Newsニュースプレスリリース

外科用プローブ市場のレジを鳴らし続けるためのトップキープレーヤー

今後、ヘルスケア業界では、新たな規範が見られる可能性があります。言い換えれば、サプライチェーン、技術プロジェクト、重要な供給、規制、および回復力を管理するための新しいヘルスケアの垂直的正常性は、データ共有と病気への対応のために政府間および政府機関によって構築された新しいフレームワークになります。外科用プローブ市場は、民間および公共のコラボレーションと提携に沿って動くためにあります。

手術器具は、主に特定の動作を実行するために使用される、または手術中に望ましい効果を生み出すように機能する特別に設計されたデバイスです。一般的に手術で使用されるいくつかの種類の手術器具およびツールが発見されていますが、その他は手術中の特定の手順用に設計されています。さまざまな種類の手術器具が利用可能ですが、一部の手術では、手術の全プロセスを成功させて効果的に実行するために連携する必要がある定義済みの手術器具が必要です。

手術用プローブは、手術プロセスで非常に重要な多くの手術器具の1つです。外科用プローブは、特定の機能を実行して外科手術で目的の目標を達成するのに役立つように特別に設計された器具です。外科用プローブは、先端が鈍い球根状の柔軟または剛性の細いロッドです。外科用プローブは、生体組織の修正や、創傷、瘻、副鼻腔、その他の空洞の探索に役立つ、正確に設計された器具です。として、それは患者の健康に関係しているので、医師は特定の器具を使用して手術のすべての手順を整然と効果的に実行することに非常に慎重になりました。

したがって、外科用プローブ市場は、プローブの位置を見つけてその下にある画像誘導手術で体組織を表示するのに役立つため、需要があります。 。各プローブチップには、感度を最大化するためのカスタムフィット検出クリスタルが装備されています。プローブの選択は、手術の用途によって異なります。ガンマプローブは優れたタングステン側シールドを備えているため、近くの光源からの活動が実際の測定に干渉することはありません。

市場は、特定の外科用ツールおよび機器の需要の増加につながる外科手術の数の増加によって推進されています。さらに、特に老人ベースの人口を伴う慢性疾患の発生率の増加はまた、手術器具の需要の増加につながる。さらに、医療費の増加を考慮すると、再建および形成外科の需要の高まりと技術の進歩により、近い将来、外科用プローブ市場が後押しされると予想されます。一方、十分な償還の欠如と厳格な政府規制は、予測期間中の市場の成長を抑制する可能性があります。

競合他社の「先を行く」ために、ここでサンプルをリクエストしてください@ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/13894

市場セグメンテーション:

製品の種類に基づいて、世界の外科用プローブ市場は次のように分類されます。

高感度プローブ
フレックスプローブ
ワイヤレスプローブ
腹腔鏡プローブ
ミディプローブ
ベータプローブ
PET(陽電子放出断層撮影)プローブ
クリスタルコントロールユニット

アプリケーションに基づいて、世界の外科用プローブ市場は次のように分けられます。

乳がんの手術
前立腺がんの手術
内視鏡手術
肺手術
頭の手術
首の手術
その他

エンドユーザーに基づいて、世界の外科用プローブ市場は次のように分けられます。

クリニック
三次病院

ここから目次をリクエストできます@
https://www.persistencemarketresearch.com/toc/13894

製品タイプに基づいて、世界の外科用プローブ市場は、ハイプローブ、フレックスプローブ、ワイヤレスプローブ、腹腔鏡プローブ、ミディプローブ、ベータプローブ、PETプローブ、クリスタルコントロールユニットプローブなどに分割されます。メラノーマの慢性疾患生検の場合、乳癌、前立腺癌などの癌の外科的治療など、さまざまな外科的用途。現在、高感度ストレートプローブは、メラノーマの生検用に最適化されたワイヤレスガンマプローブで利用できます。フレックスプローブは、ストレートプローブとアングルプローブのどちらが乳がんのリンパ節の局在化に適しているかを検出するために使用されます。ミディプローブは、特に小さな手術創を伴う開腹手術で使用され、頭頸部領域にも使用されます。

エンドユーザーに基づいて、世界の外科用プローブ市場は、次のように三次病院と診療所に分けられます。三次病院は、予測期間中に診療所よりも市場シェアを持つと予想されます。

地理学に基づいて、世界の外科用プローブ市場は5つの主要な地域に分割されます:北アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東&アフリカ。北米は、ヨーロッパとアジア太平洋に続く世界の手術器具市場で主要なシェアを表しています。北米とヨーロッパの成長は、主に、有利な規制の枠組み、新技術の出現、消費者の高い処分収入、および高齢化人口の増加によって推進されています。しかし、アジア太平洋地域は、外科的処置を必要とする慢性疾患の有病率の増加、満たされていない医療ニーズの高まり、地域の医療インフラの改善により、徐々に成長すると予想されています。

完全なレポートにアクセス@
https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/13894

世界の外科用プローブ市場の主要なプレーヤーには、Carefusion Corporation、Censis Technologies Inc.、Conmed Corporation、Getinge Group、Haldor Advanced Technologies、およびKLS martin group、Zimmer Holdings Inc.、Medtronic Inc.、Mindray DS Inc.、Smith&NephewPLCが含まれます。 、Stryker CorporationおよびSurgipro、Inc。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客体験に付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close