ニュースプレスリリース

3Dバイオプリンティング市場における移行のパラメーターを定義するグローバル

3Dバイオプリンティングは、足場として使用される臓器や組織の構築物の開発、医薬品の研究開発、医療用インプラントの開発に採用されているため、需要が大幅に高まっています。

3Dバイオプリンティングは、3Dで空間的に制御された細胞パターンを作成するプロセスであり、生存率と細胞機能は印刷されたコンストラクト内で保存されます。現在、代替のヒト組織を生成する初期段階にある3Dバイオプリンティング業界は、2019年までに10億ドルの価値があると予測されています。現在、3Dバイオプリンティングは、主にラボ環境での単純な組織構造の作成を伴いますが、スケールアップされると推定されています。移植のための完全な器官の作成を含むこと。この技術は、人間の治験が始まる前に潜在的な薬物化合物をバイオプリント組織でテストできるため、より迅速で正確な薬物テストに使用されることが期待されています。

3Dバイオプリンティング市場レポートのサンプルを見てみませんか? https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3255

3Dバイオプリンティングは、多くの学者から注目を集めている分野として着実に浮上しています。一部の研究者は、今後数年間で技術を商業化することを目的として、最近スタートアップ企業を設立しました。最近、バイオプリンティングに基づいた製品を構築するために多くの新興企業が誕生しました。いくつかは大学の研究からのスピンアウトです。たとえば、Aspect Biosystemsは毒性試験用の組織モデルの印刷に焦点を当て、TeViDo BioDevicesは乳房組織の印刷に焦点を当て、SkinPrintは人間の皮膚の発達に焦点を当てました。 3Dバイオプリンティングの市場は、特に商用バイオプリンターと開発中のバイオプリンター、それらのアプリケーション、および予想される将来の進化に焦点を当てています。 3Dバイオプリンティング市場が大きな可能性を秘めていることは広く予測できます。生体適合性のある材料(バイオインクとバイオペーパー)、ソフトウェア(CAD)、ハードウェア(バイオプリンター)が必要です。それぞれが別々のニッチ産業に成長する能力を持っています。

現在の市場には、さまざまな商用アプリケーションに焦点を当てた、業界が後援する14のバイオプリンターがあります。臓器移植の需給ギャップの拡大は満たされていないニーズです。研究者の究極の目標は、臓器移植用のバイオプリントされた臓器を作成できるようにすることです。この市場の焦点は、研究から商業化に移ると予想されます。この段階では、組織工学(皮膚と軟骨)や薬物検査(皮膚と軟骨)などのアプリケーションが普及すると予想されます。

3Dバイオプリンティング市場を覗き見したいですか? 3Dバイオプリンティング市場レポートの「目次」にアクセスしてください! https://www.persistencemarketresearch.com/toc/3255

今後数年間で、3Dバイオプリンティングは、バイオプリンティングされた臓器移植の初期の成功を所有する数十億ドルの産業であり、その後の数年間でさらなる後押しを提供すると予想されます。次世代のバイオプリンターは、複数のアームなどの追加機能を提供することであり、比較的手頃な価格で広く採用されることが期待されています。 Aspect Biosystemsは、現在不治の病気の治療法とより安価な治療オプションにつながる薬の開発とテストにかかるコストと時間を劇的に削減します。バイオプリンティング市場の企業には、火傷患者や皮膚障害に苦しむ患者のための代替皮膚を開発しているSkinPrintが含まれています。薬物検査用の印刷組織を開発しているAspectBiosystems。

3Dバイオプリンティングに関する意識の高まりにより、プレーヤー間の競争が激化しています。世界の3Dバイオプリンティング市場の主要なプレーヤーには、Advanced Biomatrix、3D Biotek、3D Systems、Avita Medical、Bespoke Innovations、Autodesk、EnvisionTEC、Cyfuse Biomedical、CMC Microsystems、Digilab、United Therapeutics、TeVido BioDevices、DTM、Bio3D Technologies、 Helisys Inc. CMCマイクロシステムズ、InSphero AG、BDBiosciencesなど。

市場の主要なプレーヤーは、競合他社に対する地位を維持するために、製品の革新、研究開発活動、および製品の発売と承認に従事しています。プレーヤー以外にも、さまざまな機関が3Dバイオプリンティングの研究開発に取り組んでいます。最近、オランダの技術に触発された再生医療研究所とアスペクトバイオシステムズが協力して、3Dプリントと再生医療の進歩を遂げました。 2018年には、いくつかの研究機関や大学が、低コストで高効率で高品質のバイオインプラントの開発に関与しました。

3Dバイオプリンティング市場への参入を計画していますか? 3Dバイオプリンティング市場レポートを事前予約してください! https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3255

米国FDAは、3Dバイオプリンティングを含むバイオ製造の研究開発のために、最初の5つの研究機関に250万米ドルの助成金を提示しました。これらの機関は、カーネギーメロン大学、ハーバード大学、ジョージア工科大学、ラトガーズ大学、マサチューセッツ工科大学でした。さらに、アジア太平洋地域は、世界の3Dバイオプリンティング市場に大きな成長の機会を提供しています。

レポートによると、地域的には、北米は世界の3Dバイオプリンティング市場をリードしており、近い将来、支配的なシェアを保持する可能性があります。多数のターゲット人口ベースは、この市場の支配の背後にある主な理由です。さらに、洗練されたヘルスケアインフラストラクチャの可用性と地域での主要なプレーヤーの存在は、北米の3Dバイオプリンティング市場の成長をさらに後押ししました。研究開発活動への投資の増加も、この市場の成長に貢献しています。

持続性市場調査のヘルスケア業界の広範なカバレッジを探索する

私たちに関しては:

パーシスタンスマーケットリサーチ(PMR)は、サードパーティのリサーチ組織として、市場調査とデータ分析の独占的な融合を通じて運営されており、財政的/自然な危機のために直面する混乱に関係なく、企業の成功を支援します。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close