News

有機飼料市場の着実な成長は2018年から2028年までに目撃される

このレポートは、有機飼料市場の予測と分析を提供します。 2013年の履歴データと2018年の推定データ、および収益(US $ Mn)とボリューム(Tons)の観点から2028年までの予測データを提供します。レポートには、グローバル市場向けの有機飼料の見通しと相まって、マクロ経済指標も組み込まれています。これには、成長ドライバーと有機飼料市場の制約、および予測期間中の地域セグメントに対するこれらの側面の影響が含まれます。

このレポートはまた、消費者と有機飼料製品の機会に関する現在の問題に関する研究を巻き込んでいます。また、バリューチェーン分析も含まれます。レポートの読者に市場の包括的なビューを提供するために、主要な市場プレーヤーに関する詳細な競争力分析、およびそれらの戦略的概要がレポートに含まれています。ダッシュボードは、製品の提供、総収益、および主要な戦略を含むパラメーターについて、有機飼料メーカーの詳細な比較を行います。この研究には、自然、最終用途、および地域に基づく市場の魅力分析が含まれています。

製品フットプリントの強化に関する詳細な洞察については、こちらからサンプルをリクエストしてください- https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=S&rep_id=1552

市場の詳細な調査を通じて、当社のアナリストは、エンドユーザーが従来の飼料から有機飼料に移行する傾向があり、その結果、複数の市場参入者が生まれる可能性があることを観察しました。また、有機飼料生産の低コストは、近い将来の市場の成長の前兆となる可能性があります。レポートはさらに、家禽および反芻動物産業での有機飼料の使用は、このセグメントを対象とする有機飼料の生産者に有利な市場機会をもたらす可能性が高いと述べています。

有機飼料市場:主要セグメントの詳細な評価

レポートには、有機飼料の主要生産者の企業プロファイルと、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、CISとロシア、日本、日本を除くアジア太平洋(APEJ)、中東とアフリカ(MEA)の主要企業から調達した収益が含まれています。 。フォームの種類によって、有機飼料市場はペレット、崩れなどに分割されます。最終用途に基づいて、有機飼料市場は家禽、反芻動物、豚、水産養殖、およびその他の最終用途に分割されます。販売チャネルに基づいて、有機飼料市場は企業間取引、および企業間取引(専門店、オンライン販売チャネルなど)に分割されます。

レポート方法についてさらに情報が必要ですか?ここをクリック- https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=RM&rep_id=1552

収益の見積もりについては、地域の平均価格は、多数の有機飼料製造業者、輸出業者、および流通業者からの見積もりを通じて得られました。すべての主要な最終用途セグメントが検討され、潜在的なアプリケーションが二次資料および一次回答者からのフィードバックの観点から解明されました。モデリングアプローチのために収集された重要なデータポイントのいくつかには、植えられたジャガイモの総面積、平均収量、総生産量、直接消費された量対有機飼料への処理に使用された量が含まれます。企業レベルの市場シェアは、それぞれの最終用途での有機飼料の使用量に基づいて導き出されます。市場予測は、一定の為替レートに基づいて提案されています。

レポートは、詳細な競争力のある分析、および有機飼料市場の成長を支える主要な参加者のプロファイルを提供します。分析された有機飼料市場で活動している主要なプレーヤーのいくつかは、Cargill、Incorporated、Land O’Lakes、Inc、ForFarmers NV、Kreamer Feed、Inc.、Scratch and Peck Feeds、Country Heritage Feeds、Feedex Companies Llc、Green Mountain Feeds、とりわけAusOrganicFeed。

この独占レポートのフルアクセスは、次のURLで入手できます。 https://www.factmr.com/checkout/1552/S

organic feed market

有機飼料市場:調査方法

このレポートを作成する際に、アナリストは多くの一次資料と二次資料を参照しました。二次資料には、出版物や会社の年次報告書が含まれます。アナリストによる包括的なインタビューが実施され、得られたインテリジェンスと洞察は、二次調査を通じて得られた情報を検証するために使用されました。レポートには、調査目的で使用される仮定と頭字語の説明も含まれています。収集されたデータは、三角測量法を使用して検証されており、有機飼料市場に関する有用な定量的および定性的洞察を提供します。

量と価値に基づいて市場規模を確認するために、主要なプレーヤーによって生み出された収益とその生産能力が考慮されます。実証済みのテスト済みの研究アプローチに裏打ちされたこのレポートは、有機飼料市場に関する必要な情報を提供しました。業界の専門家やオピニオンリーダーから得られた定性的な側面も、有機飼料市場に関するこの洞察に満ちたレポートを作成する際に、アナリストによって守られてきました。二次調査は、有機飼料市場の全体的なサイズを確認するために活用されます。

レポートで提供される短い市場の視点は、食品および飲料の世界的な需要や消費財セクターに影響を与えるeコマースの傾向を含む有機飼料市場の成長に影響を与えるマクロ経済的側面を明らかにします。オーガニックフィードマークのグローバル価格分析、抑制分析、および機会分析etもレポートに組み込まれています。 このレポートは、有機飼料市場に関する真のインテリジェンスのリソースとして機能し、読者がビジネスの将来の方向性について事実に基づいた決定を下せるようにします。

詳細情報:http://www.globenewswire.com/en/news-release/2019/10/10/1928118/0/en/East-Asia-to-Account-for-Nearly-Half-the-Global- Sales-in-the-Shaped-Liquid-Cartons-Market-Finds-Fact-MR-Study.html

Fact.MRについて

違いのある市場調査・コンサルティングエージェンシー!そのため、フォーチュン1,000社の80%が、最も重要な決定を下すために私たちを信頼しています。米国とダブリンにオフィスがありますが、グローバル本社はドバイにあります。経験豊富なコンサルタントが最新のテクノロジーを使用して見つけにくい洞察を抽出していますが、USPはクライアントが専門知識に対して持っている信頼であると信じています。自動車およびインダストリー4.0からヘルスケアおよび小売まで幅広い範囲にまたがっており、当社の対象範囲は広範ですが、最もニッチなカテゴリーでさえも分析されるようにしています。あなたの目標を私たちに連絡してください。そうすれば、私たちは有能な研究パートナーになります。

連絡先:
米国営業所:
11140ロックビルパイク
スイート400
メリーランド州ロックビル20852
アメリカ
Tel:+1(628)251-1583

本社:
ユニット番号:AU-01-Hゴールドタワー(AU)、
プロット番号:JLT-PH1-I3A、
ジュメイラレイクタワーズ、
アラブ首長国連邦、ドバイ
Esales@factmr.com
ウェブサイト:https://www.factmr.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close