Newsニュースプレスリリース

例外的なノートで成長する呼吸ケアデバイス市場

呼吸ケア機器は、心肺系に異常のある患者の治療、管理、制御、診断評価、およびケアに焦点を当てた医療機器の分野です。 これらのデバイスは、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、主に慢性気管支炎を含む変性肺疾患、および肺気腫で使用されます。 COPDは世界の主要な死因の1つであるため、市場はまともな成長を遂げています。 2020年までに、COPDは世界で5番目に多い死因になると予想されています。

このレポートのサンプルコピーを入手@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3683

市場セグメンテーション

製品セグメントでは、呼吸器治療装置市場は2014年に世界で最大のシェアを占めました。治療装置市場の主な推進要因は、呼吸器疾患の蔓延と高齢者の増加により、加湿器、ネブライザー、酸素濃縮器などのさまざまな装置への採用が増加したことです。人口。病院の呼吸ケアデバイス市場は、高コストのデバイスを購入する病院の財政的能力が多いため、在宅ケアと比較して主要な市場でした。高度に発達した医療インフラ、喫煙やタバコの習慣などのライフスタイルによる呼吸器疾患患者の大規模なプール、および高度な呼吸装置を操作するための訓練を受けた要員の利用可能性により、北米が市場の最大のシェアを占め、ヨーロッパがそれに続きました。ただし、アジア太平洋地域は、一人当たりの所得が増加し、ヘルスケアインフラストラクチャが徐々に開発されているため、最も高い成長率が見込まれています。

マーケットプレーヤーの全リストについては、こちらの目次をリクエストしてください@ https://www.persistencemarketresearch.com/toc/3683

世界の呼吸ケア機器市場の主な推進要因は、慢性肺閉塞性疾患患者数の増加、および汚染レベルと喫煙者の増加、高齢者人口の増加、製品の新規発売などのライフスタイルと環境の変化による継続的な数の急増です。製品の強力なパイプラインと相まって。それに加えて、在宅呼吸装置の需要の増加。 Centers for Disease Control and Prevention(CDC)によると、2014年には、アメリカの1,600万人以上の人口が、肺疾患、COPD、心臓病、癌などの喫煙による病気で生活していました。市場を動かす原因。世界保健機関(WHO)によると、2050年までに20億人以上の人口が60歳以上になるとのことです。しかし、開発途上地域での認識の欠如、および新生児に対する呼吸装置の有害な影響の一部は、市場の成長を抑制する可能性があります。さらに、一部の国によるデバイスへの物品税は、市場に悪影響を与えると予想されます。

世界の呼吸ケアデバイス市場の主要企業は、Philips Healthcare(オランダ)、Masimo Corporation(米国)、Fisher and Paykel Healthcare Limited(ニュージーランド)、ResMed、Inc。(米国)、Covidien plc(アイルランド)、CareFusion Corporation(米国)です。我ら)。

独占アナリストサポートのために今すぐ事前予約@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3683

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close