ニュース

センサーフュージョンシステムの市場規模、状況、世界的な需要、トップメーカー2021-NXPセミコンダクターズ、ヒルクレストラボ

センサーフュージョンシステムレポートは、世界と地域産業の全体的な構造とビジネス展望を提供します。この調査には、市場の重要な成果、研究開発、新製品の発売、製品の対応、および世界規模および地域規模で市場で活動している主要な競合他社の地域的成長も含まれます。この研究は、2015年から2025年までの歴史的および予測期間中の成長と収益に関する情報を提供します。構造化分析には、特定の地理的地域を含むグローバルセンサーフュージョンシステム市場のグラフおよび図式表現が含まれます。

センサーフュージョン市場は2020年に47.2億米ドルと評価され、予測期間(2021年から2026年)の間に19.2%のCAGRで2026年までに136億2000万米ドルの価値に達すると予想されています。

リンクをクリックして、Report @の無料サンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07292188501/global-sensor-fusion-system-market-growth-2020-2025/inquiry?Mode=S21

韓国を拠点とするKTCorporationは、革新的な5Gテクノロジーを使用した商用自動運転プラットフォームである「5Gas aVehiclePlatform」を開発しています。2019年7月、Tencentは、ドイツの自動車会社BMW向けに高性能コンピューティングデータセンターを中国で開発することを発表しました。この施設は、高度に(レベル3)および完全に(レベル4)自動運転車の開発に使用されます。

トップリードは、センサ融合システム市場レポートで紹介しているメーカー インベンセンス、Senion、STマイクロエレクトロニクス、ボッシュセンサーテック社、カイオニクス、NXPセミコンダクターズ、ヒルクレストLabs社、アナログ・デバイセズ、マイクロチップテクノロジー、ルネサスエレクトロニクス株式会社、Baselabs社、MEMSIC

製品タイプとアプリケーションによって分割されたグローバルセンサーフュージョンシステム市場:

市場調査研究はこれらのタイプに焦点を合わせています:

慣性コンボセンサータイプ

レーダー+イメージセンサータイプ

環境センサータイプ

IMU + GPSタイプ

その他

これらのアプリケーションに焦点を当てた市場調査研究:

家電

自動車

軍事用途

環境管理

ロボット工学

その他

特別オファー(このレポートで最大30%の割引を利用できます。フォームに記入し、コメントセクションにコード:MIR30を記入してください)

最近の開発-

-2020年4月–米国を拠点とするスタートアップPhantom AIは、Celeres Investmentsが主導し、FordMotorと韓国の通信大手KTCorporationが参加したシリーズAの資金調達で2,200万米ドルを調達しました。Phantom AIのPhantomFusion製品は、さまざまな車両センサーから収集されたすべての生データを融合する、独立したセンサー融合およびオブジェクト追跡システムです。また、車両の周囲360度で最大6台のカメラと6台のレーダーからのデータを融合することもできます。

-2020年3月–米国を拠点とするCEVA Incは、デバイスの幅広いセンサー処理およびセンサーフュージョンワークロードを処理するように設計された高性能センサーハブDSPアーキテクチャであるSensProを発表しました。これは、LLVM C / C ++コンパイラ、Eclipseベースの統合開発環境(IDE)、OpenVX API、OpenCL用のソフトウェアライブラリ、CEVAディープニューラルネットワーク(CDNN)グラフコンパイラを含むシステム設計を促進するための高度なソフトウェアと開発ツールのセットで構成されています。 CDNN-カスタムAIエンジン、CEVA-CVイメージング機能、CEVA-SLAMソフトウェア開発キットとビジョンライブラリ、ClearVoxノイズリダクション、WhisPro音声認識、MotionEngineセンサーフュージョン、SenslinQソフトウェアフレームワークを含めるためのInvite API

センサーフュージョンシステム市場の地域分析:

市場のダイナミクスを包括的に理解するために、世界のセンサーフュージョンシステム市場は主要な地域、つまり米国、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド、中南米で分析されています 。 これらの各地域は、市場のマクロレベルの理解のために、これらの地域の主要国全体の市場調査結果に基づいて分析されます。

センサーフュージョンシステム市場シナリオ:

この調査レポートは、センサーフュージョンシステム市場の競争環境の360度の概要を表しています。さらに、最近の傾向、開発、ツール、および方法論に関連する大量のデータを提供します。調査レポートは、ビジネスへのより良い洞察のために詳細な方法でセンサーフュージョンシステム市場を分析します。

レポートは、市場のダイナミクス、成長を誘発する要因に基づいて成長率と市場価値を評価します。完全な知識は、最新の業界ニュース、脅威、機会、傾向に基づいています。レポートには、主要ベンダーのSWOT分析に加えて、包括的な市場分析とベンダーの展望が含まれています。

完全なレポートの説明と目次を参照してください:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07292188501/global-sensor-fusion-system-market-growth-2020-2025?Mode=S21

目次:

-センサーフュージョンシステム市場の概要

-産業への経済的影響

-メーカーによる市場競争

-地域別の生産、収益(値)

-供給(生産)、消費、輸出、地域別の輸入

-タイプ別の生産、収益(値)、価格動向

-アプリケーション別の市場分析

-製造原価分析

-インダストリアルチェーン、ソーシング戦略、ダウンストリームバイヤー

-マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

-市場効果要因分析

-センサーフュージョンシステムの市場予測

このレポートの対象となる年:
履歴年:2015-2019
基準年:2019
推定年:2020
予測期間:2020-2025フォームのトップ

結論として、センサーフュージョンシステム市場レポートは、親市場でサポートされているエリートプレーヤーの記述的分析、現在、過去、芸術的な動きの情報を提示し、センサーフュージョンシステム業界のすべてのビジネス競合他社にとって有益なガイドとして機能します。当社の専門家調査アナリストのチームは、業界データを最も正確に理解するのに役立つ、すべての個々のセクターからの詳細な市場調査レポートを提供するように訓練されています。

Covid-19の発生がセンサーフュージョンシステムに与える影響は何ですか?

– 楽観的なシナリオ:COVID-19は5月または6月までに封じ込められ、通常は第2四半期の終わりまでグローバルオペレーションに戻ります。

–保守的なシナリオ:COVID-19は依然として蔓延しており、影響は第4四半期まで続きます。

–グローバルセンサーフュージョンシステムに対するコロナウイルス(COVID-19)の流行の推定影響。

– 2021年のセンサーフュージョンシステムの市場規模

–メーカーが今考えるべき企業戦略。

特定のクライアントの要件に基づいてレポートのカスタマイズを提供し
ます。–選択した5か国の無料の国レベル分析。
–5つの主要な市場プレーヤーの無料の競争分析。
–他のデータポイントをカバーするために40時間のアナリストを解放します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業責任者)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com  | irfan@marketinsightsreports.com

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close