Newsニュースプレスリリース

精子バンク市場への最大のキャッシュフローを生み出すトップマーケットプレーヤー

精子バンクは、人間の精子提供者から集めた精子を集めて保管し、妊娠するためにそのような精子を必要とする女性に提供する専門組織です。精子バンクはクライオバンクまたは精液バンクとも呼ばれ、バンクに提供された精子はドナー精子と呼ばれ、精子挿入のプロセスは人工授精と呼ばれます。精子バンクで精子を使用することによって達成される妊娠は、性交によって達成される自然妊娠に類似していることは注目に値します。

精子バンクの運営に関与する主要なメカニズムは、生理学的問題、未亡人、年齢などのさまざまな理由により達成できない貧しい女性への精子提供者から提供された精子の提供の根底にあります。妊娠。精子バンクは、精子提供者と正式な契約を結び、通常6〜24か月間、精子を生産して銀行に寄付する必要があります。

このレポートのサンプルコピーを入手@ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/5330

通常、金銭的補償は精子提供者に提供されます。ドナーは2年以上精子を提供することができますが、各国の法律や規制、血族関係の脅威の可能性があるため、契約は最長2年間のみ行われます。ドナーは、男性の生産室と呼ばれる特別な部屋で精子を生産します。これから、精液に存在する他の物質から精子を抽出するために、精液が洗浄されます。

凍結保存の場合、凍結防止剤の精液増量剤がサンプルに追加されます。通常、精子提供者から収集された精液の1つのサンプルから約20本のバイアルを抽出できます。これらのバイアルは、液体窒素(N2)タンクに凍結保存された状態で保管されます。通常、精子は約6ヶ月間保存されます。ただし、長期間保存することはできます。

目次のリクエスト@ https://www.persistencemarketresearch.com/toc/5330

精子バンクが提供するサービスには、精子の提供、ドナーの選択、ドナーの選択のためのレシピエントの指導、赤ちゃんの性別の選択、および精子の販売が含まれます。精子バンクは妊娠できない女性に大きな役割を果たしていますが、レズビアンのカップルなどによる精子の使用など、いくつかの物議を醸す問題のために、各国の政府の医療機関は精子バンクに厳しい規制を課しました。米国では、精子バンクはFDAによって規制されており、ヒト細胞またはヒト組織またはヒト細胞および組織(HCT / P)として扱われますが、欧州連合ではEU組織指令によって規制されていますが、英国では、それは人間の受精および胚学の権威によって規制されています。

精子バンクの世界市場は、女性の流産の蔓延、精子貯蔵業界の技術革新、この種の妊娠に対する意識の高まりなどの市場成長の推進力により、予測期間中に着実に増加すると予想されます。流産率の増加は、市場の成長を促進する主要な推進力の1つです。 HopeXchangeが発行した調査レポートによると、米国で毎年行われている440万人の妊娠のうち、約100万人の妊娠が流産につながっています。

完全なレポートにアクセス@ https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/5330

同様に、性交なしで達成されたそのような妊娠に対する懸念が高まっているため、重要な市場成長の推進力でもあります。一方、さまざまな政府規制、精子バンクとドナーに対する否定的な考え方、精子バンクの運営に関連する高コスト、世界のさまざまな地域への限られた広がりは、市場成長の主要なハードルの一部です。

市場で活動している主要なプレーヤーには、Cryos International Sperm Bank、FairFax Cryobank、Androcryos、New England Cryogenic Center、Inc。などが含まれます。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。 パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。 可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close