Newsニュースプレスリリース

オリゴヌクレオチド治療薬市場の実証を決定する世界市場

他のすべての業種と同様に、ヘルスケア業界は、所属と包含の文化がその中の新しいDNAである結果として、コラボレーションとネットワークの融合を目の当たりにする準備ができています。また、リモートワークの手配は共有サービス、クラウドテクノロジーによって簡素化され、AIが導入されます。オリゴヌクレオチド治療薬市場は、これらの出来事を捉え、同じことに関する洞察を与えることを目的としています。

オリゴヌクレオチドは短鎖RNAまたはDNAであり、通常は自動シンセサイザーを利用して製造されます。オリゴヌクレオチドの精製は、陰イオン交換クロマトグラフィーとそれに続く脱塩および凍結技術によって行われます。 siRNA二本鎖オリゴヌクレオチドの合成のために、2つの精製されたオリゴヌクレオチド鎖が等モル比で一緒にされるアニーリングステップが実行されます。

オリゴヌクレオチド治療薬は、特定の遺伝子の発現を阻害する可能性があるため、従来の薬とは異なります。これにより、特定の遺伝子を標的にして慢性疾患を治療できる革新的な新しいオリゴヌクレオチドが生まれました。オリゴヌクレオチド治療薬の開発は、化学的に修飾された人工核酸を介して行われます。インビボでの安定性を改善し、標的mRNAへの親和性を高めた人工オリゴヌクレオチドが開発されている。

オリゴヌクレオチド治療薬市場レポートのサンプルを見てみませんか? https://www.persistencemarketresearch.com/samples/12787

承認された分子が非常に少ないため、オリゴヌクレオチドの需要は急増すると予想されます。これは、オリゴヌクレオチド市場のプレーヤーに新しい分子実体を発見するための広い範囲を提供しました。さらに、化学的に合成されたオリゴヌクレオチドの技術のアップグレードにより、より安定した半減期の長い分子が開発されました。現在、医薬品開発のさまざまな段階にある約135のオリゴヌクレオチド治療薬があり、オリゴヌクレオチド治療薬市場で現在入手可能な限られた3つの承認された医薬品にさらに追加される可能性があります。

オリゴヌクレオチド治療薬市場:セグメンテーション

アプリケーションに基づいて

感染症
腫瘍学
神経変性疾患
心血管疾患
腎臓病
その他

タイプに基づいて

アンチセンス
リボザイム
アプタマー
miRNA
CpG /免疫賦活
RNAi

オリゴヌクレオチド治療薬市場を覗き見したいですか?オリゴヌクレオチド治療薬市場レポートの「目次」にアクセスしてください! https://www.persistencemarketresearch.com/toc/12787

主要な市場リーダーの存在、市場の統合、および新しい分子の商業化はすべて、オリゴヌクレオチド治療市場における北米の支配的な地位に貢献しています。 Miragen Therapeutics、Inc。は、4,000万米ドルの初期投資でSignal Genetics、Inc。と合併することに合意しました。この合併により、両社はマイクロRNAを標的としたオリゴヌクレオチド臨床製品の開発を期待しています。

新しい分子のアプリケーションは、市場のプレーヤーがオリゴヌクレオチド治療市場での存在を示すために使用している別の戦略でもあります。バイオジェンは最近、ヌシネルセンの新薬承認申請についてFDAの承認を受けました。承認された場合、アンチセンスオリゴヌクレオチド分子は、脊髄性筋萎縮症の治療に使用される最初の種類のものになります。

アジア太平洋地域は、いくつかのオリゴヌクレオチド治療メーカーがこの地域に製造施設を設立することを楽しみにしているため、最も急速に成長している地域です。さらに、オリゴヌクレオチドの合成における研究の実施と資金提供は、需要の増加に加わると予想されます。最近、第一三共株式会社は、デュシェンヌ型筋ジストロフィーを有効成分であるENAオリゴヌクレオチドで治療するために、希少疾患治療研究所という新会社を設立する意向を発表しました。同社は、第一、三菱UFJキャピタル株式会社、産業革新機構のコラボレーションであり、オリゴヌクレオチド治療薬市場への参入を楽しみにしています。

オリゴヌクレオチド治療薬市場の震源地に入り、それに応じて次の動きを計画したいですか?決定するためにオリゴヌクレオチド治療薬市場レポートを事前予約してください! https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/12787

オリゴヌクレオチド治療市場を推進する主要な傾向の1つは、ライセンス供与とコラボレーション活動の増加です。さらに、RNAiによる遺伝子サイレンシングなどのオリゴヌクレオチド治療における高度な技術の需要は、その高効率のために重要性を増しており、それによってオリゴヌクレオチド治療市場を推進しています。

オリゴヌクレオチド治療薬市場への主要な貢献者には、PCI Biotech、SomaGenics、ContraVir、Alnylam、Regulus Therapeutics、Ionis Pharmaceuticals、Gilead、Santaris、InteRNA、miRage、Biogen、Merck、Pfizerなどがあります。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。 パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。 可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close