Newsニュースプレスリリース

敗血症治療薬市場の成長を再定義するトップキープレーヤー

Persistence MarketResearchによるSepsisTherapeutics Marketレポートは、ヘルスケア業界が価値に基づくケアとフィードバックに基づく継続的な改善に向かっているという事実に光を当てています。この慣行の主流化はずっと増加しています。そのため、医療提供者は、患者に最大限のケアを提供するために、カスタマイズされた、永続的で効果的なソリューションに道を譲ることができます。

敗血症は、感染に対する制御されていない免疫応答を特徴とする深刻な病状であり、世界中で死亡の主な原因となっています。患者のこの魅力的な免疫応答は、全身性炎症反応症候群(SIRS)としても知られています。敗血症の重症例では、感染は敗血症性ショックと呼ばれる血圧の大幅な低下につながります。

敗血症性ショックは即座に体の他の器官、すなわち肺、腎臓、肝臓の機能不全を引き起こし、最終的には患者の死につながります。

敗血症治療薬市場レポートのサンプルを見てみませんか? https://www.persistencemarketresearch.com/samples/5687

敗血症に関連する最も一般的な症状は次のとおりです。

101.3Fを超えるまたは95F未満の発熱
毎分90拍を超える呼吸数
心拍数が1分あたり90ビートを超えています。

Journal of Global Health(JOGH)によると、米国では毎年約50万から66万の敗血症が新たに発見され、医療の残虐性にもかかわらず、米国の全入院患者の1%から2%で発生すると推定されています。問題は、過去数十年にわたって非常に限られた治療オプションが市場に導入されており、敗血症に関連する状態による死亡率は依然として高いままです。

敗血症の治療のために現在米国で承認されている唯一の治療薬はXigrisです。この製品は、その高コスト、悪影響、およびその有効性に関する懸念のために広く受け入れられていません。

敗血症治療薬市場を覗き見したいですか?敗血症治療薬市場レポートの「目次」にアクセスしてください! https://www.persistencemarketresearch.com/toc/5687

敗血症治療薬の市場は、老人人口の増加と高齢者人口の敗血症の発生率の増加によって推進されます。さらに、臨床試験のさまざまな段階での多数の治療薬、敗血症性ショックを治療するための新しい治療オプションの革新は、この市場の成長をさらに促進します。

ただし、敗血症の状態を検出するための早期診断テストの欠如と患者の意識の欠如は、この市場の成長に課題をもたらす可能性があります。

地理的に、敗血症治療薬の最大の市場は北アメリカであり、ヨーロッパとアジアがそれに続きます。北米は、敗血症障害の発生率が高く、敗血症の合併症について患者の意識が高まっているため、市場をリードしています。

敗血症治療薬市場の最新の調査結果を把握したいですか?今すぐ敗血症治療薬市場レポートを購入してください! https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/5687

この市場の著名なプレーヤーには、Agennix AG、AstraZeneca Plc、Atox Bio Inc.、CytoGenix Inc.、Eli Lilly and Company、Endacea Inc.、NexBio Inc.、MedinoxInc。が含まれます。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。 パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。 可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close