技術

自動車用発泡ポリプロピレンフォーム市場レポート2021年から2031年| グローバルトレンド

自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォーム市場予測、傾向分析、競争追跡-グローバルレビュー2021年から2031年

市場概況

2020年には、Covid-19のパンデミックで課せられた制限により、自動車用発泡ポリプロピレンフォームの需要が大幅に減少しました。 2020年は、この市場のメーカーに多くのハードルをもたらしました。

しかし、この状況は2021年に正常化しており、市場のプレーヤーは継続的なイノベーションとアップグレードを通じて以前の市場での地位を回復するようになっています。

フォームには、ポリウレタンフォーム、ポリウレタンフォーム、オレフィン、ポリスチレンフォームなど、さまざまなタイプがあります。2021年、自動車メーカーは、優れた耐薬品性と耐熱性、および幾何学的な自由度により、他のフォームと比較してポリプロピレンフォームを選択しています。それが顧客を引き付けるために提供するデザイン。

自動車のインテリアトリム、バンパー、バッテリーケース、トレイ、フェンダーライナー、インストルメンタルパネル、ドアトリムへのこれらのフォームの適用性の高まりは、市場で高い需要を生み出し続けています。

JSPコーポレーションやハンファグループなどの大手企業が2021年に環境にやさしいポリプロピレンフォームを追加したことで、自動車メーカーの間で大きな魅力が生まれています。これらのメーカーは、製品で革新を行っており、製品の複数の耐衝撃性、浮力、成形性を保証しています。

有機と無機の両方の戦略的戦術の採用は、2021年の大手メーカーの最優先事項です。製品の承認、製品の強化、革新、パートナーシップ、合弁事業、研究開発、コラボレーションなどは、戦うためにマーケターが獲得した戦術の一部です。競争の激化。

たとえば、JSP Corporationは、2020年4月21日に、15%のリサイクルされた海事廃棄物で作られた高度に変更されたポリプロピレンフォームを発売しました。 40から70g / lの間。

この導入により、世界のさまざまな地域からの需要の高まりにより、会社の収益性と市場シェアが向上しました。現在、「Arpro 35 Ocean」は、市場をリードする発泡ポリプロピレンフォームです。

レポートの無料デモをリクエスト –  https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=B&rep_id=500

いくつかの注目すべきレポート:

–この市場調査レポートが商業的特徴を獲得する程度の分析を、それをよりよく理解するのに役立つ情報の例またはインスタンスとともに提供します。

– また、オファー、価値、保証など、慣習的/標準的な契約条件を特定するのにも役立ちます。

– また、このレポートは、成長率を予測するための傾向を特定するのに役立ちます。

– 分析されたレポートは、需要と供給の一般的な傾向を予測します。

軽量車両の成長傾向により、自動車用発泡ポリプロピレンフォーム市場のメーカーは、幅広い消費者層にアピールするために需要の高いコンポーネントを設計するようになっています。自動車用発泡ポリプロピレンフォームを金属と組み合わせると、軽量化、衝撃吸収性の向上、車両の振動と減衰の軽減に役立ちます。

その結果、自動車メーカーは、軽量車両の加速傾向を利用するために、自動車用発泡ポリプロピレンフォームの使用の増加に焦点を合わせています。

バイオプラスチック産業が急速に加速している一方で、バイオベースのポリプロピレンの需要は成長する可能性があります。増大する炭素排出を阻止するためのバイオプラスチックの促進のために構想されたいくつかの規制イニシアチブがありました。

炭素排出に関する政府規制の高まりは、自動車用発泡ポリプロピレンフォーム市場でのバイオベースポリプロピレンの採用を誘発する可能性があります。

1970年にJSPによって開発された発泡ポリプロピレン(EPP)フォームは、1982年に日本で最初に自動車製品に使用されました。それ以来、他の市販の気泡フォームと比較して優れた物理的特性を備えた自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォームは、安全性や消音など、自動車業界でいくつかの用途があります。

さらに、自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォームは、熱回収ユニット、温水バルブ断熱材、およびその他の軽量剛性構造に使用されています。自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォームは、複数の衝撃に耐え、変形することなく元の形状に戻ることができるため、安全用途で非常に使用されています。自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォームは、シートやその他の内装部品など、その他の自動車部品やシステムで広く使用されています。

通常、自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォームは、自動車用途向けに黒色で入手できます。自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォーム市場の一部のベンダーは、プレゼンテーショングレードのテクスチャ表面に適した鮮やかな色の自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォームを提供しています。

自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォームは、カーペット床下レベリングシステム、側面衝突保護、自動車に取り付けられた前面衝突保護アセンブリなどの内部および外部コンポーネントに人気があります。理想的な費用対効果の高い材料、低い工具費、およびより短いリードタイムの​​自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォームは、市場に存在する他のタイプの気泡フォームを支配します。

工業用および自動車用包装などの用途で使用されるビーズフォームは、発泡ポリプロピレンフォームとして知られています。このフォームは、耐衝撃性、断熱性、耐水性と耐薬品性、優れたエネルギー吸収など、独自の優れた特性を示します。

独自の緩衝能力と複合材料の形状を大幅に保護する柔軟性により、自動車用発泡ポリプロピレンフォームは工業用パッケージに広く使用されています。

自動車用発泡ポリプロピレンフォームには、低密度と高密度の発泡ポリプロピレンフォームの2種類があり、さまざまな密度で入手できます。高品質の発泡ポリプロピレンフォームは、優れた強度と軽量化された特性を示します。

主な提供物:

– 収益別の市場規模と予測

-市場のダイナミクス – 主要なトレンド、成長ドライバー、抑制、投資機会

– 市場セグメンテーション – 製品別、タイプ別、エンドユーザー別、アプリケーション別、セグメント別、地理別の詳細分析

要件を共有し、カスタマイズされたレポートを入手 –  https://www.factmr.com/connectus/sample?flag=RC&rep_id=500

自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォーム-地域の見通し

自動車用発泡ポリプロピレンフォーム市場は、アジア太平洋、日本、北アメリカ、ヨーロッパ、MEA、ラテンアメリカなどのさまざまな地域に分割されています。 2016年末までに、北米地域は自動車用発泡ポリプロピレンフォーム市場で目覚ましいシェアを獲得しました。

これは、この地域での自動車生産の増加によるものです。アジア太平洋地域は、韓国、中国、インドなどの発展途上国でのプレミアム車と軽量車の製造が増加しているため、予測期間を通じて高い複合年間成長率を記録する可能性があります。

北米とアジア太平洋地域を除いて、ヨーロッパも拡大したポリプロピレンフォーム市場の良好な成長を示しています。ヨーロッパの市場のこの成長は、建設、消費者製品、および建築と建設への応用によるものです。成長する建設活動は、MEA地域の市場の成長を後押ししています。一方、ラテンアメリカは、工業化の進展により、予測期間を通じて高い成長率を記録する可能性があります。

自動車用発泡ポリプロピレン(EPP)フォーム-キープレーヤー

古河電気工業株式会社、ソノコプロテクティブソリューションズ、ハンファコーポレーション、DSスミスプラスチックス、BASF SE、ウッドブリッジグループ、JSPコーポレーション、カネカコーポレーション、SSWパールフォームGmbHは、自動車用発泡ポリプロピレンフォームで機能する主要メーカーです。市場。

この分析的調査研究は、歴史的インテリジェンス、実用的な洞察、および業界で検証され、統計的に支持された市場予測を提唱しながら、市場に関する包括的な評価を提供します。この包括的な研究を開発するために、検証済みの適切な一連の仮定と方法論が活用されています。レポートに組み込まれている主要な市場セグメントに関する情報と分析は、加重された章で提供されています

購入する理由:

成長、規模、主要なプレーヤー、およびセグメントを特定することにより、エントリーレベルの調査を実行する時間を節約し、削減します。

企業がビジネス戦略を再調整するのを支援するために、重要なビジネスの優先順位を強調します。

主要な調査結果と推奨事項は、重要な進歩的な業界動向を強調しているため、プレーヤーは効果的な長期戦略を開発できます。

先進国および新興市場向けの実質的な成長サービスを利用して、事業拡大計画を策定/修正します。

市場を牽引する要因とそれを阻害する要因と併せて、世界市場の動向と見通しを詳細に調査します。

製品、セグメンテーション、業種に関する商業的利益を支える戦略を理解することにより、意思決定プロセスを強化します。

: 特別な要件がある場合は、お知らせください。ご希望に応じてレポートを提供します。 Fact.MR は、当社のサービスを信頼し、確実に当社のハードワークに頼る満足のいく顧客を作り出すことに長けています。 99.9%という輝かしいお客様満足度に満足しております。

続きを読む Fact.MR のトレンドレポート:   https://www.globenewswire.com/en/news-release/2019/09/11/1914197/0/en/Peak-Flow-Meters-to-Ride-on-Portability-Quotient-Gains-Remain-Driven-by-Introduction-of-Smart-and-Efficient-Variants-Fact-MR.html

Fact.MRについて

市場調査・コンサルティング会社と差をつける! そのため、Fortune 1,000 企業の 80% が、最も重要な決定を行う際に当社を信頼しています。 米国とダブリンにオフィスがありますが、グローバル本社はドバイにあります。 私たちの経験豊富なコンサルタントは、最新のテクノロジーを採用して見つけにくい洞察を引き出していますが、私たちの USP は、クライアントが私たちの専門知識に対して持つ信頼であると信じています。 自動車 & インダストリー 4.0 からヘルスケア & リテールまで、幅広い範囲に及びますが、最もニッチなカテゴリでも確実に分析します。 あなたの目標を私たちに伝えてください.

連絡先:
米国営業所 :
11140 ロックビル・パイク
スイート 400
メリーランド州ロックビル 20852
アメリカ
電話: +1 (628) 251-1583
電子メール: sales@factmr.com

本社:
ユニット番号:AU-01-H ゴールドタワー(AU)、
プロット番号: JLT-PH1-I3A、
ジュメイラ・レイクス・タワーズ、
ドバイ、アラブ首長国連邦

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close