ニュースプレスリリース

ノロウイルス感染診断市場はその安定性を継続する

ノロウイルス感染診断市場

Persistence Market Researchによるノロウイルス感染診断市場レポートは、ヘルスケア業界が価値に基づくケアとフィードバックに基づく継続的な改善に向かっているという事実に光を当てています。この慣行の主流化はずっと増加しています。そのため、医療提供者は、患者に最大限のケアを提供するために、カスタマイズされた、永続的で効果的なソリューションに道を譲ることができます。

ノロウイルスは、急性胃腸炎と呼ばれる重度の下痢や嘔吐を引き起こす伝染病です。 CDCによると、ノロウイルスは急性胃腸炎の最も一般的な原因であり、世界中で6億8500万人が罹患しています。現在、ノロウイルス感染によって引き起こされる胃の炎症を治療するために利用できるワクチンや治療の選択肢はありません。このノロウイルス感染症は伝染性が高く、ウイルスに汚染された食品や水を介して、また感染者に触れることによって簡単に広がる可能性があります。極限状態であっても、「胃腸炎」に感染して引き起こす可能性のあるウイルス粒子はごくわずかです。

したがって、衛生的な慣行に従い、ノロウイルス感染に感染した場合は自分を隔離することが、実行できる唯一の注意事項です。これが、ノロウイルス感染診断が大きな需要を生み出す理由です。製造業者は、革新的な製品を発売し、収益の面で市場シェアを拡大​​することを目的として、ノロウイルス診断市場に魅了されています。迅速なノロウイルス感染診断テストは15〜60分で結果を提供します。そのため、最近人気が高まっています。ノロウイルスのさまざまな株が存在するため、人は何度もノロウイルスに感染する可能性があります。

ノロウイルス感染診断市場レポートのサンプルを見てみませんか? https://www.persistencemarketresearch.com/samples/25924

ノロウイルス感染診断は、ウイルス抗原またはウイルスRNAを検出するために実行される一連のテストで構成されます。ノロウイルス感染症の診断には、標準的な診断ツールのセットが必要なだけでなく、患者の深い専門知識と病原体に関する知識が必要です。ノロウイルス感染診断における最近の進歩のほとんどは、ノロウイルスのRNAを検出するためのRT-qPCRアッセイ、複数の胃腸病原体を検出するための多重胃腸プラットフォームなど、多くの新しい診断テストを実装しています。また、迅速に市販されている酵素イムノアッセイ(EIA)も業界で入手可能であり、試験サンプル中のノロウイルス抗原の検出を支援します。

ただし、これらの酵素イムノアッセイは感度が50〜75%と低いため、通常、ノロウイルス感染診断の優先事項としては推奨されません。患者は、感度が高く特異的であるため、他の方法よりもノロウイルス感染診断法としてRT-qPCRアッセイを使用することをお勧めします。テクノロジーは、患者のケアに必要なノロウイルス感染診断から必要な出力を強化するために、適切な自動化および制御機能を備えた診断製品に利益をもたらしました。医師は、RT-qPCRノロウイルス感染診断を使用することは、ノロウイルスの早期発見による効果的な早期治療のためにより顕著であると推奨しています。

特に米国、中国、ドイツ、およびアジア太平洋地域の一部の国を含む主要国でのノロウイルス感染診断技術の採用と利用可能性の高まりは、今後数年間でノロウイルス感染診断市場の成長を推進すると予測されています。ノロウイルス感染症診断市場は、製品の種類とエンドユーザーに基づいて分類されます。製品タイプに基づいて、ノロウイルス感染診断市場は、顕微鏡検査、免疫学的検査、分子検査、逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)、Luminexアッセイを含む4つの大きなカテゴリーに分類されます。

ただし、エンドユーザーに基づくと、ノロウイルス感染症の診断は主に病院で行われ、その後に診断研究所が続きます。国内でのノロウイルスの発生率が高いため、最も高い収益が米国のノロウイルス感染診断市場に登録されています。 2018年、CDCの推定によると、米国では毎年2,300万件を超える急性胃腸炎がノロウイルス感染に起因しています。

ノロウイルス感染診断市場を覗き見したいですか?ノロウイルス感染診断市場レポートの「目次」にアクセスしてください! https://www.persistencemarketresearch.com/toc/25924

ノロウイルス感染の蔓延と明確なノロウイルス感染診断法の商業的利用可能性は、世界中のノロウイルス感染診断市場の成長を促進する主要な要因であると予想されます。世界中のすべての食中毒の発生の50%以上がノロウイルスに起因しているため、ノロウイルス感染症診断薬の需要が増加しており、ノロウイルス感染症診断薬市場での収益創出をさらに促進しています。さらに、技術の進歩とノロウイルス検査のFDA認可を迅速に受ける強化された診断検査の開発も、予測期間にわたってノロウイルス感染診断市場を牽引する責任があります。ただし、ノロウイルス感染診断の高コストと製品のリコールの増加は、現在のノロウイルス感染診断市場の成長を抑制しています。

世界のノロウイルス感染診断市場は、製品タイプ、エンドユーザー、地理的地域に基づいて分割されています。

製品タイプ別

顕微鏡検査
電子顕微鏡法
透過電子顕微鏡法
免疫学的検査
ELISA
免疫クロマトグラフィー試験
分子検査
逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)
Luminexアッセイ

エンドユーザーによる

病院
クリニック
診断研究所
その他

製品タイプに基づいて、逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)ノロウイルス感染診断テストは最高の収益創出を記録し、ノロウイルスの最も正確な方法であるため、予測期間にわたってノロウイルス感染診断市場を支配するとさらに予想されます検出。一方、エンドユーザーの病院とそれに続く診断研究所は、予測期間中に最も高い成長率を記録すると予想されます。

ノロウイルス感染診断市場の未踏の領域に足を踏み入れたいですか?ノロウイルス感染診断市場レポートを事前に予約して、決定のメリットを確認してください。 https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/25924

地理学に基づいて、世界のノロウイルス感染診断市場は6つの主要な地域に分割されます。北アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋(中国、中国、中東およびアフリカを除く)。北米でのノロウイルス疾患の負担の増加により、北米の米国は世界のノロウイルス感染診断市場で最大の収益シェアを記録しました。北米に続いてヨーロッパとアジア太平洋地域があります。ヨーロッパでは、効果的な治療を受けるためにノロウイルス感染の早期診断に対する人々の意識が高まっているため、ノロウイルス感染診断市場は重要性を増しています。しかし、中東およびアフリカ地域では、診断ラボや病院の専門知識が不足しているため、ノロウイルス感染診断はあまり使用されていません。

世界のノロウイルス感染診断市場に関与する主要企業には、Luminex Corporation、Cepheid Inc.(Danaher Corporation)、R-Biopharm AG、Abbott Laboratories、Inc.、Microbac Laboratories、Inc.、ELITech Group SAS、Certest Biotec SL、NanoEnTekがあります。 Inc.、BioMérieux、Operon Biotechnologies、Inc。など。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。それは、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客体験に価値を付加するためのパーソナライズされた顧客インタラクションを経た後、適切なフィードバックの収集に従事します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close