Newsニュースプレスリリース

予測期間に実証を取得するための液体小児市場

小児集団は、呼吸器や胃腸の状態など、いくつかの季節性疾患に対してより脆弱です。経口液体製剤は、主に小児患者でいくつかの季節性および非季節性疾患を治療するために使用される剤形です。米国疾病予防管理センター(CDC)の最近のデータによると、2017年には米国の子供人口の約15.2%で干し草熱または呼吸器アレルギーが発生しています。

特に6ヶ月から12歳までの年齢層では、固形剤形を飲み込むなどの特定の制限があります。迅速な全身吸収、投与の容易さ、および受容性により、世界市場における液体小児用製剤の需要が高まると予想されます。

こちらからサンプルをリクエスト@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/31693

溶液、懸濁液、乳濁液、および幅広いフレーバーは、小児科で治療薬を投与するために使用される一般的な液体小児用剤形です。新薬の小児臨床試験は大幅に増加しており、小児用の剤形、特に液体製剤の入手可能性が向上しています。

液体小児用製剤市場は、新興地域での小児人口の増加により、より高い速度で成長すると予想されます。また、大手製薬会社による小児科の産業臨床研究の増加により、将来的に液体小児用製剤の需要が増加すると予想されます。

発展途上地域の季節性呼吸器疾患は、液体小児用製剤市場の成長を促進すると予想されます。ただし、開発途上国における代替の新規デリバリー技術と貧弱な医療システムは、将来の市場成長を妨げると予想されます。

ここで目次を要求する@https://www.persistencemarketresearch.com/toc/31693

キープレーヤー

世界の液体小児用製剤市場で活動している主要企業は、Novartis AG、Merck&Co。、Inc、Pfizer Inc.、GlaxoSmithKline plc、Sanofi SA、Astrazeneca plc、Boehringer Ingelheim International GmbH、Piramal Enterprises Ltd、Novo Nordisk A / Sです。 、AbbVieIncなど。

独占アナリストサポートのために今すぐ事前予約@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/31693

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close