技術

動物用寄生虫駆除剤市場は2026年までに「成長吸収」のスペクトルに移行へ

このレポートはPersistence Market Research (PMR) が発行した調査報告書で、世界の動物寄生虫駆除剤市場に関する重要な洞察を提供しています。Global Industry Analysis and Forecast, 2016-2026″ です。収益面では、世界の動物寄生虫駆除剤市場は、多くの要因により、予測期間中に5.9%の有望なCAGRを記録すると推定されており、PMRはこのレポートで徹底した洞察と予測を提供しています。世界の動物用寄生虫駆除剤市場は、2015年にUS$ 6,976.2 Mnの市場価値を登録し、2026年にはUS$ 13,064.7 Mnの市場価値に到達すると予測されています。

レポートのサンプルコピーを入手 @ https://www.persistencemarketresearch.co/samples/7996

会社概要

サノフィS.A.(メリアル)
Ceva Sante Animlae
Virbac SA
Vetoquinol S.A.
イーライ・リリー・アンド・カンパニー
ゾエティス社
Merck & Co Inc.
Bayer AG
ベーリンガーインゲルハイムGmbH
ペリゴ社(Perrigo Co.
レポートのメソドロジーを知るには @ https://www.persistencemarketresearch.co/methodology/7996

市場力学

動物用寄生虫駆除剤の需要を押し上げている主な要因は、動物の健康管理に対する意識の高まり、動物由来の食品の需要の増加、食中毒や人獣共通感染症に対する関心の高まり、コンパニオンアニマルの導入の増加、動物の健康管理費の増加です。しかし、ベジタリアンフードやダイエットへの関心の高まりや、動物用寄生虫駆除剤の承認プロセスが厳しく、食用動物への寄生虫駆除剤の使用が制限されていることなどが、世界の動物用寄生虫駆除剤市場に影響を与えています。

世界の動物用寄生虫駆除剤市場では、大手企業が戦略的なM&Aを行い、地理的プレゼンスの向上と顧客基盤の拡大に注力していることが大きな特徴です。さらに、政府機関や民間企業が研究開発活動のために莫大な投資を行っていることも、世界の動物寄生虫駆除剤市場の重要な傾向です。

市場予測

市場は、製品タイプ、動物タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。製品タイプに基づいて、市場はEctoparasiticides、Endoparasiticides、Endectocidesにサブセグメント化されています。製品タイプ別セグメントの中では、Endoparasiticidesセグメントが予測期間中に最も高い収益成長を示すと予想されています。Endoparasiticides製品タイプセグメントは、金額ベースで予測期間中に5.9%の大幅なCAGRを記録すると予想されています。Ectoparasiticidesセグメントは、金額ベースで予測期間中に5.7%のCAGRを示すと予測されています。

また、市場は動物の種類別に、食用動物とコンパニオンアニマルに分けられています。予測期間中、食用動物セグメントが最大の市場となることが予想され、予測期間中のCAGRは6.2%となりました。動物用寄生虫駆除剤市場の主な成長要因の1つは、食中毒や人獣共通感染症に対する関心の高まりです。

全レポートにアクセス @ https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/7996

本レポートでは、各セグメントの成長を促進するトレンドを地域および国レベルで評価し、市場参入を検討している動物用寄生虫駆除剤メーカーにとって有益な情報を提供しています。世界の動物用寄生虫駆除剤市場では、西欧市場が2016年末までに最大の収益シェアを占めると推定されています。

北米は、2016年末までに世界の動物用寄生虫駆除剤市場の20.0%以上の収益シェアを占めると予想されています。新興市場の中では、APEJが予測期間中に6.4%の大幅なCAGRを示し、動物のヘルスケアに対する意識の高まりと動物由来の食品の需要増加により、北米市場がそれに続くと予測されています。

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close