Newsニュースプレスリリース

革新に乗るための嚢胞性線維症検査市場

嚢胞性線維症は、ムコビスコイドーシスとしても知られ、粘液や汗腺などの分泌腺に影響を与える遺伝性の遺伝性疾患です。それは主に肺と消化器系に影響を与えます。嚢胞性線維症を患っている個人は、厚くて粘着性の粘液の分泌などの特徴的な症状を示します。この病気は、ある期間にわたって肺で発症し、空気を出し入れするチューブを塞ぎます。厚い粘液の分泌が増えると、細菌の増殖が促進され、深刻な肺感染症を引き起こします。嚢胞性線維症の主な症状には、持続性の咳、持続的な肺感染症、塩辛い味の皮膚、呼吸の問題、大量便、排便困難、成長不良、体重増加不良などがあります。嚢胞性線維症に利用できる検査には、新生児スクリーニング、汗検査、胸部X線検査、呼吸機能検査、遺伝子検査などがあります。嚢胞性線維症は、嚢胞性線維症の突然変異、治癒可能なタイプの嚢胞性線維症、およびまれなタイプの嚢胞性線維症の3つのセグメントに分けることができます。嚢胞性線維症の治療法には、胸部理学療法(CPT)、運動、抗生物質の摂取、肺移植、体位ドレナージなどがあります。

このレポートのサンプルコピーを入手@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/20905

嚢胞性線維症市場の成長の主な推進要因は、嚢胞性線維症に苦しむ患者の数の増加、高度な検査ツールの必要性と需要の高まり、および遺伝子検査の開発に対する政府の資金の増加です。さらに、すべての企業は、薬理ゲノミクス診断ツールを使用して成長および発展することを望んでいるため、既存の市場でうらやましい地位を築いています。嚢胞性線維症を診断するための潜在的に高度なテストの迅速な採用と、地域を超えた人々の意識と手頃な価格の向上は、この市場に向けて継続的に成長をもたらします。一方、関与する巨額の資本や肺の悪化や体重増加などのわずかな悪影響などの要因は、この市場の成長を妨げる可能性が最も高いでしょう。

目次のリクエスト@https://www.persistencemarketresearch.com/toc/20905

地理的には、北米、特に米国が嚢胞性線維症検査市場を支配し、ヨーロッパ市場がそれに続きます。これらの地域でこの市場の成長に関与する主な要因には、呼吸器疾患、粘液線毛クリアランスの低下、CFTR遺伝子(嚢胞性線維症膜コンダクタンスレギュレーター)のフレームシフト変異などの遺伝性疾患の高い有病率が含まれます。米国では毎年約10,000件の嚢胞性線維症の新規症例が診断されています。この市場の成長を促進するその他の要因には、これらの地域の医療に対する高い意識と、効率的な嚢胞性線維症検査に対する需要の高まりが含まれます。遺伝子検査の導入により、この市場は近い将来、より革新的な研究で卓越する大きな可能性があります。アジア太平洋地域は、この地域が将来急速な成長を示すと予想されるため、最も収益性の高い市場です。

完全なレポートにアクセス@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/20905

嚢胞性線維症検査市場で活動している主要なプレーヤーのいくつかは、Vertex Pharmaceuticals、Abbott Laboratories、Inc.、Pfizer、Inc.、NovaBiotics Ltd.、Cystic Fibrosis Foundation Therapeutics、Inc。、およびGalapagosNVです。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。 パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。 可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close