ニュースプレスリリース

技術的混乱を通じて拡大する外部心室ドレーン市場

外部心室ドレーン市場

外部脳室ドレーンの進化は、技術の開発(1850 – 1950)、技術革新と進歩(1927 – 1950)、適応症の拡大(1960 – 1995)、精度、感染管理、およびトレーニング(1995 –現在)。

さまざまな脳神経外科手術は、患者の解剖学的構造と外部脳室ドレーンのイメージングの組み合わせを使用したコンピューター支援ナビゲーションの組み込みによって強化されています。

この技術は、外部脳室ドレーンの配置に組み込まれています。外部脳室ドレーンの挿入は、これらのドレーンが継続的な頭蓋内圧(ICP)モニタリングと脳脊髄液(CSF)の迂回を提供するため、神経学的ケアユニットにおける重要な手順です。

このレポートのサンプルコピーを入手@
https://www.persistencemarketresearch.com/samples/24106

市場セグメンテーション:

表示に基づく

水頭症
ライ症候群
くも膜下出血
外傷性脳損傷

エンドユーザーに基づく

病院
専門病院
専門クリニック

地理に基づく

北米
ラテンアメリカ
ヨーロッパ
日本を除くアジア太平洋
日本
中東およびアフリカ

マーケットプレーヤーの全リストについては、こちらの目次をリクエストしてください@ https://www.persistencemarketresearch.com/toc/24106

水頭症と外傷性脳損傷の有病率と再発の増加は、予測期間にわたって外部脳室ドレーン市場の成長を推進する主要な要因であると予想されます。子供の脳手術の数の増加も、外部脳室ドレーン市場の成長を推進する重要な要因です。

たとえば、2017年に、外科用器具の主要なイノベーターであるAsKis BioSciencesは、新しい外部脳室ドレーンであるCerebroFloのクリアランスを取得しました。これは、ポリマー添加剤であるEndexoを組み込んだ最初の外部脳室ドレーンであり、本質的に永続的であり、タンパク質の接着と活性化を低減する特性を備えています。

外部脳室ドレーンの世界市場は、予測期間にわたって緩やかな成長を目撃すると予想されます。 4つの適応症の中で、水頭症と外傷性脳損傷のセグメントは、予測期間にわたって世界の外部脳室ドレーン市場をリードすると予想されます。

独占アナリストサポートのために今すぐ事前予約@
https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/24106

日本を除くアジア太平洋地域の外部脳室ドレーン市場は、主要企業による製品提供の拡大により、大幅なCAGRで成長すると予想されます。ヨーロッパは、予測期間を通じて世界の外部脳室ドレーン市場で2番目に大きなシェアを保持すると予想されます。

外部脳室ドレーンの世界市場は高度に統合されています。世界の外部脳室ドレーン市場で活動している主要企業の例には、Medtronic plc、Integra Life Sciences Corporation、Spiegelberg GmbH&Co。KG、Johnson&Johnson Services、Inc.、Sophysa SA、Zebra Medical、SILMAG、Arkis BioSciencesIncが含まれます。 、山東フレダ医療機器株式会社他。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。それは、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客体験に価値を付加するためのパーソナライズされた顧客インタラクションを経た後、適切なフィードバックの収集に従事します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007、United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close