技術

予測2018-2026全体の堅調な拡大を目撃するための包装ロボット市場

「世界のパッケージングロボティクス市場は、2025年までにXX億米ドルを超えると予測されています。ロジスティクスサービスロボティクス市場の規模は、XX%のCAGR予想でXX百万米ドルを超えると見込まれています。

世界の包装ロボット市場に関する調査分析では、自動検出と分類の必要性が市場の成長にプラスの影響を与える主要な要因の1つであることが確認されています。パッケージングロボットは、高度なセンサー、ビジョンテクノロジー、およびレーザー検出機能を使用して、オブジェクトの位置を決定します。これらのロボットは、レーザー技術を使用して、移動するコンベヤーベルト上のオブジェクトを自動的に分類します。

いくつかの利点があるサンプルPDFページを今すぐ入手してください!! https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/3645

産業用ロボットの採用は、アジア太平洋地域の発展途上国と先進国の両方で高くなっています。また、地域の産業用ロボットメーカーの数は、地域で増加しています。これにより、低コストのパッケージングロボットの可用性が向上します。これらの低コストの包装ロボットは、食品および飲料、工作機械、自動車部品産業などの細分化された産業で広く使用され、この包装機械市場の成長を促進します。

世界中の製造業の増加は、世界の包装ロボット市場の成長を後押しする主要な要因の1つです。可処分所得の増加に伴う急速な都市化により、デジタルラベリングとパッケージングの需要が高まると予想されます。さらに、ヘルスケア、スポーツ、日用消費財などの多くの産業が市場の成長を促進すると予想されます。これらのロボットは、センシングとソフトウェアの技術的進歩により、よりスマートになっています。したがって、これはこれらの包装ロボットに対する高い需要をもたらす。さらに、統合されたコントロールと直感的なヒューマンマシンインターフェイスにより、使いやすさを提供します。

このレポートはこちらから購入できます@ https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/3645/Single

アプリケーションに基づいて、世界の包装ロボット市場は、ピッキング、パッキング、ケースパッキング、トレイパッキング、充填などに分割されます。その他のセグメントは、パレタイズ、ケースパレタイズ、バッグパレタイズ、およびデパレタイズとしてさらにサブセグメント化されます。グリッパーの種類に基づいて、世界市場は爪、クランプ、掃除機などに分割されます。最終用途産業に基づいて、世界の包装ロボット市場はさらに食品および飲料、医薬品、消費者製品、追跡およびロジスティクス、工業用包装、化学薬品、電子機器などに分割されます。

アジア太平洋地域は、主に中国、インド、韓国などのさまざまな国での急速な工業化により、世界の包装ロボット市場で高い成長が見込まれています。中国は、この地域の収益の面でかなりの成長を遂げると予想されています。日本も高い成長の可能性を示すことが期待されています。さらに、米国は近い将来、市場を支配すると予想されます。多様化する産業が多数存在することから、欧州でも高い需要が見込まれます。

市場の主要なプレーヤーの一部は、研究開発活動のためにHuawei Technologies Co.Ltd。と協力しているKUKARoboter GmbHです。一方、Bosch Packaging Technologyは、インドの企業であるKlenzaids Contamination Controls PrivateLimitedとの合弁事業を提携しました。同様に、FANUC Corporationは、Preferred Networks Inc.とのパートナーシップを通じて、機械学習への注力を強化しています。」

このレポートの割引を受ける: https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/3645

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close