Newsニュースプレスリリース

筋萎縮性側索硬化症市場は驚異的な注目を集めています

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、脳と脊髄の神経細胞に影響を及ぼし、随意筋の活動を制御する神経疾患です。ルーゲーリック病とも呼ばれます。 ALSの背後には、遺伝子変異、無秩序な免疫応答、化学的不均衡など、いくつかの原因があります。

ALSの症状には、主に線維束性収縮、呼吸器系の問題、筋肉の衰弱、けいれんなどがあります。呼吸障害によるALS患者の死亡率が高い。 ALS疾患はまれであり、世界中の100,000人に1人または2人が罹患しています。

ALSに冒された患者の数の増加は、ALS治療市場の成長を推進する主要な要因の1つです。

このレポートのサンプルコピーを入手@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/9626

散発性および家族性はALS疾患の2つのタイプであり、散発性疾患は米国の全症例の90〜95%で見られる最も一般的な疾患であり、希少疾患の研究を調査する政府のイニシアチブとFDAの承認はさまざまな市場に機会を生み出します筋萎縮性側索硬化症治療の世界市場が予測期間中に健全なCAGRで拡大すると予想されるプレーヤー。

有病率が低いため、この病気に対する認識と治療の利用可能性の低さが、ALS治療市場の成長を妨げています。

ALS治療薬市場での競争は、市場に1つの薬剤しか存在しないために弱いです。リルゾールは、FDAによって承認され、患者の生存率を高める市場を支配している唯一の薬剤です。また、ALSの有効性が低く、費用が高く、治療の安全性が中程度であるため、リルゾール薬の利用が制限されています。

このレポートの目次を入手@https://www.persistencemarketresearch.com/toc/9626

世界的な高齢化人口の増加は、ALS治療市場の発展を拡大するでしょう。コラボレーティブALS創薬イニシアチブ(CADDI)と政府規制は、ALSの新薬開発と治療を加速するためのイニシアチブを取り、パイプライン薬の数をさらに増やします。

北米は、ヨーロッパに続く筋萎縮性側索硬化症治療の世界市場で最大の収益シェアに貢献すると推定されています。アジア太平洋地域は、ALS疾患の発生率が高いため、より高い成長率で成長すると予想されます。

完全なレポートを取得@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/9626

アジア太平洋、中東、アフリカの発展途上国は、これらの地域での多数の外科手術により、世界的な筋萎縮性側索硬化症治療の成長の大きな可能性を秘めています。

筋萎縮性側索硬化症治療市場の主要企業は、GNT Pharma、Amkor Pharma、Synthetic Biologics、Mitsubishi Tanabe Pharma、Avicena inc、sanofiであり、ジェネリック版はApotex Corp、Mylan Pharmaceuticals Inc、ImpaxLaboratoriesによって製造されています。

市場セグメンテーション:

薬の種類別

リルゾール
Nuedexta

治療の種類別

化学療法
幹細胞治療

流通チャネル別

病院
診断センター
クリニック
小売薬局

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。 パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客体験に付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。 可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close