プレスリリース
Trending

ウェブカメラ市場の最新動向、技術の進歩と需要2021年から2026年| Logitech International SA、Microsoft Corporation、Lenovo Group Limited、Razer Inc.、Creative Technology Ltd.、Ausdom Global、Vivitar Corporation、Shenzhen Teng Wei Video Technology Co. Ltd

ウェブカメラ市場のレポートでは、最初の手の情報、業界アナリストによる定性的および定量的な評価、バリューチェーン全体で、業界の専門家や業界関係者からの入力をまとめたものです。レポートは、セグメントごとの市場の魅力とともに、親市場の動向、マクロ経済指標、および支配要因の詳細な分析を提供します。レポートはまた、市場セグメントと地域に対するさまざまな市場要因の定性的影響をマップします。レポート分析は、上流と下流の市場、さまざまな地域と主要国、および業界の将来の発展に基づいて、製品業界チェーンに対するCOVID-19(コロナウイルス)後の影響を指摘しています。

ウェブカメラ市場は、予測期間(2021年から2026年)にわたって8.7%のCAGRを登録すると予想されます。 

レポートのサンプルコピーとすべての関連グラフを入手する(Covid-19アップデート):

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02082592918/webcams-market-growth-trends-covid-19-impact-and-forecasts-2021-2026/inquiry?Mode=S12

124ページには、市場競争力のある風景と市場の主要ベンダー/キープレーヤーの対応する詳細な分析プレゼントを報告しています。グローバルウェブカメラ市場のトップ企業:Logitech International SA、Microsoft Corporation、Lenovo Group Limited、Razer Inc.、Creative Technology Ltd.、Ausdom Global、Vivitar Corporation、Shenzhen Teng Wei Video Technology Co. Ltd.、A4Tech Co. Ltd.、 KYE Systems Corp.(天才)

市場における最近の動向のいくつかは次のとおりです。

-2020年5月-キヤノンUSは、EOS交換レンズカメラとPowerShotカメラを高品質の仮想会議用のWebカメラに変換できるソフトウェアを開発しました。選択されたEOS交換レンズカメラ(ILC)とPowerShotカメラのリストは、この新しいソフトウェアをサポートしています。このベータ版ソフトウェアは、人気のあるビデオチャットアプリケーションを使用しながら、鮮明さと高画質を提供することにより、消費者がビデオの外観を改善するのに役立ちます。

-2019年11月-キヤノンは、インドのウダイプールに新しいビジネスイメージングソリューション(BIS)ラウンジを開設したことを発表しました。キヤノン認定パートナーであるプリンスエンタープライズと共同でウダイプールにある新しいBISラウンジは、この地域の大小の組織のすべてのオフィスイメージング要件にワンストップで対応することを目的として発足しました。

市場概況:

-セキュリティと安全を目的とした監視システムの需要の高まり、無人搬送車(AGV)と無人航空機(UAV)の需要の高まりは、世界の産業および民間セクター全体で、世界のWebサイト市場の成長を促進すると予想される主な要因です。予測期間。また、視覚制御、コマンド指示プロセス、オーバーヘッドの減少など、Webカメラが提供するいくつかの特性により、Webカメラ市場は成長すると予想されます。

-スマートフォンの総純加入者は60%であり、2025年末までに79%に達すると予想されています(GSMAアソシエーション、2019年)。世界中でスマートフォンの需要が高まっているのは、ウェブカメラ機能が原因であり、ウェブカメラ市場の成長を後押ししています。さらに、侵入者、強盗、悪党、および社会を妨げるその他の反社会的要素を捕らえるためのセキュリティシステムの必要性の高まりにより、Webカメラの需要が高まると予測されています。

-インターネットの速度は、記録およびストリーミングされる画像やビデオの品質に直接影響します。ビデオの歪みを避けるために、最低インターネット速度が必要です。ウェブカメラの展開は、インターネットの速度の変動が市場の成長の抑制として機能するため、インターネット接続が弱い遠隔地または遠隔地や地域での成長の鈍化を目撃すると予想されます。

-ウェブカメラもeラーニングと遠隔教育の重要なコンポーネントであり、COVID-19の発生により現在より顕著になっています。パンデミックにより、幼稚園から高校までの学区と大学は生徒を閉鎖して帰宅させることになりました。そのため、ZoomやWebExなどのビデオ会議プラットフォームが頻繁に使用されています。

かなりの重要性が期待される

外部Webカメラ-外部Webカメラ市場は、ビデオ会議を目的とした商用アプリケーションや、いくつかの文書化および認証手順でかなりの数を目撃しています。ただし、より多くのモバイルコンピューティングデバイスに組み込みカメラが搭載されるにつれて、外部Webカメラの必要性は大幅に減少しました。
-さらに、外部Webカメラの大幅な進歩により、オンラインストリーミングベンダーやビデオブロガー(vlogger)などの新しいクラスの消費者からの需要が高まっています。現在の市場シナリオでは、ビデオブログやストリーミングアクティビティ専用に設計された外部Webカメラがいくつかあり、低照度の可視性、解像度、オートフォーカス特性に関していくつかの最適化が行われています。
-ベンダーは製品の革新に関与しており、市場での競争力を維持するのに役立っています。たとえば、2020年6月、Papalookは最大90台の1080PHDウェブカメラを発売しました。不動産のホームショー、ビジネスデモ、ライブストリーミングシーン、ゲームなど、ビジネスミーティングや家族の電話で人々のグループに合う広角ビュー。これらは、Zoom、YouTube、Facetime、Skype、Facebook、およびその他のソーシャルメディアやゲームプラットフォームでの記録とストリーミング用に設計されています。
-既知のメーカーの一部は、デジタル一眼レフカメラとミラーレスカメラにUSBストリーミングのサポートを追加しており、ウェブカメラ会社に厳しい競争を与えています。たとえば、2020年6月、パナソニックはミラーレスカメラを経由してウェブカメラとして使用できることを発表しました。LumixTetherアプリをインストールすることによるUSBケーブル。これにより、ユーザーはカメラをラップトップまたはデスクトップに接続して、テザー撮影を行うことができました。

北米はかなりの市場シェアを保持しています

-北米は2018年に世界のウェブカメラ市場の最大の地域シェアと推定されています。ウェブカメラの必要性の高まりにより、見通し期間中、この地域は関連する市場を支配すると予想されます。商業地域や家庭でのセキュリティと監視に対する要件の高まり。
-セキュリティと監視イベント、職場でのビデオ会議、幼稚園から高校までの教育、ビジュアルマーケティングを改善する新技術の選択が容易なため、この地域ではWebカメラの需要が継続的に高まっています。複数の業界での製品の展開は、ウェブカメラ市場の成長を目撃することになっています。
-さらに、米国での9/11の攻撃の後、リアルタイムの動きと監視を追跡する需要が高まり、強制的になっています。北米の銀行および金融セクターを考慮すると、記録と文書を管理するためのセキュリティ目的のために、敷地内にWebカメラを導入することが監視の重要な部分になっています。

競争力のある風景

ウェブカメラ市場は非常に競争が激しく、いくつかの主要なプレーヤーで構成されています。市場シェアに関しては、現在、主要なプレーヤーのいくつかが市場を支配しています。市場で卓越したシェアを持つこれらの主要なプレーヤーは、海外全体に顧客基盤を拡大することに焦点を当てています。これらの企業は、戦略的な共同イニシアチブを活用して、市場シェアを拡大​​し、収益性を高めています。

ウェブカメラ市場レポートの影響:

-ウェブカメラ市場におけるすべての機会とリスクの包括的な評価。

-ウェブカメラは最近の革新と主要なイベントを売り込みます。

-Webカメラ市場をリードするプレーヤーの成長のためのビジネス戦略の詳細な研究。

-今後数年間のウェブカメラ市場の成長プロットに関する決定的な研究。

-Webカメラ市場の深い理解-特定の推進要因、制約、および主要なマイクロ市場。

-ウェブカメラ市場を襲う重要な技術および市場の最新トレンドの中での好意的な印象。

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

主要な戦略的開発: この調査には、研究開発、新製品の発売、M&A、合意、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、および地域規模で市場で活動する主要な競合他社の地域的成長を含む、市場の主要な戦略的開発も含まれます。

分析ツール:  Webカメラ市場レポートには、いくつかの分析ツールを使用して、主要な業界プレーヤーとその市場における範囲について正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターのファイブフォース分析、SWOT分析、実現可能性調査、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動している主要企業の成長を分析しました。

主要な市場の特徴: レポートは、収益、価格、容量、稼働率、総生産、生産率、消費、輸出入、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益などの主要な市場の特徴を評価しました。さらに、この調査は、主要な市場のダイナミクスとその最新の傾向、および関連する市場セグメントとサブセグメントの包括的な調査を提供します。

レポートには150の表と図があり、レポートの説明と目次を参照できます。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02082592918/webcams-market-growth-trends-covid-19-impact-and-forecasts-2021-2026?Mode=S12

レポートのカスタマイズ:

MarketInsightsReportsは、必要に応じてレポートをカスタマイズできます。このレポートは、要件に合わせてパーソナライズできます。弊社の営業チームにご連絡ください。営業チームがお客様の必需品に合ったレポートを確実に入手できるようにします。

あなたは私たちの「ウェブカメラ市場レポート」のいずれか、またはウェブカメラ市場レポートのパーソナライズ無料デモをスケジュールしたいと思いますに関するご質問がありましたらで私に連絡することを躊躇しないでくださいirfan@marketinsightsreports.com

ご多幸を祈る、

Irfan Tamboli

営業部長

マーケットインサイトレポート

Tel:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

Eメール:sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業 などを含む業界のシンジケート市場調査を提供します。MarketInsightsReportsは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度の市場ビューを提供します。統計的予測、競争力のある風景、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれています。

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close