、綿生地などの代替品の脅威が大きいのです。

リネン生地の世界最大の生産国と消費国はヨーロッパです。次いで、アジア太平洋地域と北米が続きます。ヨーロッパではイタリアとベルギーがリネン生地の主要生産国です。アジア太平洋地域では、中国とオーストラリアがリネン生地の最大の市場であり、北米では、米国が高品質のリネン生地の最大の市場を占めています。

市場参入企業の一覧は、こちら(https://www.persistencemarketresearch.com/toc/3218

アジア太平洋地域のリネン生地市場は、インドや中国などの発展途上国の消費者の購買力が高まっていることから、二桁成長を続けており、予測期間中はさらに高い成長率が見込まれています。ヨーロッパと北米の市場は、予測期間中に中程度の成長が見込まれています。

リネン生地市場に参入している主な企業は以下の通りです。

マークス&スペンサー
MaxMara、Hugo Bossなどがあります。
China Linen Textile Industry Ltd. (CTXIF)があります。
バナナ・リパブリック
ピーコック・アレー
Ralph Lauren and H&M.
今すぐ予約して、専属アナリストのサポートを受けよう! @ https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3218

私たちについて

Persistence Market Research (PMR)は、第三者調査機関として、市場調査とデータ分析を融合させた独自の活動を行っており、金融危機や自然災害による混乱に関わらず、企業が高収益を上げられるよう支援しています。

お問い合わせ

パーシステンス・マーケット・リサーチ
米国営業所
305 Broadway, 7th Floor
ニューヨーク市、NY 10007
+1-646-568-7751
米国
米国-カナダ フリーダイヤル:800-961-0353
電子メール id-sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト: http://www.persistencemarketresearch.com

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close