スポーツニュースプレスリリース技術未分類理科

2027年までに大規模な成長を見るためのワイヤレス脳センサー市場|脳製品、Neutronetrixソリューション、Hangzhou Zhongheng Electric、Deayea、NeuroTherapeutics、Melon

 ワイヤレス脳センサー市場:神経障害の負担の増加と技術の進歩は、グローバルワイヤレス脳センサー市場の主要な推進力です。

グローバルワイヤレス脳センサー市場レポートの範囲–

ワイヤレス脳センサーは、パーキンソン病、てんかん、アルツハイマー病、認知症などの外傷性状態やその他の神経障害の場合に脳の機能と信号を監視するために使用される電子生物医学センサーです。データは、ワイヤレス接続を介してリモートエリアに簡単にアクセスでき、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターと統合できます。今日では、頭蓋内の圧力と温度を測定して体に吸収されるインプラントは、重傷後の脳を監視するように設計されています。それらは体内でゆっくりと溶解し、従来のインプラントの場合に観察されるように、移植時に感染、慢性炎症、または皮膚を介した侵食のリスクを軽減します。従来使用されていた有線セットアップと比較して、ワイヤレス脳センサーは、記録中の移動性と信号アーチファクトの排除を可能にする、ポータブルで使いやすいソリューションを提供します。そのため、グローバルワイヤレスブレインセンサー市場の調査中に、ワイヤレスブレインセンサー製品と消耗品を検討して市場を分析しました。

レポートのサンプルコピーを入手@httpsSample ://industrystatsreport.com/Request/Sample?ResearchPostId = 282&RequestType = 

**このレポートのサンプルページは、リクエストに応じてすぐにアクセスできます。 **

グローバルワイヤレス脳センサー市場レポートは、製品タイプ、アプリケーションタイプ、エンドユーザータイプに基づいて、地域および国レベルで分割されています。製品タイプに基づいて、世界のワイヤレス脳センサー市場はバイオマーカーに基づいて分類され、世界のワイヤレス脳センサー市場は脳波(EEG)、睡眠監視デバイスおよびアクセサリに分類されます。アプリケーションの種類に基づいて、世界のワイヤレス脳センサー市場は、外傷性脳損傷、パーキンソン病、ハンチントン病、てんかん、認知症、片頭痛、脳卒中、睡眠障害に分類されます。エンドユーザーの種類に基づいて、世界のワイヤレス脳センサー市場は病院、外傷センター、研究センターに分類されます。

このワイヤレス脳センサー市場レポートの対象地域は、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、その他の地域です。国レベルに基づいて、ワイヤレス脳センサーの市場は、米国、メキシコ、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、中国、日本、インド、東南アジア、GCC、アフリカなどに細分されます。

グローバルのキープレーヤーワイヤレス脳センサー市場レポート-

グローバルワイヤレス脳センサー市場レポートは、EMOTIV Inc.、Muse、NeuroSky、Advanced Brain Monitoring Inc.、Neuroelectrics、Brain Products、Neutronetrix Solutions、Hangzhou Zhongheng Electric、Deayea、NeuroTherapeutics、Melonなどの著名なプレーヤーを対象としています。

世界のワイヤレス脳センサー市場のダイナミクス–

外傷性脳損傷は、ワイヤレス脳センサーの最大の需要を生み出します。また、さまざまな神経障害の発生率が高く、ストレスレベルが高いため、ワイヤレス脳センサーの需要が高まっており、この市場をカプセル化しています。世界保健機関(WHO)の報告によると、外傷性脳損傷の年間発生率は、米国の10万人あたり558人であり、2020年までに世界の死亡率と障害の3番目の主要な原因としても説明されています。アレルギー反応または感染のリスクと技術の進歩は、世界のワイヤレス脳センサー市場の成長の主要な推進力です。ブレイン・コンピューター・インターフェースの重要な技術的進歩は、脳センサーの継続的な進化につながり、ホームケア環境から定期的に監視できるため、デバイスのコスト効率が向上します。ただし、高コストと政府による償還施設の不足が、世界のワイヤレスブレインセンサー市場。それにもかかわらず、未開発の市場と技術の進歩は、予測期間に新しい機会を生み出す可能性があります。

世界のワイヤレス脳センサー市場の地域分析–

北米が市場を支配し、ヨーロッパがそれに続く最高の市場シェアを誇っています。 American Neurological Associationによると、米国におけるアルツハイマー型認知症の有病率は一般に530万人と言われており、さらに220万人が他の形態の認知症であり、合計で約750万人、つまり一般人口の2.4%です。パーキンソン病は、米国では63万人から100万人、つまり一般人口の0.3%に影響を与えると推定されており、これらの数は2050までに約2倍になると予測されています。

年ヨーロッパでは、神経障害の負担の増加と研究開発活動の増加が見られます。ワイヤレス脳センサー市場の成長に主に責任があります。欧州脳評議会のデータによると、2017年にヨーロッパで合計2億2,070万人が神経障害に苦しんでいます。

 アジア太平洋ワイヤレス脳センサー市場は、主にアルツハイマー病とパーキンソン病の負担の増加により、力強い成長率を示しています。人口の高齢化、癌の治療と治療に関する意識の高まり、および研究開発のための政府の資金提供の結果。

レポートの方法論を取得@https://industrystatsreport.com/Request/SampleMethodology ?ResearchPostId = 282&RequestType = 

グローバルワイヤレスブレインセンサー市場レポートの主な利点–

グローバルワイヤレスブレインセンサー市場レポートは、詳細な履歴分析と予測分析をカバーしています。

グローバルワイヤレスブレインセンサー市場調査レポートは、市場の紹介、市場の概要、グローバル市場の収益(収益USD)、市場の推進力、市場の制約、市場機会、競争力のある分析、地域および国レベルに関する詳細情報を提供します。

グローバルワイヤレス脳センサー市場レポートは、市場での機会を特定するのに役立ちます。

グローバルワイヤレス脳センサー市場レポートは、新たな傾向と競争力のある風景の広範な分析をカバーしています。

無線脳センサーの市場細分化 

することにより、製品の種類 

脳波(EEG)

デバイス監視するスリープ

付属

 することにより、アプリケーション 

外傷性脳損傷を

、パーキンソン病

、ハンチントン病

てんかん

認知症

片頭痛

発作の

睡眠障害を

エンドユーザーでは 

病院

外傷センターの

研究センター

ゲットフルレポート:@ https://industrystatsreport.com/Lifesciences-and-Healthcare/Wireless-Brain-Sensor-Market/Summary 

 

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close