Newsニュースプレスリリース

自己炎症症候群市場の成長を定義するグローバル

自己炎症症候群は、一時的な病気を引き起こし、感染の原因がない自己炎症性疾患です。自己炎症症候群は遺伝性であり、小児期にも発症します。それは、さまざまな遺伝的欠陥、症候群の臨床的特徴、体の患部、患者の年齢、および患者が属する世界の地域によって定義されます。治療は遺伝子欠損の理解に基づいています。症状の類似性にもかかわらず、周期性発熱症候群には、遺伝形式、原因、長さ、および「攻撃」の頻度が異なります。周期性発熱症候群に関連する慢性症状には、クリオピリン関連周期症候群(CAPS)、高免疫グロブリン血症D症候群(HIDS)などがあります。 、TNF受容体関連周期症候群(TRAPS)および周期性発熱、アフタ性口内炎、咽頭炎、腺炎症候群(PFAPA)。自己炎症症候群の症状は、重症度の違いを伴って、本質的に周期的であり、行き来します。

自己炎症症候群は多くの臓器や組織に影響を及ぼし、発作中の高温とともに独自の一連の症状を示します。フィブリノーゲンや血清アミロイドAなどの急性期反応物の血清レベルの上昇、白血球増加症、および高レベルの赤血球沈降速度(ESR)は、自己炎症症候群に関連しています。

自己炎症症候群の市場レポートのサンプルを見てみませんか? https://www.persistencemarketresearch.com/samples/12190

定期的な発熱のある患者には、診断ツールと遺伝子検査が利用できます。定期的な発熱、口内炎、咽頭炎、腺炎症候群(PFAPA)などの一部の状態では、遺伝子検査はまだ利用できません。遺伝性の定期的な発熱症候群(HPFS)はまれであり、短時間の再発性発作を特徴とします。これらの発作は、抗生物質、抗炎症、または免疫抑制治療を使用せずに寛解します。患者は健康を感じ、定期的な発熱の次のエピソードが発生するまで日常生活に戻ります。

以前は、TNF受容体関連周期性症候群(TRAPS)、高免疫グロブリン血症D症候群(HIDS)/メバロン酸キナーゼ欠損症(MKD)の治療に承認された薬はありませんでした。 2016年9月、米国食品医薬品局(FDA)は、ノバルティスのイラリス(カナキヌマブ)に、これら3つのまれで異なるタイプの自己炎症症候群の治療への使用拡大を許可しました。コルチコステロイドおよび非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は、症状の抑制に役立ちますが、自己炎症症候群の予防には役立ちません。

定期的な熱症候群市場を覗き見したいですか?自己炎症症候群市場レポートの「目次」にアクセスしてください! https://www.persistencemarketresearch.com/toc/12190

表示

高IGE症候群D症候群(HIDS)
家族性地中海熱(FMF)
TNF受容体関連周期症候群(TRAPS)
クリオピリン関連周期症候群(CAPS)
その他

処理

経口抗炎症薬(コルチコステロイド)
非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)
抗TNF療法
スタチン
その他

エンドユーザー

病院
小売薬局

地理学に基づいて、世界の定期的な自己炎症症候群市場は5つの主要な地域に分割されます。北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジア太平洋、および中東とアフリカ。北米は、米国からの高い需要により、世界の自己炎症症候群市場を支配すると予想されます。

定期的な発熱症候群市場の最新の調査結果を把握したいですか?自己炎症症候群市場レポートを今すぐ購入してください! https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/12190

世界の定期的な自己炎症症候群市場の主要なプレーヤーのいくつかは、ノバルティスAG、シンバスタチン、メルクアンドカンパニーインク、スウェーデンの孤児バイオビトルムABです。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。 「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために、パーソナライズされた顧客とのやり取りを経た後、適切なフィードバックを収集します。 可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所-305Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
我ら。 Ph .- + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル-+ 1800-961-0353
セールス-sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト-https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close