Newsニュースプレスリリース

病院は技術的アップグレードを現金化するためにグラム陰性菌感染症市場を治療しました

Persistence Market Researchは、「病院で治療されたグラム陰性菌感染症市場」というタイトルのレポートで、ヘルスケア業界が進化するあらゆる技術的進歩への道を開いています。レポートを作成する際に、ヘルスケア業界での特定の事柄の開始から最終結果、そして現代の研究とテクノロジーがそこで果たす役割まで、すべてのパラメーターが考慮されました。

グラム陰性菌は、正常な免疫系を持っている人には非病原性です。しかし、グラム陰性菌を持っている弱い免疫システムを持つ人では、重要な病原体として振る舞うことができます。そのような微生物の影響を防ぐ能力は、抗菌剤の耐性によって著しく妨げられます。上記が導入の理由であり、抗生物質と医師の組み合わせに関する継続的な研究は、院内感染を治療するための適切な経験的抗生物質療法の選択に現在集中しています。

さらに、多剤耐性グラム陰性菌は、患者にとって説明責任のある脅威であることが判明しており、感染症のカテゴリーで死亡率が30%から70%に上昇する原因となっています。広域抗生物質の不適切な使用は、MDRGNの出現に大きく貢献しています。これらの非常に耐性のあるグラム陰性菌の出現と伝播は、現在利用可能な抗菌剤の数が限られているため、またはパイプラインでこれらの微生物と戦うために懸念事項です。

グラム陰性菌は、人間の腸内に自然に生息している植物相に影響を与えた多くの病気の病原体および保菌者です。そのようなバクテリアが抗生物質に耐性を持つようになる理由はたくさんありますが、それらは過去に敏感でした。その結果、従来の抗生物質は、これらの微生物によって引き起こされる病気や感染症の治療にもはや効果的ではありません。

このレポートのサンプルコピーを入手@
https://www.persistencemarketresearch.com/samples/12910

世界的にさまざまな希少疾患の有病率が上昇していることは、病院で治療されるグラム陰性菌感染症市場の基準をサポートすることが期待されています。微生物に適切な効果をもたらすための新薬の必要性が高まっています。細菌株の数の増加と既存の病原体に対する耐性の増加は、病院で治療されるグラム陰性菌感染症を使用する薬剤の市場に有利に働くと予想されます。世界はグラム陰性菌によって引き起こされる感染症のための薬を使い果たしています。しかし、企業は研究開発にますます投資することで、医薬品の発見に力を注いでいます。

さらに、すべての細菌耐性の問題の中で、グラム陰性病原菌は特に厄介であり、現在利用可能な最大の薬剤に耐性を示しているため、医師のコミュニティで大きな懸念の理由となっています。最も一般的なグラム陰性菌感染症には、腸内細菌科、緑膿菌、アシネトバクターなどの病原体が含まれます。汎耐性またはほぼ汎耐性のグラム陰性菌に苦しむ患者の治療に対する主要な課題が高まっています。

市場セグメンテーション:

病院で治療されたグラム陰性菌感染症市場の世界市場は、医薬品のクラス、適応症、用途、および流通経路に基づいて分割されています。

治療によるセグメンテーション

セファロスポリン、アミノグリコシド
アンピシリン/スルバクタム、カルバペネム、コリスチンまたはリファンピン
アミノグリコシド、カルバペネム、コリスチン、ホスホマイシン、リファンピン、またはチゲサイクリン
セフトロザン/タゾバクタム
セフタジジム/アビバクタム
その他

病原体タイプによるセグメンテーション

クレブシエラ
アシネトバクター
大腸菌
セパシア
シュードモナス
セラチア
エンテロバクター
その他

目次のリクエスト@
https://www.persistencemarketresearch.com/toc/12910

抗生物質の強力で頻繁な投与は、特に病院、老人ホーム、介護施設などの医療施設で発生する病気のグラム陰性感染症の標準治療になりつつあります。頻繁に獲得される感染症の結果として、抗菌薬耐性率の上昇は、多剤耐性グラム陰性病原菌に対する活性を備えた新しい抗生物質療法を導入する緊急の必要性を余儀なくさせました。

その結果、さまざまな商業的機会が、特に医療施設、耐性感染症の患者の臨床効果を定義する最新のブランド、正確には高い死亡率に関連するブランドに分類されます。それにもかかわらず、病院は、病院や他の医療施設の患者が獲得する基本的な清潔さ、治療のための消毒器具の使用、抗生物質の乱用の結果を人々に知らせるなどの感染を防ぐための完璧な措置を講じる必要があります。

しかし、上記の理由は、病院で治療されるグラム陰性菌感染症に使用される薬剤の市場の障害としてさらに作用する可能性がありますが、何らかの形で現在存在する抗生物質の牽引力を維持することが期待されます。現在利用可能なグラム陰性菌感染症薬に対する示されている改善は、政府と製薬会社の間の償還および価格交渉において重要であると予想されます。病院の処方集にグラム陰性菌感染症抗生物質を配置することも、病院で治療されるグラム陰性菌感染症薬市場における市場アクセスの主要な推進力になると期待されています。

さらに、病院で治療されるGNI市場は、ほとんどの感染症がジェネリック医薬品の形で存在する古い薬剤で効果的に治療できるため、市場で入手可能なジェネリック医薬品によって支配されています。市場。新規で最近承認された抗生物質は、通常、古い抗生物質がグラム陰性菌に強く抵抗している場合に、将来の見通しのために予約されています。

完全なレポートにアクセス@
https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/12910

地域の存在に基づいて、病院で治療されたグラム陰性菌感染症市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカの5つの主要地域に分割されています。現在、北米は、研究開発のための既存の多数の施設のために、病院で治療されるグラム陰性菌感染症の世界市場を支配しています。ただし、アジア太平洋地域の成長は、抗生物質投与の不適切なスケジュールによる耐性の上昇により、予測期間にわたってCAGRの観点から重要です。米国の病院で治療されたグラム陰性菌感染症市場は、市場シェアの点で支配的であり、すべての地域で大きなシェアを占めると予想されています。

このグループには、Merck、Pfizer、AstraZeneca、Abbott、Lupin Pharmaceuticals Ltd.、Istituto lusofarmaco d’italia spa、Adelco S.A、Zhejiang yuntao biotechnology co。、Ltd、Alcon Laboratories、Inc。などのプレーヤーがいます。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close