Newsニュースプレスリリース

指数関数的に進展する標的がん治療市場

予測期間は、ヘルスケアに関する概念が単なる「シックケア」から「健康とウェルネス」へとシフトするのを目撃するでしょう。標的がん治療市場は、主要な市場参加者による配信場所/チャネルおよびサービス提供の設計へのこのシフトの統合を伴います。これには、在宅処方箋の提供、仮想ケア、行動修正のためのセルフサービスアプリケーション、および意思決定支援が含まれる可能性があります。

標的癌治療は、癌性細胞の成長、進行、および拡散に関与する特定の分子を妨害することにより、癌の成長を阻止することに積極的に関与する薬物です。これらの治療法は、精密医薬品としても知られています。標的癌治療は、正常細胞に影響を与えることなく癌細胞のみを標的とするため、標準的な化学療法治療とは異なります。また、標的癌治療は腫瘍細胞の増殖を阻止しますが、標準的な化学療法は腫瘍細胞を殺します。

最近、標的とされた癌治療は、これらの治療が精密医療、すなわち分子診断技術を使用して癌を予防、診断、および治療する医療の一形態を形成するため、抗癌剤開発産業においてますます注目を集めている。標的がん治療薬市場は、悪性および良性腫瘍を治療するための精密医療として使用される薬剤で構成されています。標的癌治療における多くの薬剤は、さまざまな種類の癌を治療するためにFDAによって承認され、商品化されていますが、多くの癌治療は臨床試験で研究されており、多くは前臨床試験中です。

標的がん治療市場は成長しており、これは、肺がん、乳がん、結腸直腸がん、前立腺がん、リンパ腫、白血病、黒色腫などのさまざまな種類のがんの有病率の増加に起因しています。また、液体生検などの分子診断技術に関する意識の高まりもあります。悪性黒色腫を検出することは、予測期間にわたって標的癌治療の市場を牽引すると予想されます。医療費の増加と保険適用範囲の拡大は、対象となる癌治療市場の収益成長に役立ちます。新たな標的抗がん剤の数の増加も、標的抗がん剤の市場を牽引しています。しかし、癌を検出するための分子診断検査のより高い価格と一緒にこれらの薬のより高い価格設定は、予測期間にわたって標的とされた癌治療市場の成長を妨げると予想されます。

競合他社の「先を行く」ために、ここでサンプルをリクエストしてください@ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/13807

対象となるがん治療市場は、治療の種類、エンドユーザー、アプリケーションに基づいたセグメントです。

治療の種類別

ホルモン療法
シグナル伝達阻害剤
遺伝子発現モジュレーター
アポトーシス誘発剤
血管新生阻害剤
免疫療法
モノクローナル抗体

病気の兆候によって

胃腸
肺癌
乳癌
結腸直腸癌
白血病
リンパ腫
黒色腫
前立腺がん
その他

エンドユーザー別

病院
がんおよび放射線治療センター
クリニック

ここから目次をリクエストできます@
https://www.persistencemarketresearch.com/toc/13807

標的がん治療市場の収益は、予測期間にわたってかなりの速度で成長すると予想されます。さまざまな種類のがんとその治療プロトコルに関する認識が高まっているため、近い将来、市場は好調に推移すると予想されます。また、標的癌治療市場は、癌の有病率の増加と、患者に標的抗癌剤を処方する腫瘍学者の選好の高まりにより、世界的に拡大すると予想されます。肺がんの標的療法は、世界的に喫煙者数が増加しているため、予測期間中に最速のCAGRで成長すると予想されています。抗がん剤メーカー間の競争の激化、研究開発への投資の増加、新薬の発売数の増加は、対象となるがん治療薬市場の収益成長を促進すると推定される主な要因です。

地理的地域に応じて、対象となる癌治療市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋(APAC)、中東およびアフリカ(MEA)の5つの主要地域に分割されます。

北米は、より多くの市場プレーヤーの存在、高い患者意識レベル、医療費の増加、および医薬品の製造とマーケティング活動に関連する比較的多数のR&D演習により、世界の標的がん治療市場で最大の地域市場シェアを占めています。地域。また、ヨーロッパは、癌に苦しむ患者に標的抗癌剤を処方する地域の腫瘍学者や医師の傾向が高まっているため、近い将来、好調に推移すると予想されます。

アジア太平洋地域ではさまざまな種類の癌の有病率が増加しているため、アジア太平洋地域は最速のCAGRで成長すると予想され、予測期間を通じて標的癌治療市場の市場成長を後押しします。

完全なレポートにアクセス@
https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/13807

標的がん治療市場の主要企業には、アボットラボラトリーズ、バイエルヘルスケアAG、グラクソスミスクラインplc、オンコジェネックスファーマシューティカルズインク、ホスピーラインク、ベーリンガーインゲルハイムGmbH、アストラゼネカ、アベオファーマシューティカルズなどがあります。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客体験に付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close