技術

温度センサーは2028年までの一般的な機会を市場に出します

温度センサーは、稼働中の機械の温度を評価するために使用する電子ツールです。温度センサー機器の高い需要は、市場の成長につながります。世界の温度センサー市場は、2018年から2028年の予測期間中に、CAGRがXX%上昇し、XX億ドルに達すると予想されています。

自動車部門での温度センサーの需要の増加、住宅およびビルオートメーションシステムの使用の増加、高度なポータブルヘルスケア機器での温度センサーの需要の増加などの要因が、産業用ロボット市場を牽引しています。ただし、PC市場の衰退は、温度センサー市場の成長を妨げるでしょう。地理的に、アジア太平洋地域は、2016年と2023年の予測期間にわたって最高の成長率で増加すると予想されます。インドや中国などの高密度国は、この地域での温度センサーの需要の増加につながります。さらに、特に自動車産業および食品および食品業界における産業オートメーションの台頭。飲料セクターは、アジア太平洋地域の温度センサー市場の成長につながります。

最新の業界トレンドを含むサンプルレポート@   https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/3302

製品タイプとエンドユーザー産業に基づいて分類された世界の温度センサー市場。さらに製品タイプに基づいて、市場は接触型と非接触型の温度センサー市場に分類されます。これらの接触タイプの温度市場の中で、力の間に高いCAGRで増加すると予想されます。スマートフォンやその他の家電機器に対する需要の高まりは、市場の成長をもたらしています。エンドユーザー産業に基づいて、市場は化学、石油、石油などのさまざまなセグメントに分類されます。ガス、エネルギー、電力、家電、食品、飲料、ヘルスケア、自動車、航空宇宙、防衛、高度な燃料、金属、鉱業、ガラス、パルプ&論文。これらのセグメントの中で、化学エンドユーザー業界は予測期間2018年から2028年に市場をリードすると予想されます。

世界の温度センサー市場で活躍している主要企業には、ABB、Texas Instruments、Analog Devices、Amphenol、Honeywell International、Global Mixed-Mode Technology、Kongsberg Gruppen、Integrated Device Technology、MicrochipTechnologyなどがあります。これらの企業は、合併や合併などのさまざまな戦略を使用しています。買収、コラボレーション、パートナーシップ、製品発売に対し、製品発売は世界の温度センサー市場の企業が採用している重要な戦略です。

COVID-19  https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/3302/Single @の分析を含む今すぐ購入レポート

たとえば、2019年10月26日、米国を拠点とする企業であるTexas Instrumentsは、新しい温度センサーであるTMP117およびTMP117Mを発売し、広い温度範囲で±0.1°Cの精度を提供します。これらの2つのセンサーは、産業および医療アプリケーションのシステム設計を簡素化するのに役立ちます。」

レポート削減のリクエスト@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/3302

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close