ニュースプレスリリース

Covid-19の中でかなりの需要を目撃し、67.6億米ドルに達する次世代抗体療法市場

Persistence Market Researchによる次世代抗体療法市場レポートは、医療提供者が患者の社会経済情報の収集に取り組んでいるという事実に焦点を当てているため、いつでも追跡できます。この外出先での監視は、ヘルスケア業界で進行中のトレンドの1つです。

Persistence Market Researchが発表した新しい市場レポート「次世代抗体療法に関する世界市場調査:2022年までに最高の成長を遂げるバイオ類似抗体製品」によると、世界の次世代抗体療法市場は、2,250.0米ドルの価値があると予測されています。 2015年末までにMnは、2015年から2022年まで13.0%のCAGRで拡大し、2022年までに6,761.1Mnを占めると予想されています。

次世代抗体療法とは、効率が向上し、安全性が向上し、送達が改善された抗体療法の改善を指します。モノクローナル抗体技術の進歩により、機能サイズが小さく、二機能性が高く、免疫原性が低い次世代の治療用抗体が開発されています。

レポートのサンプルコピーを入手する@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3713

市場の主要なプレーヤーのいくつか:

F. Hoffmann-La Roche Ltd.
協和発酵キリン株式会社
Seattle Genetics、Inc。
ImmunoGen、Inc。
アムジェン株式会社
バイオジェン。
バイエルAG。
Xencor、Inc。

レポートの方法論を知る@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/3713

次世代の抗体ベースの治療法は、癌、感染症、自己免疫疾患などのさまざまな病状の治療のための治療用抗体の既存の特性を強化します。

世界的に、次世代抗体治療薬市場は、抗体治療薬の技術的進歩と慢性疾患の有病率の増加により、大幅な成長を遂げています。さらに、医療費の増加と研究開発活動の拡大は、次世代抗体治療市場の成長を後押ししています。

ただし、厳しい規制要件と新薬の長い承認時間は市場の成長を抑制します。同様に、次世代抗体療法の高コストは市場の主要な関心事です。

完全なレポートにアクセス@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3713

北米は次世代抗体療法の最大の市場です。これは主に、この地域での慢性疾患の有病率の増加と医療費の増加によるものです。北米の次世代抗体治療薬市場は、2015年末までに1,104.4百万米ドルと予測され、2022年までに14.5%のCAGRで3,691.8百万米ドルを占めると予測されています。

技術に基づいて、バイオシミラー抗体製品は最も急速に成長しているセグメントです。治療への応用に基づくと、腫瘍学は次世代抗体治療市場で最大のセグメントです。

持続性市場調査のヘルスケア業界の広範なカバレッジを探索する

私たちに関しては:

パーシスタンスマーケットリサーチ(PMR)は、サードパーティのリサーチ組織として、市場調査とデータ分析の独占的な融合を通じて運営されており、財政的/自然な危機のために直面する混乱に関係なく、企業の高揚を支援します。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close