Newsニュースプレスリリース技術理科

太陽エネルギー市場は2021年から2031年の市場の競争シナリオに集中しました

世界の集光型太陽エネルギー市場は2018年に37億9,300万ドルと評価され、2026年までに80億4,670万ドルに達すると予想され、2019年から2026年にかけて10.3%のCAGRで成長します。MEA地域は2018年。

100ページを超える詳細な調査、表と図のリスト、10社を超える企業のプロファイリングにアクセスします。サンプルコピーのリクエスト@https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/13209

CSPはミラー構成を使用して、太陽光エネルギーをレシーバーに集中させます。次に、エネルギーを熱に変換します。この熱は、タービンの駆動、電気の生成、または工業プロセスでの使用にさらに使用できます。現在、世界の集光型太陽エネルギー市場は、電力需要の増加に対応するためにアジア太平洋およびLAMEAで再生可能エネルギーの開発が急速に増加しているため、多くの機会を目の当たりにしています。

また、国内法や太陽光発電設備プロジェクトの増加により、集光型太陽光エネルギー市場が強化されています。米国などの先進国では、エネルギー需要のピーク時に、集光型太陽光発電が実行可能な代替手段であることが証明されています。さらに、エネルギー需要の増加と相まって再生可能技術の採用の増加は、市場の成長を後押しします。ただし、CSP発電中に取得した高コストは、予測期間中の市場成長を妨げます。ただし、再生可能エネルギーへのさまざまな業界による投資の増加と蓄熱システムの受け入れの増加は、世界の集光型太陽エネルギー市場に成長の機会を提供すると予想されます。

市場を購入またはカスタマイズするための支払い要求@https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/13209/Single

レポートは、技術、エンドユーザー産業、および地域に基づいて集中太陽エネルギー市場をセグメント化します。技術に基づいて、市場は放物面トラフ、太陽エネルギータワー、フレネルリフレクター、スターリングディッシュに分かれています。エンドユーザーセクターに基づいて、住宅、商業、工業に分類されます。地域ごとに、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、LAMEAで分析されています。

世界の集中型太陽エネルギー市場で活動している主要なプレーヤーには、アベンゴア、アクシオナ、ソーラーリザーブ、ブライトソースエナジー、ACWAパワー、GEエナジー、サントレース、ショット、フレネルGMBH、シーメンスが含まれます。

利害関係者にとっての主な利点
•ポーターの5つの力の分析は、バイヤーとサプライヤーの可能性、および戦略を構築するための集中型太陽エネルギーセクターの競争環境を分析するのに役立ちます。
•2019年から2026年までの世界市場の現在の傾向と将来のシナリオを概説し、一般的な機会と潜在的な投資ポケットを理解します。
•地域の主要国は、地域市場への個人の収益への貢献度に応じてマッピングされています。
•この調査では、主要な要因、制約、機会、およびそれらの詳細な影響分析が明らかになっています。
•主要なプレーヤーのプロファイルとその主な戦略的開発がレポートに記載されています。

テクノロジー別
•放物面トラフ
•太陽エネルギータワー
•フレネルリフレクター
•スターリングプレート

エンドユーザーセクター別
• 居住の
• 商業
•産業用

アナリストに相談する/市場割引をリクエストし、このレポートに関連する詳細情報を入手する@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/13209

地域別
• 北米
または米国
またはカナダ
•ヨーロッパ
またはドイツ
またはイタリア
またはスペイン
またはその他のヨーロッパ
• アジア太平洋地域
または中国
またはインド
またはオーストラリア
またはその他のアジア太平洋地域
•LAMEA
または南アフリカ
またはモロッコ
またはアラブ首長国連邦ユナイテッド
またはエジプト
またはLAMEAの残りの部分

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close