プレスリリース
Trending

半導体メモリIP市場の進化する技術と成長の見通し2021年から2026年| ARM Limited、Rambus Inc、Cadence Design Systems、Inc.、Synopsys、Inc.、Mentor Graphics Corporation、eSilicon Corporation

半導体メモリIP市場のレポートでは、最初の手の情報、業界アナリストによる定性的および定量的な評価、バリューチェーン全体で、業界の専門家や業界関係者からの入力をまとめたものです。レポートは、セグメントごとの市場の魅力とともに、親市場の動向、マクロ経済指標、および支配要因の詳細な分析を提供します。レポートはまた、市場セグメントと地域に対するさまざまな市場要因の定性的影響をマップします。レポート分析は、上流と下流の市場、さまざまな地域と主要国、および業界の将来の発展に基づいて、製品業界チェーンに対するCOVID-19(コロナウイルス)後の影響を指摘しています。

半導体メモリIP市場は2020年に59.2億米ドルと評価され、2026年までに119.0億米ドルに達し、予測期間(2021-2026)にわたって12.3%のCAGRで成長すると予測されています。電子設計では、半導体知的財産コア、IPコア、またはIPブロックは、一方の当事者の知的財産であるロジック、セル、または集積回路(一般に「チップ」と呼ばれる)レイアウト設計の再利用可能なユニットです。IPコアは、別の当事者にライセンス供与される場合もあれば、単一の当事者のみが所有および使用する場合もあります。この用語は、デザインに存在する特許および/またはソースコードの著作権のライセンスに由来します。

レポートのサンプルコピーとすべての関連グラフを入手する(Covid-19アップデート):

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02082592177/semiconductor-memory-ip-market-growth-trends-covid-19-impact-and-forecasts-2021-2026/inquiry?Mode=S12

The 120 Pages report presents the market competitive landscape and a corresponding detailed analysis of the major vendor/key players in the market. Top Companies in the Global Semiconductor Memory IP Market: ARM Limited, Rambus Inc, Cadence Design Systems, Inc., Synopsys, Inc., Mentor Graphics Corporation, eSilicon Corporation, Dolphin Integration, Arm Holdings, Lattice Semiconductor Corporation, eMemory Technology Inc.

Some of the recent developments in the market are as follows:

April 2019 – SiFive, the leading provider of commercial RISC-V processor IP, announced the launch of the S2 Core IP Series at the Linley Spring Processor Conference in Santa Clara. The S2 Core IP Series is a 64-bit addition to SiFive’s 2 Series Core IP and brings advanced features to SiFive’s smallest microcontrollers. The S2 Series further adds to SiFive’s extensive, vastly customizable, optimized, silicon-proven, embedded core IP portfolio, which comprises the 2, 3, 5, and 7 Core IP Series in E (32-bit) and S (64-bit) variants.

Market Overview:

-半導体メモリIPは、すべてのエンドユーザー分野で高性能メモリシステムに対する需要の高まりの直接的な影響を目の当たりにしています。半導体の複雑さが増し、強力なメモリ操作に対する需要が高まっているため、市場ではより高速で効率的なメモリソリューションが求められています。

-企業は効率的なメモリソリューションの開発に投資しています。IoT、自動化、自動運転車のテクノロジーにより、急速に拡大が進んでいます。この市場の成長をサポートする新しいタイプの半導体インフラストラクチャに対する需要が高まっています。

-テクノロジーに関連するコストは高くなります。その採用のコストが高いため、この市場の成長を妨げています。

家庭用電化製品は大幅な成長が見込まれています

-半導体メモリIPの需要は、DRAMの採用率の増加とともに増加しています。DRAMは、ラップトップ、コンピューター、ワークステーション、およびビデオゲームコンソールでも使用されます。DRAMメモリは、グラフィックエンハンスメント、ネットワーキング、DVD、プリンタ、デジタルカメラ、カーナビゲーションシステム、HDDなど、さまざまな目的に使用できます。たとえば、Samsungはモバイルデバイス用の最初の8Gb LPDDR5DRAMチップを発表しました。
-スマートフォンは、家電製品の成長に大きく貢献しています。半導体メモリの技術は、スマートフォン業界で最も普及しています。スマートフォンの売上が伸びる中、半導体メモリメーカーにとってスマートフォンへの採用率を高める大きなチャンスがあります。
-フラッシュメモリはスマートフォン業界で最も普及している技術の1つであるため、その採用率は家電製品における半導体メモリの影響に直接影響します。フラッシュメモリは、デジタルカメラ用のメモリカード、携帯電話、コンピュータのメモリスティック、その他多くのアプリケーションを含む多くのアプリケーションで広く使用されています。
-AI対応アプリケーションの必要性と人気により、より高速なプロセッサ、デジタルメモリ、より大きくて安価なストレージに対する需要が高まっています。CESは、主要なメモリおよびストレージ企業が、次世代の不揮発性メモリおよびストレージを実現する方法を示しているのを見ました。これらの製品には、従来のハードディスクドライブとフラッシュメモリが含まれていましたが、抵抗変化型RAM(ReRAM)や磁気RAM(MRAM)などの新しい不揮発性メモリ技術も含まれていました。たとえば、CES 2019で、Thermaltakeは、統合されたウォーターブロックだけでなく、1680万色のRGBカスタマイズを含むDDR4 3200RAMの2つの新しいキットでメモリ市場に正式に参入しました。

北米はかなりの市場シェアを保持すると予想されます

-北米の多くの業界でインテリジェントなコマンドアンドコントロールの必要性が高まっていることは、多くの超電導メモリメーカーに重要な市場機会をもたらしています。例えば、日立製作所とその子会社である日立アメリカは、日立アメリカの子会社である日立セミコンダクター(アメリカ)インク(ブリスベン)と日立マイクロシステムズ(サンノゼ)の合併を発表した。大規模な統合半導体システムの設計、開発、マーケティングに焦点を当てた統一組織を構築し、北米でのシステムソリューションビジネスの構築により多くのリソースを集中させると同時に、大量の半導体生産を統一された運用基盤に統合して、運用効率を向上させます。 。
-SEMIによると、半導体市場の成長は悪化しました(2018年9月の最終レベルである20.7億米ドルより0.9%低く、2017年10月の請求レベルである20.2億米ドルより2.0%高い)。最も効率的な半導体メモリタイプとしてのDRAMSの需要の高まりにより、上昇が見込まれます。
-米国でのデータセンターの数の増加により、DRAMSの需要は、それらが提供する効率性のために大幅に増加しています。データセンターの運用コストには、基本インフラストラクチャの最初の購入以外にも多くの側面が含まれます。最新のIT組織は、DRAMからソリッドステートドライブ(SSD)、ハードディスクドライブまでのメモリとストレージの階層が、ユーザーが依存する重要なデータセンター機能になる可能性があることを認識しています。AFCOMによると、年間のグローバルIPトラフィックは2021年までに3.3ゼッタバイトに達します。2016年のグローバルIPトラフィックは、年間1.2 ZB、つまり月96エクサバイト(10億ギガバイト)でした。生成されるデータの量が増えると。

競争力のある風景

半導体メモリIP市場は非常に競争が激しく、いくつかの主要なプレーヤーで構成されています。市場シェアに関しては、現在、主要なプレーヤーのいくつかが市場を支配しています。費用を節約するために製造に関連するコストを削減する必要があるため、研究開発への投資が増加しています。メーカーは、発生した費用を節約するために「ファブレス」の慣行を採用しています。

半導体メモリIP市場レポートの影響:

-半導体メモリIP市場におけるすべての機会とリスクの包括的な評価。

-半導体メモリIP市場の最近の革新と主要なイベント。

-半導体メモリIP市場をリードするプレーヤーの成長のためのビジネス戦略の詳細な研究。

-今後数年間の半導体メモリIP市場の成長プロットに関する決定的な研究。

-半導体メモリIP市場の深い理解-特定の推進要因、制約、および主要なマイクロ市場。

-半導体メモリIP市場を襲う重要な技術および市場の最新トレンドの中での好意的な印象。

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

主要な戦略的開発: この調査には、研究開発、新製品の発売、M&A、合意、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、および地域規模で市場で活動する主要な競合他社の地域的成長を含む、市場の主要な戦略的開発も含まれます。

分析ツール: 半導体メモリIP市場レポートには、多数の分析ツールを使用して、主要な業界プレーヤーとその市場における範囲について正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターのファイブフォース分析、SWOT分析、実現可能性調査、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動している主要企業の成長を分析しました。

主要な市場の特徴: レポートは、収益、価格、容量、稼働率、総生産、生産率、消費、輸出入、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益などの主要な市場の特徴を評価しました。さらに、この調査は、主要な市場のダイナミクスとその最新の傾向、および関連する市場セグメントとサブセグメントの包括的な調査を提供します。

レポートには150の表と図があり、レポートの説明と目次を参照できます。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02082592177/semiconductor-memory-ip-market-growth-trends-covid-19-impact-and-forecasts-2021-2026?Mode=S12

レポートのカスタマイズ:

MarketInsightsReportsは、必要に応じてレポートをカスタマイズできます。このレポートは、要件に合わせてパーソナライズできます。弊社の営業チームにご連絡ください。営業チームがお客様の必需品に合ったレポートを確実に入手できるようにします。

あなたが私たちの「半導体メモリIP市場レポート」のいずれか、または半導体メモリIP市場レポートのパーソナライズ無料デモをスケジュールしたいと思いますに関するご質問がありましたらで私に連絡することを躊躇しないでくださいirfan@marketinsightsreports.com

ご多幸を祈る、

Irfan Tamboli

営業部長

マーケットインサイトレポート

Tel:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

Eメール:sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業 などを含む業界のシンジケート市場調査を提供します。MarketInsightsReportsは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度の市場ビューを提供します。統計的予測、競争力のある風景、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれています。

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close