Newsニュースプレスリリース

個別の成長を目撃する細胞治療バイオプロセシング市場

Persistence Market Researchによる細胞治療バイオプロセシング市場レポートは、ヘルスケア分野全体での消費主義の変化する傾向を示しています。 「キャッシュレス化」は「新しい」常識の1つです。無機質の成長も回復しています。ヘルスケアバリューチェーンの主要な参加者(プライベートとパブリックの両方)は、常に要求の厳しい状況で競争するために手を組んでいます。

細胞治療バイオプロセシングは、細胞治療とバイオプロセシング(すなわち、バイオ医薬品製造)の分野を橋渡しする分野であり、バイオプロセス工学のサブフィールドです。細胞治療は、ライフサイエンスで最も急速に成長している分野の1つになっています。それは、病気の治療のために患者に生細胞全体を送達することを含みます。通常、このカテゴリは2つの主要なセクションに分けられます:自家(細胞が患者に由来し、[通常は遺伝的に]変更され、患者に再投与されることを意味します)、または同種異系(細胞が別の個人に由来し、輸血と同様に、潜在的な新しい宿主との一致を示します)。現代の細胞および遺伝子治療治療法は、10年以内に数十億ドル規模の市場になるために容易に軌道に乗っています。新しい細胞治療は現在、赤血球などのほとんど規制されていない医師が処方した医療処置ではなく、標準化と規制当局の承認を必要とするバイオ医薬品と見なされています。生きた培養ヒト細胞を治療薬として販売することは、本質的に新しい製造パラダイムです。

このレポートのサンプルコピーをhttps://www.persistencemarketresearch.com/samples/32339で入手してください。

心血管、腫瘍学などの疾患は、米国癌協会によると、2020年の新しい癌の症例数と死亡数の推定値(2020年には、米国で推定180万の新しい癌症例が診断され、606,520の癌による死亡が見込まれます)。細胞治療市場。精密医療の開発とその効率と製造に関連した先端治療薬(ATMPS)の進歩は、市場の主要な推進力になると予想されます。さらに、成体幹細胞と臍帯血の処理と保管の自動化は、細胞治療の市場の成長を支えてきた重要な技術的進歩です。バイオ製造会社は、顧客やその他の利害関係者と協力して、これらの治療法の臨床開発と商業生産を強化しています。バイオメーカーやGEヘルスケアなどのOEMは、細胞治療の市場での治療法の迅速な立ち上げを加速するために、エンドツーエンドの柔軟なテクノロジーソリューションを提供しています。
世界的な研究開発費は毎年増加すると予想されますが、医薬品の収益に対する研究開発費の平均年間比率は実際には増加すると予想されます。 2018年と2019年の主要な医薬品承認は、CGT業界にスポットライトを当て、すべての注目を集めて現金の流入がありました。

適切な機器の欠如と手動技術の使用は、施設での製造能力のボトルネックにつながり、より多くの治療法が臨床的および商業的規模に達するにつれて、現在の能力不足は悪化する可能性があります。 BioPlanの研究および関連する出版物は、十分なCMO能力と専門知識が利用可能である場合、細胞/遺伝子治療開発者の約90%が製品製造のニーズに医薬品製造受託機関(CMO)を使用することを好むと報告しています。しかし、開発者は、新しいプロジェクトを開始するためのCMOでの現在の待機時間は現在平均18か月以上であり、必要なリソースと専門知識を持っているCMOは比較的少数であると報告しています。まだ関与しているCMOは非常に少なく、それらの細胞治療のバイオプロセシング能力と専門知識は限られています。多数の新しいプロセスラインと設備がますます必要になるでしょう。微生物やその他の汚染の防止を確実にするために、閉鎖系ではなく、フードとクリーンルームの使用に依存しています。しかし、重要なことに、規制上の期待は、最終的には完全な(より)GMPへの準拠を必要とします。

目次のリクエスト@https://www.persistencemarketresearch.com/toc/32339

現在のイノベーションサイクルが遅い理由は、細胞治療バイオプロセシングの市場が限られており、まだほとんどが研究中であり、いくつかの臨床規模であるためです。したがって、新技術の開発への投資収益率はまだ十分ではありません。そして、多くの革新的なサプライヤーは、どの技術が普及し、細胞治療のバイオプロセシングが短期的にどの方向に進むかを決定するまで、待機状態にあります。

製品タイプに基づいて、細胞治療バイオプロセシング市場は次のように分割されています

技術
バイオリアクター
制御フロー遠心分離
超音波溶解
凍結乾燥
電気紡糸
ウイルスベクターテクノロジー
細胞不死化技術
ゲノム編集技術
細胞型
免疫細胞
蒸気セル
ヒト胚性幹細胞
多能性幹細胞幹細胞
造血幹細胞

適応症に基づいて、細胞治療バイオプロセシング市場は次のように分割されています

心血管疾患(CVD)
腫瘍学
創傷治癒
整形外科
その他

エンドユーザーに基づいて、細胞治療バイオプロセシング市場は次のように分割されています

病院
クリニック
診断センター
再生医療センター
アカデミックアンドリサーチインスティテュート

地域に基づいて、細胞治療バイオプロセシング市場は次のように分割されています

北米
ラテンアメリカ
ヨーロッパ
南アジア
東アジア
オセアニア
中東とアフリカ

完全なレポートにアクセス@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/323​​39

次のような主要なプレーヤー:

Fresenius Medical Care AG&Co。KGAA
オムニカコーポレーション
メドトロニック
バクスターインターナショナル株式会社
B.ブラウン
日機装株式会社
旭化成メディカル株式会社
Infomed SA
ベルコS.R.L

市場の主要なプレーヤーは、市場での地位を強化するために、製品の機能とポートフォリオを増やすことに重点を置いています。キープレーヤーは、細胞治療バイオプロセシングの需要の高まりに対応するために製造施設を拡張しています。キープレーヤーは、この治療法の製造を分散化するための技術的進歩などの機能を備えた斬新で革新的な細胞治療バイオプロセシングマシンで市場に参入しており、市場に大きな利益をもたらすことが期待されています。

Miltenyi Biotecは、CliniMACSProdigyデバイスを通じて製造の分散化に貢献した企業の1つです。このデバイスは、さまざまな種類の細胞を製造する能力を発揮するオールインワンの自動製造システムです。
いくつかの企業は、小規模で新興の治療開発者を買収することにより、市場での存在感を示しています。たとえば、2019年8月、バイエルはBlueRock Therapeuticsを買収し、細胞治療の市場での地位を確立しました。
BlueRockTherapeuticsは米国です。細胞治療の開発のために独自の人工多能性幹細胞(iPSC)プラットフォームに依存している会社。

細胞治療のためにこの市場で活動しているいくつかの主要企業は次のとおりです。

ミルテニーバイオテク
バイエル、Fibrocell Science Inc.
ANTEROGEN.CO。、LTD
サーモフィッシャーサイエンティフィック
メルクグループ
ベクトン
ディキンソンアンドカンパニー
バイオ・ラッド研究所
タカラバイオグループ
STEMCELL Technologies
ファーミセル
オシリスセラピューティクス

持続性市場調査のヘルスケア業界の広範なカバレッジを探索する

私たちに関しては:

パーシスタンスマーケットリサーチ(PMR)は、サードパーティのリサーチ組織として、市場調査とデータ分析の独占的な融合を通じて運営されており、財政的/自然な危機のために直面​​する混乱に関係なく、企業の成功を支援します。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所-305Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
我ら。 Ph .- + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル-+ 1800-961-0353
セールス-sales@persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close