プレスリリース

診断市場レポートにおけるCOVID-19グローバル人工知能の影響業界の主要な側面を影響要因の詳細と共有する

Qualiket Research Reportsに掲載された最近のレポートでは、業界の包括的な概要と簡単な説明が提供されています。この概要では、製品/サービスの定義、さまざまな最終用途産業におけるこの製品またはサービスの主な用途について説明します。また、そのために採用されている生産および管理技術についても述べています。グローバル 診断市場人工知能は、 レポートのいくつかの最近の注目すべき業界動向、競争力のある風景、および2021年から2027年の予測期間の特定の地域セグメントの分析に関する詳細な分析を提供しました。AI

(人工知能)は、独自のシステムの作成を指します人間の介入や指示なしに特定のタスクを実行できるソフトウェアの助けを借りて。 AIは、機械学習、推論、知覚、自然言語処理などのさまざまなテクノロジーの統合で構成されています。 AIは、主に医療部門で診断と治療に使用されます。

このレポートのサンプルコピーを入手@ https://qualiketresearch.com/request-sample/Artificial-Intelligence-in-Diagnostics-Market/request-sample

ヘルスケア業界におけるAI(人工知能)のアプリケーションの増加は、世界の人工知能を後押しすると予想される主要な推進要因です診断市場の成長におけるインテリジェンス。さらに、診断コストの削減、マシンのダウンタイムの削減、および患者ケアの改善に対する需要の高まりは、診断における人工知能の使用を加速し、この予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。また、さまざまなAIソリューションプロバイダーと医療施設間のコラボレーションとパートナーシップ活動の増加は、市場の成長に積極的に貢献します。さらに、人工知能と深層学習の継続的な進歩により、今後数年間で病気の診断を特定する上でより効率的になることが期待されています。

ただし、熟練したAI労働力の欠如と診断ソフトウェアのあいまいな規制ガイドラインは、この分析期間中の診断市場の成長における世界的な人工知能を妨げると予想される主要な挑戦的な要因です。

市場の細分化

診断市場におけるグローバル人工知能は、ソフトウェア、ハードウェア、サービスなどのコンポーネントに細分化されています。さらに、市場は心臓病学、腫瘍学、病理学、放射線学、神経学、その他などの診断タイプに分割されます。

また、診断市場のグローバル人工知能は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、などの5つの地域に分割され 

市場の主要プレーヤーます

。レポートは、診断市場のグローバル人工知能で機能する多くの注目すべきプレーヤーの詳細なプロファイリングを提供します。この分析は、そのような市場プレーヤーが拡大し、同業他社に対して競争力を獲得するために採用したさまざまな戦略を提供します。 

様々なキープレーヤーは、GEヘルスケア、シーメンスヘルスケア社、IDxにテクノロジーズ株式会社、Vuno株式会社、イマヘンテクノロジーズ、AliveCor、Aidoc、ニューラル解析、リバレイン・テクノロジーズとして、この報告書で述べた、とゼブラ医療ビジョンは、しています

この報告書の割引を取得@ https://qualiketresearch.com/request-sample/Artificial-Intelligence-in-Diagnostics-Market/ask-for-discount

会社概要

QualiKetResearchは、世界中のリーダーが強力な戦略を開発し、絶えず変化する市場シナリオ、競争、顧客に関する実用的な洞察を提供することで、進化を先取りします。 QualiKet Researchは、タイムリーでスケーラブルなインテリジェンスを提供することにより、より迅速な意思決定の能力を強化することに専念しています。私たちはさまざまなインテリジェンスツールを使用して、クライアントが競合他社をしのぐのに役立つ脅威と機会を示す証拠を考え出します。 

担当者:

Vishal Thakur

Research Support Specialist

QualiKet Research

6060 N Central Expy#500、TX 75204、USA

sales@qualiketresearch.com//qualiketresearch.com

Webサイト:: https

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close