技術

2018-2026年の間に顕著な成長を目撃する合成繊維市場

合成繊維は、特定の研究室で化学合成を使用して作られた人工繊維です。 2つの主要な製品は、合成繊維が由来する石炭と石油です。生地の種類によっては、これらの化学物質はアルコールや酸と組み合わされ、時には加熱されてから押し出されます。合成繊維は、金属繊維、炭素繊維、またはガラス繊維を使用して製造することもできます。

合成繊維には、軽量、洗濯能力、柔らかさ、強度、弾力性の費用効果、しわになりにくい、耐湿性、しわ回復、高光沢などの特殊な特性など、多くの利点があります。この利点により、衣類、ろ過、建設、おもちゃ、家具、自動車、さまざまな種類のロープ、ネット製造など、さまざまな用途の製品に対する需要がもたらされています。人口の増加により、都市化は世界中で成長しています。都市化がさらに進むと、合成繊維も使用する家具の需要が高まります。車内の素材は、ボディファブリックのテクスチャ、ベロア、ツイード、ベルベット、および同等の他の貴重なテクスチャを組み立てるために設計された繊維を利用しています。これらの種類の車両への関心はゲージの時間枠にわたって増加すると予想されるため、自動車の宣伝は、多くのハーフブリードおよび電気自動車の上昇によって発展する必要があります。ポリエステルは、ほとんどの場合、車のテクスチャーの作成に使用されます。より良い習熟度と実行のためのより軽い車は、改善された車内への関心をサポートするために信頼されており、したがって、推定時間枠にわたって関心が拡大すると予想される。

Business Research PDFレポートを入手し、ここでリクエストしてください@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/9942

世界の合成繊維市場は、製品の種類、アプリケーション、および地域に基づいて分割できます。製品タイプに基づいて、世界の合成繊維市場は、アクリル、ナイロン、ポリエステル、ポリオレフィン、アセテート、レーヨン、アラミドなどに分類されます。これらすべてのセグメントの中で、ナイロンは2018年から26年の予測期間中に世界の合成繊維市場を支配すると予想されます。有利な政府の政策はまた、世界のナイロン市場の解体の成長に貢献しています。ナイロンの工業用途には、ロープとネット、タイヤコード、防水シート、ホース、モノフィラメントフィッシングライン、コンベヤーとシートベルト、ラケットストリングエアバッグ、テント、パラシュート、寝袋、糸、および同様の他の製品の製造が含まれます。アプリケーションに基づいて、世界の合成繊維市場は、家具、ろ過、衣類、自動車、その他に分類されます。これらすべてのセグメントの中で、家具は予測期間にわたって主要なセグメントとして予測されるセグメントです。

アジア太平洋地域は、予測期間中に最も急成長している地域であると推定されています。アジア太平洋地域には、インドや中国などの人口の多い国があり、衣料品、家具、自動車、ろ過などの製品の需要が高まっています。さらに、これらの商品は合成繊維の需要の増加にもつながります。

世界の合成繊維市場のバリューチェーン全体で特定された主要企業には、デュポン、BASF、W。バーネットGmbH&Co。KG、東レ、CHAテキスタイルグループ、イーストマンケミカルカンパニー、三菱レイヨン、旭化成、ラディシが含まれます。グループ、ジュシグループ、リライアンスインダストリーズリミテッド。これらの企業は、市場で競争上の優位性を獲得するために、新製品の開発、合併、コラボレーションなどのさまざまな戦略を採用しています。

世界の合成繊維市場は次のように分割されています。

今すぐ2021年版の市場調査を購入@ https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/9942/Single

タイプ別の世界の合成繊維市場

ポリエステル
アクリル
フィラー
ナイロン
ポリオレフィン
その他
アプリケーション別の世界の合成繊維市場

家財道具
濾過
衣類
自動車
その他
地理学による世界の合成繊維市場

 

北米
NS。
カナダ
北米の他の地域
ヨーロッパ
K。
ドイツ
フランス
その他のヨーロッパ
アジア太平洋地域
インド
中国
日本
その他のアジア太平洋

印象的な割引を取得@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/9942

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close