技術

パワーインジェクション注入市場のGQ(成長指数)を決定するためのイノベーションをテーブルに使います

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、2018年には、米国で795,000人が脳卒中を患っていると推定されています。Covid-19により、医療会社の間でコロナウイルス検査キットの開発に焦点が移っています。

医療施設への訪問の減少による診断と治療の採用率の低下は、パワーインジェクション輸液市場の成長を遅らせると予想されます。製造活動の遅れとサプライチェーンの混乱は、市場の成長率に短期的な悪影響を及ぼします。

このレポートのサンプルコピーを入手@ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/32004

心血管系心臓疾患の有病率の増加は、市場の成長を推進すると予想されます。高齢者人口の増加は、パワーインジェクション注入市場の需要を増加させると予想されます。技術の進歩とインターベンショナルラジオロジー手順の採用は、市場の成長を促進すると予想されます。主要な革新的なプレーヤーによる新製品の開発と承認の増加は、パワーインジェクション注入市場の成長を後押しすると予想されます。

たとえば、バイエルは2017年に、米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けた後、磁気共鳴注入システムであるMedradMRXperionを発売しました。診断率の低下は、パワーインジェクション注入市場の成長にとって挑戦的な要因です。造影剤の流量と量に関する安全上の懸念が成長を妨げると予想されます。

目次のリクエスト@ https://www.persistencemarketresearch.com/toc/32004

世界のパワーインジェクション注入市場は、製品の種類、モダリティ、適応症、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品タイプに基づく
シングルルーメンカテーテルシステム
ダブルルーメンカテーテルシステム
モダリティに基づく
取り付け可能なカテーテル
付属のカテーテル
表示に基づく
脳卒中
心血管疾患

血管疾患
身体的傷害
消化器疾患
エンドユーザーに基づく
病院
外来手術センター
診断研究所
インターベンショナルラジオロジーセンター
その他
シングルルーメンカテーテルは、パワーインジェクション輸液市場で大きな収益シェアを保持しています。一方、モダリティに基づいて、取り付け可能なカテーテルは、予測期間中の操作が容易なため、大幅な成長率が見られると予想されます。心血管疾患は、有病率の増加とともに、パワーインジェクション注入市場への主要な貢献を占めています。

癌は、診断の増加に伴い、今後10年間でパワーインジェクション注入市場の主要なシェアを保持します。一方、エンドユーザーの診断に基づいて、研究所は引き続きパワーインジェクション注入市場を支配し、インターベンショナルラジオロジーセンターがそれに続きます。

完全なレポートにアクセス@ https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/32004

北米は、この地域での研究開発の増加に伴い、今後10年間でパワーインジェクション注入市場を支配し続けるでしょう。心血管疾患と癌の高い有病率は、北米のパワーインジェクション注入市場の需要を増加させます。

ヨーロッパは、高度な技術を利用できるパワーインジェクション注入市場で2番目に主要な地域です。ヨーロッパはまた、研究開発活動への投資に焦点を合わせており、パワーインジェクション注入市場で収益を上げています。

アジア太平洋地域での医療費の増加により、予測期間中のパワーインジェクション注入市場の成長率が高く、収益性があります。アジア太平洋地域の国内プレーヤーの増加は、パワーインジェクション注入市場の成長のためにそれを儲かっています。中東とアフリカは、この地域の医療費が少ないため、パワーインジェクション注入市場の成長が最も少ないと予想されます。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。それは、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客体験に価値を付加するためのパーソナライズされた顧客インタラクションを経た後、適切なフィードバックの収集に従事します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close