ニュースプレスリリース

今後10年間で間違いなく成長するコーンビームCT市場

コーンビームCT市場

バーチャルリアリティは、ヘルスケア業界を牽引する革新的なトレンドの1つです。 Persistence MarketResearchによるConeBeam Ct Marketレポートは、仮想現実がヘルスケア業界を席巻した方法を示しています。 VRベースのヘルスケアソリューションがキャプチャされ、同じことに関する洞察が得られました。マイクロは取り組んできました。

Persistence MarketResearchによるConeBeam Ct Marketレポートは、ヘルスケア分野全体での消費主義の変化する傾向を示しています。 「キャッシュレス化」は「新しい」常識の1つです。無機質の成長も回復しています。ヘルスケアバリューチェーンの主要な参加者(プライベートとパブリックの両方)は、常に要求の厳しい状況で競争するために手を組んでいます。

コーンビームコンピュータ断層撮影(CBCT)は、コンピュータ断層撮影(CT)の伝統的な形式です。従来のCTと比較して、コーンビームCTでは、広いイメージング領域で患者を360度回転させ、1回のサイクルで所定の情報を取得することができます。このシステムは、ケア環境で診断価値の高い3D画像を生成し、微妙なまたは魔法の骨折とその治癒を検出します。 CONE BEAM CTデバイスは、従来のCTイメージングでノイズの一般的な原因である金属インプラントが存在する場合でも、患者の解剖学的構造の外観を改善できます。

このレポートのサンプルコピーを入手@ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/32312

コーンビームCTテクノロジーは、ポイントオブケアに手付かずの3D画像を提供します。これにより、医師は患者がいつスポーツや仕事に戻ることができるかをより正確に判断できます。高解像度の3Dイメージングにアクセスできるため、外科医は手術室に入る前に手術を手配できます。それは彼らが最良の外科的処置のために準備されていることを意味します。

コーンビームCT市場を牽引しているコーンビームCTには、大きな可能性と大きなメリットがあります。それらのいくつかは次のとおりです。

現在の標準治療を表す戦略のパフォーマンスの向上
通常は効果がない場合のコーンビームCTに関連する技術の拡張
高度な幾何学的精度を必要とする新しい治療法を促進する
計画と治療の共通領域を提供する高品質の画像を備えた、手術と放射線療法の組み合わせなどの統合治療法の基礎
患者の特定の治療反応を支配する重要な要因の理解の向上

目次のリクエスト@ https://www.persistencemarketresearch.com/toc/32312

コーンビームCTテクノロジーのその他の利点には、高度な技術機能、正確な実効線量、正確な表示があり、患者のリスクを軽減し、診断上の利点を増やして、コーンビームCT市場を飛躍的に押し上げることができます。コーンビームCTの世界市場は、主に低線量によって推進されています。コーンビームCTスキャナーによる放射線は、通常、標準CTより65〜92%少なくなります。したがって、コーンビームCTで患者が受ける放射線は、標準のCTスキャンの放射線の10分の1であり、完全な3D詳細を備えた2つのX線の放射線と同等です。コーンビームCTのこの利点は、市場を加速させます。

コーンビームCTは歯科診断を一変させましたが、インターベンショナルラジオロジー、ガイド付き放射線療法、マンモグラフィ、下肢および上肢の研究にも応用されています。コーンビームCTのこれらの拡大された範囲により、病院や診断センターはコーンビームCTデバイスを広く採用するようになりました。より良い治療法を支援する3D視覚化によるコーンビームCTデバイスは、世界のコーンビームCT市場を加速する整形外科の症例に大いに役立つことが示されています。

完全なレポートにアクセス@ https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/323​​12

3D視覚化により、インターベンショナル血管造影におけるコーンビームCTの採用が広がりました。米国では、インターベンショナル血管造影法が大幅に成長しています。報告によると、2000年から2004年の間に、米国での血管造影法の総数は約5%増加しました。したがって、コーンビームCT市場は拡大しており、インターベンショナル血管造影中の患者の手術室での3D視力にとってかなりのものになっています。

3Dイメージングは​​、従来の2D透視画像の解剖学的構造の断片化の問題を排除し、医師が3Dデータセットを使用して介入プロセスを指示することを容易にします。コーンビームCTのこれらの利点は、すでにコーンビームCT市場を大規模に拡大しており、コーンビームCT市場をさらに拡大するさまざまな医療アプリケーションに参入することが期待されています。

コーンビームCTには多くの利点がありますが、コーンビームCTシステムまたはコーンビームCTデバイスの実装コストは、コーンビームCT市場の成長を抑制します。

市場セグメンテーション:

センサータイプに基づいて、コーンビームCT市場は次のように分割されています。

電荷結合デバイス/イメージインテンシファイア(CCD / IIT)
フラットパネルディテクター
直接
間接

アプリケーションに基づいて、コーンビームCT市場は次のように分割されています。

歯科
歯列矯正
歯科インプラント
歯内療法および歯周治療
歯科手術
顎顔面
放射線療法
インターベンショナルラジオロジー
ガイド付き手術
マンモグラフィ

治療に基づいて、コーンビームCT市場は次のように分割されています。

ポータブル
床置き

スキャン時間に基づいて、コーンビームCT市場は次のように分割されています。

0-20
21-40
41-60

スキャン時間に基づいて、コーンビームCT市場は次のように分割されています。

病院
クリニック
診断センター
外来手術センター

地域に基づいて、コーンビームCT市場は次のように分割されています。

北米
ラテンアメリカ
ヨーロッパ
南アジア
東アジア
オセアニア
中東とアフリカ

Carestream Health、Inc.、ICRco、Inc.、Xoran Technologies LLC、Vatech、Planmed Oy、ACTEON Group、Planmeca、CurveBeam、Genoray Co.、Ltd.、PreXion、LargeV Instrument Corporation Limited、Danaherなどの主要企業は次のとおりです。さまざまなアプリケーション向けのコーンビームCTの提供に積極的に関わっています。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close