Newsニュースプレスリリース

技術と一斉に働くトップキープレーヤーとともに成長する急性骨髄性白血病バイオマーカー検査市場

急性骨髄性白血病(AML)は、骨髄内で発生し、全血に影響を与える癌です。急性骨髄性白血病(AML)は、単一の疾患であるだけでなく、骨髄の骨髄性細胞株で発症する白血病のグループです。急性骨髄性白血病(AML)は、骨髄芽球または白血病芽球として知られる未熟な白血球の過剰産生が原因で発生します。がんは、通常は白血球に変わる細胞から発生します。

骨髄芽球は骨髄に集まり、正常な血球を作るのを妨げます。これにより、体内の他の血球の成長が妨げられ、免疫力が低下します。急性骨髄性白血病(AML)の病態生理学は分子レベルで理解され始めたばかりであり、現在、バイオマーカーマーカーは急性骨髄性白血病(AML)患者のリスク層別化と治療にとって最も重要です。

しかし、新しい高度な技術の出現により、点突然変異やエピジェネティックおよびプロテオミクスプロファイルの特性評価など、急性骨髄性白血病の多くの分子マーカーの検出が、癌へのアプローチにおいて重要な役割を果たし始めています。最近の研究によると、新しい急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカーの特定は、疾患の分子基盤のより良い理解に貢献し、急性骨髄性白血病の診断、スクリーニング、予後、およびモニタリングに非常に役立ち、予測にも役立つことが示されています。治療に対する各個人の反応。急性骨髄性白血病(AML)の一般的な分子バイオマーカーには、FLT3-ITD、CEBPA、NPM1、およびcKITが含まれます。

次の10年の動きを戦略化する?急性骨髄性白血病バイオマーカー検査市場レポートのサンプルをご覧ください! https://www.persistencemarketresearch.com/samples/26236

急性骨髄性白血病の発生率の増加と相まって急速に成長する高齢化人口統計は、予測期間にわたって世界の急性骨髄性白血病バイオマーカー検査市場の成長を推進する要因です。米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、急性骨髄性白血病が成人に見られる2番目に一般的なタイプの白血病であると報告しています。急性骨髄性白血病(AML)は、すべての白血病症例の32%を占めており、米国ではすべての年齢層の推定19,520人が急性骨髄性白血病と診断される可能性があります。主要な市場プレーヤーは、急性骨髄性白血病(AML)の革新的なバイオマーカー検査キットを開発するために研究開発に投資しています。

たとえば、アボットのVysis EGR1 FISHキットは、骨髄患者の5q染色体上のLSI EGR1プローブターゲットの検出に広く使用されています。また、アボットリアルタイムIDH1は、急性骨髄性白血病(AML)の診断用に最近発売されました。この要因により、世界の急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカー検査市場は、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。ただし、バイオマーカーテストの高コスト、厳格な規制ポリシー、および低い検出率は、急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカーテスト市場を妨げると予想されます。

バイオマーカータイプ別

遺伝性急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカー

FLT3
NPM1
TP53
MU-AML
その他

エピジェネティックな急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカー

IDH1 / 2
TET
DNMT3A

プロテオミクス急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカー

HNRH1
CALR
FIBA
HSP

エンドユーザー別

病院
がん診断センター
研究所
その他

急性骨髄性白血病バイオマーカーテスト市場の地理的な広がりを知るのはどうですか? 急性骨髄性白血病バイオマーカー検査市場レポートの「目次」を一瞥してください! https://www.persistencemarketresearch.com/toc/26236

バイオマーカーの種類に基づいて、遺伝性急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカーは、多くの大手製造会社が市場で遺伝子バイオマーカー検査製品を発売しているため、急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカー検査市場で最大の収益シェアを記録すると予想されます。一方、エンドユーザーの間では、がん診断センターは予測期間中に最高の成長率を記録すると予想されます。

地理的に、世界の急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカーテスト市場は5つの主要な地域に分割されます。北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、および中東とアフリカ。北米は、癌の有病率の上昇により、急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカー検査市場の主要市場になると予測されています。アメリカ癌協会(ACS)の報告によると、2017年には、米国だけで1,688,780の新しい癌症例が診断され、600,920の癌による死亡が推定されています。

ヨーロッパは、急性骨髄性白血病(AML)を診断および治療するための研究開発活動が増加しているため、世界の急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカー検査市場で2番目に大きなシェアを占めると予想されます。 APAC急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカー検査市場は、この地域での癌状態の高い有病率である癌の診断と予防における非侵襲的技術の需要の増加により、最も急速に成長する市場になると予想されます。

どの技術/製品が急性骨髄性白血病バイオマーカー検査市場への収益の大部分を牽引しているか知りたいですか?詳細については、急性骨髄性白血病バイオマーカー検査市場レポートを事前に予約してください。 https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/26236

世界の急性骨髄性白血病(AML)バイオマーカー検査市場で特定されたプレーヤーには、アボットラボラトリーズ、ノバルティスAG、サーモフィッシャーサイエンティフィック、キャンサージェネティクスインク、シスメックスコーポレーション、エピゲノミクスAG、ビオメリューSA、スカイラインDXBVなどがあります。 。

私たちに関しては:

Persistence Market Research は、カスタマー エクスペリエンスの向上に関するワンストップ ソリューションを企業に提供するためにここにあります。 それは、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠けている」リンクとして機能することにより、顧客体験に価値を追加するために、パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て適切なフィードバックを収集することに関与しています。 可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

持続性市場調査
住所 – 305 Broadway, 7th Floor, New York City, NY 10007 United States
米国 Ph. – +1-646-568-7751
米国-カナダ フリーダイヤル – +1 800-961-0353
販売 – sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト – https://www.persistencemarketresearch.com

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close